布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

カーテンを高い位置に変えるだけ!部屋のアレンジ方法ご紹介

2017.9.12

部屋を模様替えするときに、カーテンについて考えたことってありますか?

部屋の造りに対して、どのように家具を配置するかを考え、必要があれば家具や雑貨を買い替えますよね。

でもカーテンを変えようと考えることってあまりないと思うんです。

今回は、カーテンを高い位置に変えるだけで部屋の印象を変える方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

エタノール消毒で傷口は癒えない!?正しい消毒の仕方とは?

怪我をしたときに大活躍するのが消毒用エタノールですね。 みなさんも子供の頃、怪我をしたら親...

インテリアにこだわったリビングに!団地でもできる工夫とは

家族みんなが過ごすことの多いリビングでは、素敵な空間を作り出したいものです。 しかし、部屋の使...

失敗したくないキッチンリフォーム!おすすめポイントは?

キッチンのリフォームを考えるとき、まず何を優先すべきでしょうか。 使いやすさやデザインだけでな...

モノトーンとウッドは相性抜群!洗練されたインテリアに!

生活感を消して、シンプルなお部屋づくりを目指す方には、モノトーンのインテリアスタイルがおすすめで...

全自動洗濯機のカビや汚れ!効果的に落とす様々な掃除方法!

全自動洗濯機は、定期的に掃除をしなければならないとわかっていても具体的な頻度や方法をご存知の方は...

テレビをインテリアとしてコーディネートする方法

みなさんはテレビをインテリアとしてコーディネートしていますか? 今となっては、ほぼ全ての世...

高校生でもできる!お部屋掃除の手順とコツをご紹介!

高校生にでもなれば自分の部屋を持ち、自分流にお部屋をかっこよく、または可愛く飾りたくなるものです。 ...

シーリングライトはリモコンがあれば壁スイッチなしでもOK

リビングや寝室で活躍するシーリングライト、リモコンが付いていればとても便利です。 たとえば賃貸...

インテリアコーディネートのコツ!リビングをおしゃれ空間に

リビングは、家族が集まったりくつろいだりする重要な場所です。 そんなリビングのインテリアコ...

6畳1Kのおしゃれなインテリアコーディネートアイデア!

6畳1Kという限られた空間でのインテリアコーディネートは、難しいと考える方も多いかもしれません。 ...

キッチン壁紙のおすすめの選び方!デザインと機能で選ぶ

キッチンはものが多く汚れやすい場所であるため、壁紙選びにはいくつかのポイントがあります。 今回...

スイッチの故障!?電気がつかない原因と対処法は?

スイッチを付けようと押しているけれど、電気がつかない! スイッチひとつで電気がつけられる便利な時代...

鍵を部屋に取り付けたい!簡単に付けられる方法ってある?

部屋に鍵を取り付けたいと思ったことはありませんか? 防犯上の心配や、お年頃になったお子さんから...

自宅のコンクリート壁に空けたネジ穴を埋める様々な方法!

ご家庭のコンクリート壁、または床に空いた穴、その穴を作った理由は様々でしょう。 棚などを取り付...

机の塗装に飽きたら、スプレー塗装で自分好みに塗り替えよう

普段の、部屋の風景に、飽きていませんか? その時に、机や椅子などの色合いを替えるだけで、ぐ...

スポンサーリンク

通常のカーテン設置位置のデメリット

みなさんのお宅のカーテンはどのように、どの位置に設置されていますか。

通常、窓枠の上に2本のカーテンレールが設置され、レースカーテンとドレープカーテンを付けるのが一般的なカーテンだと思います。

カーテンの役割は、窓を覆うことです。

外からの視線や光を遮ることなので、通常の位置に設置されていれば、至って問題はありません。
しかし、デメリットがあるんです。

①単調な部屋になる

部屋の印象を変えたくて模様替えをしても、カーテンが通常の位置にあるためにあまり印象が変わらない場合があります。

このようにいつも単調な部屋に感じてしまうときは、カーテンの高い位置などに設置位置を変えることで印象を大きく変えることができることもあります。

②統一感が出ない

部屋の中にいくつか窓があるとき、窓の大きさが異なる場合があります。
通常ですと、窓の大きさに合わせてカーテンを設置するかと思います。

しかし、それぞれの窓の大きさに合わせてカーテンを設置すると、統一感のない部屋になってしまいます。

③小窓が並ぶとき

小窓ごとにカーテンを設置していたら、カーテンを閉めるのもひと手間です。

ひとつひとつカーテンを開けて、ひとつひとつカーテンを閉める。
それが毎日となると面倒になり、カーテンを開けたままか閉めたままになって、触らなくなってしまいます。

入居するときに選んでから、変えることの少ないカーテンですが、この3つのデメリットを解消するために、カーテンを見直すことが必要です。

普通のカーテンを卒業して、おしゃれな部屋を作りましょう。

カーテンを高い位置に変えるメリット

普通のカーテンから抜け出す簡単な方法として、カーテンレールの設置位置を高くする方法がおすすめです。

カーテンを高い位置に変えることで、先ほど挙げたデメリットが解消できるんです。

①部屋の印象が変わる

家具や雑貨の配置変更や買い替えに伴い、カーテンの設置位置も変えることで、部屋の印象を変えましょう。

カーテンを高い位置にすると、カーテンの存在感が上がります。
ダイナミックな印象になり、カーテンを開けているときと、閉めているときの雰囲気が変わります。

インパクトのあるものにすると、毎日カーテンを開閉するのも楽しくなることでしょう。

②統一感を出せる

窓の大きさがバラバラの場合、窓の高さに関係なく、高い位置から同じ高さのカーテンを設置しましょう。

おすすめは天井からカーテンを付けることです。
窓が並ぶ壁面では、カーテンを閉めることでリズムが生まれ、統一感を出すことができます。

天井から床まで伸ばした方が統一感が強まります。

③大きなカーテンでひとまとまりにする

小窓が並ぶ壁面には、窓枠よりも高い位置から大きなカーテンを設置しましょう。
小窓と壁のバランスを考えて、カーテンレールを窓枠のすぐ上に付けるよりも高い位置に付けると良いです。

