あなたの家にまだ残ってる?昔のストーブの上手な活用法

雪国に限らず、冬の寒さを凌ぐのに必須なストーブですが、昔の古いストーブはどうしていますか?

新しいストーブの購入と同時に、古いストーブを処分しているならledのですが、もし、倉庫や押し入れの奥にしまってある古いストーブがあるなら、上手に活用しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冷蔵庫の下に保護シートを敷こう!マットの下に敷く物は?

フローリング床はいつの間にか家具の引きずりや、物を落としたことでキズがついたり、食べこぼしなどの汚れ...

コンセントとスイッチの交換時期と、交換費用は?

コンセントやスイッチにも寿命があります。特にコンセントや配線器具などの劣化は、最悪の場合、火...

知っておきたい、コンクリート用のネジについてのあれこれ!

DIYでインテリア用に棚を作ったり、ちょっとした工作などでネジを利用することは日常生活で良くあること...

こたつが壊れてしまった!自分で簡単にできる修理方法は?

寒い日にこたつでぬくぬくぽかぽか、ほっとするひと時です。でも、ある日突然、こたつが壊れてしまった...

鍵を部屋の引き戸へ付ける方法が知りたい!お勧めの種類は?

部屋の引き戸に付いている鍵を見たことはありますか?昔の家は、鍵が付いているのはトイレくらいの...

椅子が下がるのはガス抜けが原因?誰でもできる修理方法とは

レバーを引くと座面が下がるガスシリンダー式の椅子は、使っているうちにガスが抜けてしまい、下がりっぱな...

彼氏に私の部屋を素敵だと思われたい!掃除のポイントは!?

大好きな彼氏を自分の家に招くときは嬉しい反面、少し慌てますよね。特に、突然の自分のお家デート...

男子必見!!個性が際立つ部屋のレイアウトをご紹介!

部屋のレイアウトを考えるのって楽しいですよね。でも、好きなものを詰め込みすぎて統一感がな...

電球とソケットをそろえて100均ペンダントライトを作ろう!

モデルルームでキラキラ光るペンダントライト、とても綺麗ですよね。でもいざ購入するとなると意外...

トイレや寝室の窓、網戸にしても虫が入ってくる!対策は?

夜、電気をつけていると、トイレの窓にある網戸や、寝室の窓から虫が入ってくる・・・なんて経験はありませ...

洗剤に使用期限はあるの?未開封と開封の場合の違いについて

食品に関しては細かくチェックすることも多い消費期限ですが洗剤に関しては使用期限があるのかどうかを意識...

DIYをもっとレベルアップ!コンクリートにネジ固定する方法

最近増えているDIYのひとつとして、コンクリートの壁に棚を設置したり、テレビを取り付けたりする人が増...

全自動洗濯機の蛇口を開けっ放しにすると思わぬ事故に!?

全自動洗濯機の蛇口は開けっ放しにしてますか?それとも閉めていますか?開けっ放しの方も閉め...

寝室をアジアンやハワイアンインテリアにするためのポイント

1日を疲れを癒す寝室は、リラックスできる場所にもしたいですが、せっかくならおしゃれなインテリアに...

自分でできる!アクリル板で作るフィギュアの台座

みなさんは手に入れたフィギュア、どのように飾っていますか?かっこよさを追求するならそのまま飾...

スポンサーリンク

昔のストーブにはどんなものがある?

まず、最初に言っておきたいのは、使用できるかどうかの確認のことです。

もし、昔の古いストーブが、しばらく使用されていない状態の場合は、必ずメーカーや電気屋さんに確認してもらいましょう。

何年も使用されていないストーブは、そのまま使用すると危険な場合があるからです。

さて、ストーブと言っても、沢山の種類や大きさがあり、使い方も様々です。

現代では、機械が薄かったり、リモコン機能が搭載されたり、機械そのものが自動で動いたりと、電化製品が進化を遂げています。

しかも、最近ではオール電化が普及したため、家にストーブ自体がないなど、時代は大きく変化しました。

ですが、昔のストーブにも沢山の良いところがあり、私たちのよく知っている現代のストーブではできない使用方法もあります。

平成の若年層の人には慣れ親しんだ、ボタンをポンと押すだけのストーブではなく、見た目だけではどうやって使用するのか分からない、とても珍しい形のストーブもあります。

知っているようで意外と知らない、昔のストーブの活用方法とはどんなものでしょうか?

次の項目からは、それらの種類と使用方法などをご紹介します。

昔のストーブと言ったらコレ!①

昔のストーブと言うと、最初に思い出すのが、皆さんご存じの「薪ストーブ」ではないでしょうか?

今では、薪ストーブがある家は本当に少なくなりましたが、それでも便利さと、今のストーブにはない暖かさがあります。

今でも、薪ストーブ本体は安く、ホームセンターなどでは購入できますが、実は、薪も売っています。

そして、皆さん覚えていますか?

