テレビをインテリアとしてコーディネートする方法

みなさんはテレビをインテリアとしてコーディネートしていますか?

今となっては、ほぼ全ての世帯にあるテレビ。

今回はみなさんにそんなテレビをコーディネートする方法をご紹介していきます。

みなさんはこれをみて、是非自分のテレビをインテリアとしてコーディネートしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新築へ引っ越す時に掛かる家具代は?余裕を持った計画を!

新築の家へ引越しをする時は、気持ちがワクワクしますよね。新しい家にどんな家具を置こうか考える...

キッチンの食器棚にこだわろう!おしゃれに見せる方法とは?

キッチンの食器棚は、背が高い上に幅も広いので、案外目立つものです。生活感の出やすいダイニング...

スイッチを入れても真っ暗?蛍光灯は切れる前に取り換えよう

人間は、蛍光灯もない生活から、さまざまな技術を駆使して、現代では夜でも明るく過ごせる生活をすることが...

やればできるかも?!コンクリート壁にネジを付けてみよう

おしゃれ感満載な、コンクリート壁で囲まれた部屋に憧れる人も多いです。しかし、壁に何かを飾ろう...

エアコンを設置するときの注意点!電源元ブレーカーの見方

エアコンを新しく設置しようとしたけれど、設置が出来ないこともあるってご存知でしょうか!?エア...

古いキッチンのリメイク術を紹介!費用を抑えておしゃれに

築年数が経ったお家の古いキッチンでは、壁紙や備え付け収納、レンジフードなど、あらゆる場所に劣化が...

白い家具の黄ばみやベッドのシミを落とす方法とは?

ソファなどの家具や寝具、プラスチック製品などは、長く使っているとシミや黄ばみができてしまうことってあ...

キッチンの吊り戸棚には何を入れるべき?上手な活用法!

キッチンの吊り戸棚は手が届きにくいため、何を入れるか迷ってしまう方も多いことでしょう。特に、...

マンションの照明をおしゃれにしたい!交換は自分で出来る?

マンションやアパートに元々付いている照明を、おしゃれな照明に交換してみませんか?交換となると...

お部屋が宇宙に?インテリア・小物を使い幻想的な空間を再現

宇宙は広大で、幻想的かつ神秘的でわずらわしい現実から遠く離れたイメージを持っています。お...

賃貸住宅の退去時、フローリング傷の補修費用は借主が負担?

賃貸住宅のフローリングに傷が出来てしまった場合、退去時にその補修費用は請求されるのでしょうか?...

リビングや寝室に適しているダウンライトは電球色?昼白色?

ダウンライトを使用しているお家やお店って多いですよね。ダウンライトは、天井がスッキリして、お部屋...

電球交換したのにつかない!その原因は?正しい電球交換とは

電球の交換時期って急に来ます。電球の交換をしたのにつかない!なんてこともあって、困ってしまう方も...

玄関灯がつかない!自分で行うカバーの着脱や電球交換方法!

仕事などで疲れて帰って来た時、温かな玄関灯の明りが出迎えてくれると、ほっとしますよね。そんな...

畳の上にベッドを置きたい!カビの対策になる!?

賃貸やお家の和室の畳の上にベッドを置きたいと思っている人は、意外に多くいます。しかし、実際に...

スポンサーリンク

テレビを置く場所について

まずは、テレビの置く場所について、ご説明していきます。
まずはテレビをインテリアとしてコーディネートするには、適切な場所にテレビを設置する必要があります。

もちろん、テレビのコードなど限界はあると思いますが、できるだけ参考にしてください。

まず、一番スタンダードな形ですが、窓に対して垂直に配置することです。

他にも、窓とテレビが部屋の向かい側にある場合や、テレビの後ろ側に窓があるパターンもあります。
光の加減で見にくい場合がありますので、自分の部屋にあった配置を心がけてください

また、テーブルやソファなどの椅子の有無も人それぞれなので、自分にあった配置が大切と言えます。

その他として、テレビを壁に掛けるタイプがあります。
これは、別に料金が発生してしまい、やり直しが効かないので、慎重に選びましょう。

テレビをインテリアとしてコーディネートする利点

続いてはテレビをインテリアとしてコーディネートする利点ですが、やはりテレビだけが置いてあるのと、コーディネートされているのとでは、大きく変わります。

友人など、部屋に招くことが多い方は特に気にしてみてはいかがでしょうか。

また、特に部屋に人を招く予定がない方でも、自分自身の気持ちのリフレッシュにもなるので、是非チャレンジしてみてください。

また、テレビ台などの周辺のインテリアをコーディネートするだけでも、あなた方自身が普段使う用途にあった配置で置けるので、作業効率も上がり効果的です。

「そのようなテレビ台が家具屋に売っていない!」などという悩みもあるかと思います。
そんなときには、専門の業者さんにお願いすることで、自分にあった専用のテレビ台を作ってくれます。