ひとつひとつ開閉する手間が省ける上に、カーテンで印象も変えることができます。

高い位置に設置するカーテンレールについて

高い位置にカーテンレールを付けると言っても、どの位置に付けたら良いか悩むという方もいることでしょう。

そこで、高い位置に取り付ける際の位置についてご紹介しましょう。

①少しだけ上げる

カーテンレールの位置を少し高くするだけでも印象は変わってきます。

この方法が適しているのは、天井が高く、幅が狭い壁面です。

また、天井に付けると高すぎてしまうので、壁とカーテンの大きさのバランスを見て設置しましょう。
その他に小窓にまとめて付けるときもバランスを見て、少し高い位置にする方が良い場合もあります。

②天井に設置

天井にカーテンレールを設置すると、その壁面の印象を変えることができます。

この方法が適しているのは、あまり幅の広すぎない壁面です。
ワンルームや寝室の一面に天井からカーテンを付けると、その面がアクセントとなります。

③天井を窪ませる

カーテンレールの部分だけ天井を窪ませていると、カーテンのプリーツ部分が隠れるので、ストライプのような縦の印象が強くなります。

この方法が適しているのは、LDKで窓がいくつか並んでいる壁面です。

窓ごとに天井からのカーテンを付けることで、部屋にリズムを生み出すことができます。
仕切りなどを設けなくても、カーテンのバランスにより、リビングとダイニングの違いを出せます。

高い位置からインパクトのあるカーテンを

カーテンレールの高さを決めたら、カーテンの素材について考えていきましょう。
大きく分けて、レースカーテンにするか、ドレープカーテンにするかの違いをご紹介します。

①レースカーテン

柔らかい雰囲気になるレースカーテンは、カーテンレールを少しだけ高くするときと、天井に設置するときにおすすめです。

レースカーテンを少し高い位置に設置するときは、カーテンレールにもこだわりましょう。
レースカーテンは透けるので、カーテンレールがよく見えます。

黒くて端に装飾のあるものや、流木を使っても面白いですね。
タッセルを使って、膨らみを持たせてまとめましょう。

レースカーテンは、プリーツを見せた方が、ふわふわとしてかわいいので、天井に設置するのがおすすめです。
硬い壁面が柔らかい雰囲気になります。

②ドレープカーテン

ドレープカーテンは印象的な部屋を作れるので、天井に設置するときと、天井を窪ませて設置するときにおすすめです。

天井から床までカーテンで覆うことで、その部屋のアクセントとなります。
思い切って、はっきりとした色や柄のカーテンを選んで、壁は白で抑えてカーテンに個性を持たせましょう。

高い位置に設置すると効果的なカーテンの仲間たち

カーテンにもいろいろと種類があります。
高い位置に設置するのに、おすすめなカーテンについてご紹介していきます。

①バーチカルブラインド

バーチカルブラインドとは、縦型ブラインドのことです。
おしゃれな店舗にも採用され、窓の大きさに関わらず、天井から床まで設置する例が多いです。

ブラインドを閉めて、角度を変えれば、プライバシーを守りながら通風を確保できるので使い勝手が良いです。
カーテンのように膨らまないので、カーテンよりもすっきりとした印象になります。

単色で設置するのが一般的ですが、1枚1枚布が分かれているので、一部だけ色を入れたり、グラデーションにするのも面白いですね。

②ロールスクリーン

バーチカルブラインドより、さらにすっきりとした印象にすることができます。

白い壁に、白いロールスクリーンを設置すると、閉めたときに壁が続いているような印象になります。
色ものにすると、カーテンよりもアクセントが強まります。

カーテンを高い位置に変えるデメリット

先ほどまでご説明したとおり、カーテンを高い位置に変えるだけで部屋の印象を大きく変えることができます。
しかし、カーテンの位置を高くすることによるデメリットもあるんです。

①取り外しが大変

まず、天井に近い位置になるので、取り外しが大変になります。

カーテンは、カーテンレールの部品に引っ掛けて設置するので、少し上げなければならないため、天井が近いとやりにくくなってしまいます。

②布の面積が大きくなる

カーテンを高い位置に設置すると、窓を覆うために必要な面積に比べて、布の面積が大きくなります。
当然その分、カーテンの値段も上がります。

③どこにでも付けられるわけではない

カーテンレールを設置するためには、壁に下地が必要になります。
そのため、どこにでも設置できるわけではないのです。

通常、壁は石膏ボードでできています。

石膏ボードでは、カーテンとカーテンレールの重みに耐えられないため、壁の中に木材が入っていないと設置できません。

壁の中のどこに木材が入っているかを調べて、設置したい位置にあれば良いのですが、ない場合もあります。
その場合は、柱や梁の位置を調べて一本木材を渡してそこにカーテンレールを設置する方法もあります。

自分らしいカーテンのコーディネートを

カーテンレールの変更には、下地を探すという専門的な知識が必要になるので、簡単ではないと感じてしまうかもしれませんが、難しく考えず、無理だと思ったら専門の業者に頼んでしまいましょう。

また、窓のない壁面にカーテンを設置してもおしゃれで良いと思います。

窓がないため、開閉の必要もないので、カーテンレールの代わりに流木や紐を吊るして、レースカーテンを通すだけでも設置できます。

カーテンを高い位置に設置すると部屋の印象が変わるので、ぜひ試してみてください。

 - 生活