東日本大震災の時に活躍したのが、この薪ストーブです。

大規模な停電になり、いつ復旧するかわからない中、まだ雪が降る東北の寒さを本当に凌いでくれました。

さらに、この薪ストーブの良い所は、もう一つあります。

ストーブの本体に薪を入れて、燃やしながら暖めるストーブなのですが、ストーブの上部が平らになっていて物を置けるようになっています。

そこに鍋、やかん、もしくは、食べ物を直接置いて焼いたり、煮たりできる優れものなんです。

そのおかげで、冬は水の入ったやかんを置いて乾燥を防いだり、鍋を置いて温めながら食べたりと、家族みんなで暖まりながら食事を囲むこともできるのです。

しかし、このストーブには煙突が必要不可欠なので、今の新築住宅では、ほとんど見かけません。

似たような形ですが、オシャレな暖炉とは、全く違うものです。

もし、家に薪ストーブがあったら、是非捨てないで持っていて欲しいものです。

昔のストーブと言ったらコレ!②

昔のストーブ言うと、忘れてはいけないことが、もう一つあります。

石油ストーブなのですが、縦に長くダイヤル式に回すつまみが付いていて、底には台座があり、中の燃えている部分が小さな窓になっていて、危険防止の格子状の金網が周りに付いている形のストーブです。

皆さんも一度は見た事や、使用した事があるのではないでしょうか?

特に、学校や体育館、公共の大きな施設などで使用されている事が多いです。

もちろん、一般家庭でも使用されていますが、このストーブはとても暖かいです。

雪国には、必須のアイテムではないでしょうか。

こちらのストーブの良い所は、先ほどのストーブと同じで、上部が平らになっているので、水の入ったやかんを置いて乾燥を防いだり、鍋を温めたりできます。

今のストーブでは、なかなか縦長のストーブはありませんが、今でも長く愛用されているタイプなので、ご存じの方も多いと思います。

もし、家にあったら、こちらも大事に持っていてください。

こんな形のストーブもあります

昔は、こんなストーブもありました。

正方形のテーブルの真ん中に、丸く穴が空いていて、そこにぴったりとはまるように、丸いストーブが入っているような形のストーブがあります。

このストーブは、テーブル部分とストーブの部分が取り外しができて、ストーブの上部にはガスコンロの脚のような物が付いていて、これもまた、鍋などが乗せられて便利なんです。

こちらもホームセンターなどで、今でも購入できます。

このストーブの良い所は、電気を使わず部屋を暖かくしながら、鍋ややかんを置いておける所です。

そして、テーブル部分は邪魔な時は外して、ストーブだけで使えるので便利です。

現代は、テーブルの部分が付いていない、ストーブの部分だけで売っていて、値段も1万円くらいで購入できるのでリーズナブルです。

簡単に言うと、調理のできるストーブのようなものです。

灯油を使用するので、停電になっても暖房、調理にも使えるのでとても便利です。

一家に一台くらいあっても損はしないと思います。

昔のストーブにはこんな特徴がある

今までお話した昔のストーブは、今の時代でも購入できる商品が多いです。

現代の新築住宅は、オール電化などが当たり前になってきていますが、雪が降る地方などではストーブは欠かせない物です。

最近のストーブは、電気と灯油を両方使用するタイプの物が多く、光熱費も上がり気味ですが、昔のストーブは灯油だけでも充分以上の暖かさを実感できます。

しかも、形が特徴的な物が多く、調理にも役立つ便利な物が多いのが特徴です。

そして、何より今では、昔のストーブの価格もリーズナブルになっていて、災害時用に一つ購入しておくにはコスパも最高です。

灯油は、その都度買う必要がありますが、災害時や停電時に使えるとても便利なストーブですので、オススメです。

「古いから」「新しいのが格好ledから」などの理由で廃棄されがちですが、とても便利だという事を知っておきましょう。

昔のストーブを使用する時の注意点

さて、今まで昔のストーブの種類や使用方法、便利さなどを話しましたが、ここで昔のストーブならではの注意点をお話します。

もう一度言いますが、昔のストーブと言っても、現在も使用されている物はledのですが、長らく倉庫や押し入れにしまっておいた物は、そのまま使うと非常に危険です。

必ずメーカーや電機屋さんに点検をしてもらう事が必要です。

そして、万が一、灯油が少しでも中のタンクに残っている場合は、キレイに抜いてください。

ガソリンスタンドなどでは、廃油を使用するので話せば抜いてくれます。

また、埃や汚れなども綺麗に拭き取りましょう。

数年間も放置しておいたり、使い方がよく分からないくらいのストーブは危険なので、それは処分しましょう。

基本的にストーブは火を使用するので、危険とは隣り合わせです。

ストーブの状態をしっかりと確認して、安全に使用しましょう。

昔の物を大事に使おう

古すぎる物は危険が伴いますが、昔のストーブには、当時の工夫が凝らされています。

私たちの生活が激変している中で、古い物をいかに上手に使うか、昔の人が便利だった物を今の時代でも便利に使う精神が大事です。

進化はある意味退化と同じで、古い物を捨てる傾向がありますが、もう一度見直してみてもledのではないでしょうか?