布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

テレビをインテリアとしてコーディネートする方法

2017.9.15

みなさんはテレビをインテリアとしてコーディネートしていますか?

今となっては、ほぼ全ての世帯にあるテレビ。

今回はみなさんにそんなテレビをコーディネートする方法をご紹介していきます。

みなさんはこれをみて、是非自分のテレビをインテリアとしてコーディネートしてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

熱帯夜に快適な睡眠を得るためのエアコンの上手な使い方

夏の熱帯夜に快適な睡眠を得るためには、エアコンが欠かせません。 しかし、冷えすぎが心配です。 ...

部屋を綺麗にできない人への処方箋、心を見つめてみよう

皆さんは、部屋の片づけは好きですか? 部屋を綺麗にするのが得意な人もいれば苦手な人もいますよね。 ...

ナチュラル系インテリアをオンラインショップで手に入れる!

ナチュラル系インテリアは木製の家具がベースとなっていますので、あたたかみがあってお部屋の居心地を...

部屋を涼しく快適に!効率の良い扇風機の置き方は?

暑い夏、寝苦しい毎日が続き、日々寝不足な方も多いのではないでしょうか? 最近では夏のシーズン中...

冷蔵庫の下の掃除方法!シートを使って簡単に冷蔵庫をDIY!

冷蔵庫の下って、なかなか掃除する機会がないですよね? そんな冷蔵庫の下を簡単にお掃除できる方法...

こたつがつかない!自分で修理できる?メンテナンス方法は?

寒い寒い冬、こたつで温まろうとしたら「こたつがつかない!」といった経験をしたことはないでしょうか? ...

ウォシュレットを設置するトイレがコンセントなしの場合は

毎日必ず使用するトイレにウォシュレットがない、というご家庭もあるでしょう。 特に賃貸物件や...

寒い季節にはベランダの洗濯機が凍らないように凍結対策を!

室内に置き場所がなくて、仕方なくベランダに洗濯機を置いている人もいるでしょう。 ベランダに置い...

部屋が綺麗すぎても逆効果?殺風景にならない対処法

今では、断捨離や片づけの本が書店でたくさん売られています。 みなさんの部屋は綺麗ですか? ...

シーリングライトでのトラブル!?壁スイッチなしで不便なら

「照明をシーリングライトに替えようと思ったら、壁にスイッチがなかったけどこれって大丈夫?」という内容...

acアダプターが断線!修理方法は?未然に防ぐ方法もご紹介!

PCやスマホを充電しようと思って、何故か充電がされず、「なんで充電できないのだろう?」と思った経験は...

玄関の電球が切れた時の交換方法や日々の進化と利便性とは?

夜には欠かせない照明ですが、玄関の照明器具のお手入れはどうされていますか? 様々な場所で照明器...

こたつが壊れた!修理に必要なヒーターの知識とは?

こたつが温かくならないという故障の場合、どこに原因があるのでしょうか? こたつにはヒーターがつ...

LED電球に変えたのに電球がつかない?原因は接触不良?

「かなり前から使っていた白熱電球が切れたので、新らたに買ってきたLED電球に変えたらつかない!」 ...

古書・洋書で落ち着いた空間に!インテリアで飾るポイント

レトロな雰囲気がお好きな方が惹かれるのが、「本」を使ったインテリアです。 古書や洋書などを置く...

スポンサーリンク

テレビを置く場所について

まずは、テレビの置く場所について、ご説明していきます。
まずはテレビをインテリアとしてコーディネートするには、適切な場所にテレビを設置する必要があります。

もちろん、テレビのコードなど限界はあると思いますが、できるだけ参考にしてください。

まず、一番スタンダードな形ですが、窓に対して垂直に配置することです。

他にも、窓とテレビが部屋の向かい側にある場合や、テレビの後ろ側に窓があるパターンもあります。
光の加減で見にくい場合がありますので、自分の部屋にあった配置を心がけてください

また、テーブルやソファなどの椅子の有無も人それぞれなので、自分にあった配置が大切と言えます。

その他として、テレビを壁に掛けるタイプがあります。
これは、別に料金が発生してしまい、やり直しが効かないので、慎重に選びましょう。

テレビをインテリアとしてコーディネートする利点

続いてはテレビをインテリアとしてコーディネートする利点ですが、やはりテレビだけが置いてあるのと、コーディネートされているのとでは、大きく変わります。

友人など、部屋に招くことが多い方は特に気にしてみてはいかがでしょうか。

また、特に部屋に人を招く予定がない方でも、自分自身の気持ちのリフレッシュにもなるので、是非チャレンジしてみてください。

また、テレビ台などの周辺のインテリアをコーディネートするだけでも、あなた方自身が普段使う用途にあった配置で置けるので、作業効率も上がり効果的です。

「そのようなテレビ台が家具屋に売っていない!」などという悩みもあるかと思います。
そんなときには、専門の業者さんにお願いすることで、自分にあった専用のテレビ台を作ってくれます。

