布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

すっきり解決!古いテレビは電気屋さんで引き取りOK

2017.9.10

古くなって使わなくなったテレビが、物置の中に置かれたままになっている・・・そんなことはありませんか?

「テレビの引き取りはなんだか難しそう・・・。」
「電気屋さんで引き取ってくれるのかな?」

なとど、テレビの処分方法に困っている方は少なくありません。

ここでは、不要になったテレビの引き取り、処分、買取りなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ミシン技術もアップ!縫い目がガタガタになるトラブル解消法

ミシン初心者の悩みの中でも特に多いのは、「縫い目がガタガタになってしまう」といった声です。 ...

部屋のアレンジにも使える?!マスキングテープの活用法!

最近、よくマスキングテープを目にする機会が多いのではないでしょうか? 種類が多く、可愛いものか...

インテリアはカーテンが大事!おしゃれでモダンな雰囲気に

都会的でおしゃれなモダンスタイルのインテリアは、世代を問わず人気があります。 しかし、海外ホテ...

他社acアダプターの使い回しは危険?互換性の確認方法とは

今では、PCやスマホ、タブレットなどは、幅広い世代で多くの方に利用されています。 ですが、...

壁に穴開けないでタペストリーやポスターを飾る方法

皆さんのお部屋には、タペストリーがありますか? タペストリーは、お部屋のインテリアとしてとても...

ベッドルームなどのインテリアをテーマにしたブログを作ろう

皆様は、お部屋のインテリアに拘っていますか? 女性なら特に、インテリアに興味のある方が多いのではな...

蛍光灯のラピッドとグローの違いは?同じ蛍光灯は使えるの?

日常生活で最も身近で最も使用するもの、それは蛍光灯です。 「蛍光灯」と言われてすぐ思い浮かぶも...

固定電話が必要?電話線の差込口の有無・形を確認しよう

引っ越ししたお部屋に、見慣れた形の電話線の差込口が無い、ということは珍しくないようです。 今は...

ダイニングソファって?くつろぎから食事まで一ヶ所で!

一昔前まで、くつろぐリビングと食事を食べるダイニングは別々の部屋でした。 しかし、最近ではマン...

インテリアには観葉植物!初心者が育てやすい種類を紹介

仕事や勉強などで疲れていても、植物を見ると「癒される」という人は多いのではないでしょうか。 観...

ワンルームでテレビの音量が気になる!防音テクニックで対策

一人暮らしをしていると隣の部屋の音が気になったり、逆に自分の部屋の音が周りの部屋に漏れているのではな...

ちょっと待った!ダウンライトをシーリングに交換する方へ!

新築で家を建てた人、特に新築戸建てを購入した人はおしゃれなダウンライト付きのお部屋が多いと思います。...

日本のトイレの疑問!男女の表記、なぜ男は青で女は赤なの?

私達が何気なく使っている公共トイレ。 男女の表記って気にして見たことありますか!? ほと...

部屋を彩る照明と照明についているグローランプとは?

部屋を明るく照らす照明には、白熱球やLED、蛍光灯などの様々な種類があります。 これらの照明、...

インテリア選びに活用!最新式の3Dシミュレーション!

VRやARという言葉を耳にする機会は、徐々に増えてきつつあります。 我々の生活を豊かにしてくれ...

スポンサーリンク

テレビを処分したい!引き取りに必要な料金とは?

「家電リサイクル法」という法律をご存知ですか。

家電リサイクル法とは、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの廃棄される家電の中から、まだ利用可能な部品や材料などの資源をリサイクルすることで、廃棄物の量を減らし、まだ使える資源を有効に活用していこうという法律です。

テレビを処分するときには、この家電リサイクル法に従って、定められたとおりに処分する必要があります。

処分する際には、処分するテレビの利用できる資源を再生するためのリサイクル料金と、引き取りを依頼する電気屋さんや業者にテレビを運んでもらうための運搬料金を支払う必要があります。

しかし、ご自分で持ち込める場合には、運搬料金はかかりません。

テレビのリサイクル料金は、各メーカーによって異なった金額に設定されています。
テレビのリサイクル料金は、平均でおよそ3,000~4,000円位です。

また、運搬料金は電気屋さんや業者によって金額は様々です。

テレビのリサイクル料金について詳しく知りたい方は、家電製品協会のHPを参考にしてみて下さい。

電気屋さんはテレビの引き取りをしてくれる?

電気屋さんでは、もちろんテレビの引き取りに対応してくれます。

新しいテレビを買う場合、それと引き換えに古いテレビを引き取るというサービスを行っています。

ただし、いくら新しいテレビを買うといっても、古いテレビの処分に要するリサイクル料金と運搬料金は別途必要になります。

また、テレビを新しく買い換えずに古いテレビの引き取りだけを依頼したい場合もあると思います。
その場合は、そのテレビを購入した電気屋さんに引き取りを依頼することができます。

ネットだと安く購入することができることもありますが、テレビを自分で処分しなくてはなりません。

その点、電気屋さんさんですと、保証内で故障したときにも対応してもらいやすいですし、購入するときも実物をみて購入に踏み切れます。

その上、引き取りもあると購入後が楽ですね。

引き取り日が決まったら、速やかに作業を進められるように、テレビの埃を落としたり、コンセント等を抜いておきましょう。

引き取りの前にちょっと待って!そのテレビ、売れるかも!