どうしても良いテレビ台が見つからないという方は、こちらも是非参考にしてみてください。

テレビ周りのインテリアのコーディネート方法とは

さて、前置きが少し長くなってしまいましたが、ここからがメインですので是非最後まで読んでください。

まず、ご紹介しますのは、テレビの周りのインテリアのコーディネート方法です。

「みなさんが、急にテレビ周りをおしゃれにしたい!」と思い、むやみに雑貨類をちりばめても、なかなか思うようにおしゃれになりません。

中には、おしゃれにできる方もいらっしゃると思いますが、ごく一部です。

そのため、配置も含めて詳しくご説明していきます。

まず大切になってくるのは、「色合い」です。

色合いの方針は人によって、違ってくると思いますが、コンセプトを持つことが大切です。
例えば、落ち着いた色が好きな方は、ライトも間接照明にして、少し暗めに設定しましょう。

また、周りに観葉植物などでアクセントをつけるのもオススメです。

他にも、木造を強調するためにテレビ台を木造で統一したり、なにか自分なりのコンセプトを持つようにしましょう。

もう一つ注意するポイントは、テレビの機械感を強調させないことです。

これは、テレビはどうしても目立ってしまいます。

そんなテレビを部屋に馴染ませるために、テレビの周りやテレビ台をできるだけナチュラルな素材のものに統一しましょう。

また、どうしても目立ってしまい、観葉植物などを置くスペースがないという方もいらっしゃると思います。

そのような方は、テレビカバーを使って、目立たないようにしましょう。

部屋の壁紙を使ったテレビのコーディネート方法とは

続いては、テレビをインテリアとしてコーディネートするために壁紙を使う方法をご紹介します。

この方法は少し費用がかかりますが、テレビだけでなく、部屋全体のバランスや雰囲気が変わるので、もし費用がある程度多めにかかっても大丈夫という方は、参考にしてください。

ちなみに、壁紙によって、目に良い悪いなどの影響を想像される方もいらっしゃると思いますが、色合いによって、目に影響は出ませんので安心してください。

まず、白系統の方がいいのか、黒系統の方がいいのか、基本的にはこの2択でまず迷うと思います。
これには特に正解はありません。

テレビの色やその他の家具にも影響があるので、それぞれ自分の部屋にあった色を選びましょう。

もし、どっちでも合うなら白系統の色合いをオススメします。

なぜなら、観葉植物などを置く場合、黒だと色がぶつかってしまい、統一感が出ないからです。

もし、みなさんが迷っているのなら、白系統の壁紙を選んでみてはどうでしょうか。

テレビ台をインテリアとしてコーディネートする方法とは

そして、次はテレビ台をインテリアとしてコーディネートする方法をご紹介していきます。

もし、あなたが壁に掛けるタイプにテレビを使ってらっしゃる場合でも、テレビ台をおくことは特に問題ないので、参考にしてください。

ここでも大切になってくるのは、やはり「統一感」です。

部屋を白と黒で統一しているにもかかわらず、テレビ台が木目調のものだとおかしいですよね。

テレビ台は特別強調しなくてもいいので、とにかく統一感が出るように意識してみてください。

また、テレビ台のサイズをコーディネートする際にまず気をつけて欲しいのが、テレビ台の高さです。
高すぎてもダメですし、低すぎてもダメです。

しかし、部屋が全体的に低く設定されている場合は、少し低めのテレビ台にしましょう。

また、特に色合いを気にしていない方は、木製のテレビ台を検討してみてはどうでしょうか。

先ほどは、白や黒に統一している場所には木目調は不自然とお伝えしましたが、木製にすることでの効果は、温かみが生まれ、テレビの無機質な感じを和らげてくれるのです。

統一している訳ではないのであれば、検討してみてください。

テレビをコーディネートするときに気をつけておきたいこと

最後にテレビをインテリアとしてコーディネートするときの注意点をまとめてみました。

まず、この幾つかのインテリアに対するご紹介で何度も言いましたが、「部屋の統一感」が重要です。

テレビの周りのインテリアや、壁紙、さらには部屋の中にある家具などの全てに統一感を出すことがもっとも大切です。

その中でとくにオススメしているのは、「ナチュラルな雰囲気を出すこと」です。

テレビはどうしても部屋の中でも少し浮いて見えてしまいます。

そんなテレビを少しでも部屋に馴染ませることができるように、テレビ周りのインテリアはナチュラルな素材のものを使ってみてはどうでしょうか。

他にもテレビ周りの照明なども、間接照明を取り入れてみてはどうでしょうか。
部屋が少し暗めで落ち着いた雰囲気を出してくれるので、テレビの無機質な感じを抑えてくれます。

続いてご紹介しますのは、「移動スペースをきちんと確保しておく」ということです。

周りに観葉植物などを置きすぎて生活に支障が出てしまっては意味がありません。
部屋の広さなども考えてから、コーディネートするようにしましょう。

テレビをインテリアとしてコーディネートしておしゃれな部屋に!

以上でテレビをインテリアでコーディネートする方法のご紹介を終わります。

みなさんは参考になったでしょうか。

是非、家具を買うときや、部屋をコーディネートするときには、これらのことに注意してコーディネートしてください。

みなさんもテレビ周りから部屋をおしゃれにコーディネートしてみてください。