どうしても良いテレビ台が見つからないという方は、こちらも是非参考にしてみてください。

テレビ周りのインテリアのコーディネート方法とは

さて、前置きが少し長くなってしまいましたが、ここからがメインですので是非最後まで読んでください。

まず、ご紹介しますのは、テレビの周りのインテリアのコーディネート方法です。

「みなさんが、急にテレビ周りをおしゃれにしたい!」と思い、むやみに雑貨類をちりばめても、なかなか思うようにおしゃれになりません。

中には、おしゃれにできる方もいらっしゃると思いますが、ごく一部です。

そのため、配置も含めて詳しくご説明していきます。

まず大切になってくるのは、「色合い」です。

色合いの方針は人によって、違ってくると思いますが、コンセプトを持つことが大切です。
例えば、落ち着いた色が好きな方は、ライトも間接照明にして、少し暗めに設定しましょう。

また、周りに観葉植物などでアクセントをつけるのもオススメです。

他にも、木造を強調するためにテレビ台を木造で統一したり、なにか自分なりのコンセプトを持つようにしましょう。

もう一つ注意するポイントは、テレビの機械感を強調させないことです。

これは、テレビはどうしても目立ってしまいます。

そんなテレビを部屋に馴染ませるために、テレビの周りやテレビ台をできるだけナチュラルな素材のものに統一しましょう。

また、どうしても目立ってしまい、観葉植物などを置くスペースがないという方もいらっしゃると思います。

そのような方は、テレビカバーを使って、目立たないようにしましょう。

部屋の壁紙を使ったテレビのコーディネート方法とは

続いては、テレビをインテリアとしてコーディネートするために壁紙を使う方法をご紹介します。

この方法は少し費用がかかりますが、テレビだけでなく、部屋全体のバランスや雰囲気が変わるので、もし費用がある程度多めにかかっても大丈夫という方は、参考にしてください。

ちなみに、壁紙によって、目に良い悪いなどの影響を想像される方もいらっしゃると思いますが、色合いによって、目に影響は出ませんので安心してください。

まず、白系統の方がいいのか、黒系統の方がいいのか、基本的にはこの2択でまず迷うと思います。
これには特に正解はありません。

テレビの色やその他の家具にも影響があるので、それぞれ自分の部屋にあった色を選びましょう。

もし、どっちでも合うなら白系統の色合いをオススメします。

なぜなら、観葉植物などを置く場合、黒だと色がぶつかってしまい、統一感が出ないからです。

もし、みなさんが迷っているのなら、白系統の壁紙を選んでみてはどうでしょうか。

テレビ台をインテリアとしてコーディネートする方法とは

そして、次はテレビ台をインテリアとしてコーディネートする方法をご紹介していきます。

もし、あなたが壁に掛けるタイプにテレビを使ってらっしゃる場合でも、テレビ台をおくことは特に問題ないので、参考にしてください。

ここでも大切になってくるのは、やはり「統一感」です。

部屋を白と黒で統一しているにもかかわらず、テレビ台が木目調のものだとおかしいですよね。

テレビ台は特別強調しなくてもいいので、とにかく統一感が出るように意識してみてください。

また、テレビ台のサイズをコーディネートする際にまず気をつけて欲しいのが、テレビ台の高さです。
高すぎてもダメですし、低すぎてもダメです。

しかし、部屋が全体的に低く設定されている場合は、少し低めのテレビ台にしましょう。

また、特に色合いを気にしていない方は、木製のテレビ台を検討してみてはどうでしょうか。

先ほどは、白や黒に統一している場所には木目調は不自然とお伝えしましたが、木製にすることでの効果は、温かみが生まれ、テレビの無機質な感じを和らげてくれるのです。

統一している訳ではないのであれば、検討してみてください。

テレビをコーディネートするときに気をつけておきたいこと

最後にテレビをインテリアとしてコーディネートするときの注意点をまとめてみました。

まず、この幾つかのインテリアに対するご紹介で何度も言いましたが、「部屋の統一感」が重要です。

テレビの周りのインテリアや、壁紙、さらには部屋の中にある家具などの全てに統一感を出すことがもっとも大切です。

その中でとくにオススメしているのは、「ナチュラルな雰囲気を出すこと」です。

テレビはどうしても部屋の中でも少し浮いて見えてしまいます。

そんなテレビを少しでも部屋に馴染ませることができるように、テレビ周りのインテリアはナチュラルな素材のものを使ってみてはどうでしょうか。

他にもテレビ周りの照明なども、間接照明を取り入れてみてはどうでしょうか。
部屋が少し暗めで落ち着いた雰囲気を出してくれるので、テレビの無機質な感じを抑えてくれます。

続いてご紹介しますのは、「移動スペースをきちんと確保しておく」ということです。

周りに観葉植物などを置きすぎて生活に支障が出てしまっては意味がありません。
部屋の広さなども考えてから、コーディネートするようにしましょう。

テレビをインテリアとしてコーディネートしておしゃれな部屋に!

以上でテレビをインテリアでコーディネートする方法のご紹介を終わります。

みなさんは参考になったでしょうか。

是非、家具を買うときや、部屋をコーディネートするときには、これらのことに注意してコーディネートしてください。

みなさんもテレビ周りから部屋をおしゃれにコーディネートしてみてください。

 - 生活