不要になって電気屋さんに引き取りを検討しているテレビでも、「まだ使える」というテレビも少なくありません。

実は、中古テレビでも需要があります。
引き取りを依頼する前に、そのテレビが売却できるかチェックしてみませんか。

では、売却できる可能性があるテレビとはどういうものか、ご紹介します。

【発売されてから5年以内のテレビ】

家電は、中古でも新しいほど需要が高く、高値で売却することが可能です。

もちろん、テレビも例外ではなく、発売されてから5年以内のテレビであれば、リサイクルショップなどで買い取ってもらうことができます。

【発売されてから7年以内の高性能なテレビ】

色々な機能がついている高性能なテレビは、多少年数が経っていても一定の需要があります。
発売されてから7年以内のテレビであれば、買い取ってもらえる可能性があります。

小さなテレビよりも、大きなテレビの方が高価な分、中古であっても需要が高い傾向があります。
大きなテレビは、一般家庭ではもちろんのこと、公共施設の待合室等に置くためにも需要があります。

【ビデオレコーダー付きテレビ】

ブラウン管テレビの需要は、現在の国内ではほとんどありません。

しかし、例外的に「ビデオレコーダー付きテレビ」は中古でも売れることがあります。

その理由は、VHSビデオをDVDにダビングするために使用する方がいるからです。

もし、自宅にまだ使えるビデオレコーダー付きテレビがあるという方は、一度査定してみてもらってはいかがでしょうか。

意外にも高く買い取ってくれるかもしれませんよ。

テレビの買取りは電気屋さんでしてくれるの?

テレビの買取りは、残念ながら電気屋さんではしてもらえません。
電気屋さんは、あくまでも「引き取り」のみです。

テレビの買取りを希望するのであれば、リサイクルショップがいいでしょう。

どこのリサイクルショップでもテレビの買取りを受け付けていますが、家電専門のリサイクルショップに買取りを依頼することをおすすめします。

家電専門のリサイクルショップは、独自の販売ルートを持っていることが多いため、より高い値段で買い取ってくれる可能性があるためです。

ご自宅の近くに、家電専門のリサイクルショップがある場合は、ぜひ検討してみてください。

他にも、インターネットのオークションサイトを利用して中古テレビを売る方も少なくありません。

リサイクルショップで引き取りNGだったテレビでも、オークションで引き取り手が見つかったというケースもあるようです。

ただ、注意すべき点もあります。

落札者にテレビを送る際、梱包の仕方が悪かったりすると運送途中に壊れたり調子が悪くなったりと、トラブルが発生するケースがあります。

大きな電化製品を素人が送るとなると、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があることを考慮することが大事です。

すぐにテレビの引き取りを依頼したいときは業者に依頼しても

ご事情があって、今すぐにテレビの引き取りを依頼したいという方もいらっしゃると思います。

電気屋さんに引き取りを依頼する場合、電気屋さんの都合もあるため、「すぐに」というのは難しいかもしれません。

そのような場合は、不用品回収業者に依頼することも一つの方法です。

不用品回収業者は、即日対応・翌日対応してくれるところが多いです。
そのため、「すぐに引き取ってほしい!」という方におすすめです。

もちろん、自宅まで回収に来てもらえるので、大きな重いテレビをご自分で運び出す必要もありません。

しかし、「回収料金が高いのでは?」と心配される方も多いと思います。
不用品回収業者を依頼する機会はそうありませんから、当然です。

業者に依頼する際は、必ず見積もりを取るようにしましょう。
回収するものがテレビだけだと分かっていれば、現物を確認しなくても見積もりを出してくれることが多いです。

また、不用品回収業者の中には、買取りサービスも行っているところがあります。

リサイクルショップまでテレビを運んでいくのが大変な方や、ご自宅の近くにリサイクルショップが無いという方にとって、うれしいサービスです。

しかし、不用品回収業者を選ぶ際に、気を付けなければいけないことがあります。

「無料でテレビを回収します。」と宣伝している業者には注意が必要です。
もちろん、きちんと回収し何のトラブルも起きていない業者もあります。

しかし、中には「回収は無料だけど、交通費や人件費を払ってほしい。」などと高額な料金を請求してくる業者もあります。

業者選びに大切なのは、「見積もりを取ること」「見積もりに合った作業内容かどうか」をきちんと判断することです。

電気屋さんに依頼する他にも、こんなテレビの引き取り方法もあります

不要になって買い手が見つからないテレビは、電気屋さんに引き取りを依頼できますが、どこの電気店で購入したのか覚えていないということもあります。

また、引越しなどで、購入した電気店が遠くなってしまったということも考えられます。
電気店でのテレビの引き取りを依頼する他にも、テレビを処分する方法はあります。

【自分で指定取引場所へ持ち込む】

全国にある指定取引場所へ、ご自分で直接持ち込むという方法があります。

郵便局で振込用紙(家電リサイクル券)を使いリサイクル料金を支払います。

自分で直接テレビを持ち込むため、運搬料金を節約することができます。
全国の指定取引場所は、家電製品協会のHPに記載されています。

【市町村に問い合わせてみる】

テレビの処分方法に困ったら、市町村に問い合わせると、処分方法を教えてもらえます。

市にもよりますが、市が代行で引き取りを行ったり、引き取りを受け付けている小売店や許可業者を紹介してくれることもあります。

テレビの引き取りは、ルールを守ってすっきりと!

テレビなどの家電リサイクル法で定められた家電を処分する方法は、処分の仕方が難しいと思われがちです。

しかし、購入した電気店が分かっていれば引き取りに対応してもらますし、ご自分で運び出すことが可能であれば、最低限の費用で処分することができます。

また、年数の新しいものであれば買い取ってもらえる可能性もあります。

物置の中で眠っている古いテレビも、これできれいに解決できますね!

 - 生活