布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

すっきり解決!古いテレビは電気屋さんで引き取りOK

2017.9.10

古くなって使わなくなったテレビが、物置の中に置かれたままになっている・・・そんなことはありませんか?

「テレビの引き取りはなんだか難しそう・・・。」
「電気屋さんで引き取ってくれるのかな?」

なとど、テレビの処分方法に困っている方は少なくありません。

ここでは、不要になったテレビの引き取り、処分、買取りなどについてまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

キッチンの換気扇をつけっぱなしにするメリットと注意点

キッチンの換気扇は、こまめに消していますか? それとも、つけっぱなしにしていますか? やはり...

インテリアで人気のある通販商品の傾向!オンリーワンの部屋

お部屋を彩るインテリアですが、これらの物を購入する場合、皆さまならどちらで購入されるでしょうか。 ...

モルタルで鉢植えを作ろう!その作り方や育てやすい植物は?

家の中や外に緑があると、落ち着きますよね。 植物があることで、癒やしの効果を感じているかた...

石油ストーブを使用する上での、注意点と危険性とは!?

ストーブといえば、部屋を暖める暖房器具のひとつですね。 暖房器具として、使用されている方も多い...

ハワイアンな玄関に!インテリアを作るためのポイントを伝授

夏になると、ハワイアンな雰囲気を自宅でも出してみたくなりませんか? どのように出すのか分か...

マンション共用部を電気工事する電気工事士の資格とは!?

ビルやマンション共用部、 工場などの電気工事を行うには資格が必要だという事をご存知でしたか? ...

賃貸アパートでできるインテリアの工夫ポイント

賃貸アパートに住んでいる方で、インテリアのコーディネートをしている方、もしくはこれからしようとお考え...

冷気をシャットアウト!窓の隙間風対策は100均でできる

冬は、家の中でも寒いものです。 しかし、寒くないようと考え、ストーブやエアコンの使用をしてしま...

インテリアはカーテンが大事!おしゃれでモダンな雰囲気に

都会的でおしゃれなモダンスタイルのインテリアは、世代を問わず人気があります。 しかし、海外ホテ...

キッチンのふきんはどこへ掛ける?見た目も衛生面も大切に!

キッチンで使うふきんは、どこへ掛けるのが正解なのでしょうか? 台ふきんに食器用ふきん、シンクの...

インテリアにはアンティーク家具を!安いのはニセモノ?

魅力的な美しさのある「アンティーク家具」に、憧れを抱いている方は少なくないでしょう。 インテリ...

DIYをもっとレベルアップ!コンクリートにネジ固定する方法

最近増えているDIYのひとつとして、コンクリートの壁に棚を設置したり、テレビを取り付けたりする人が増...

お子さまの勉強机に設置した蛍光灯の交換についての対応策!

お子さまの勉強机に設置した蛍光灯は、買ってきてすぐに取り替えるような消耗品ではなく、長年使用するもの...

敷布団のシーツのゴムが伸びる!その原因と対処法をご紹介!

皆さんは、敷布団にシーツを敷いていますか? ピシッと敷かれた清潔なシーツで眠るのは、とても...

キッチン雑貨で可愛くおしゃれなプレゼントを選んでみよう!

人へ何かを贈るのはとても楽しく、そして難しいものでもありますよね。 相手の趣味や好みを熟知してい...

スポンサーリンク

テレビを処分したい!引き取りに必要な料金とは?

「家電リサイクル法」という法律をご存知ですか。

家電リサイクル法とは、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの廃棄される家電の中から、まだ利用可能な部品や材料などの資源をリサイクルすることで、廃棄物の量を減らし、まだ使える資源を有効に活用していこうという法律です。

テレビを処分するときには、この家電リサイクル法に従って、定められたとおりに処分する必要があります。

処分する際には、処分するテレビの利用できる資源を再生するためのリサイクル料金と、引き取りを依頼する電気屋さんや業者にテレビを運んでもらうための運搬料金を支払う必要があります。

しかし、ご自分で持ち込める場合には、運搬料金はかかりません。

テレビのリサイクル料金は、各メーカーによって異なった金額に設定されています。
テレビのリサイクル料金は、平均でおよそ3,000~4,000円位です。

また、運搬料金は電気屋さんや業者によって金額は様々です。

テレビのリサイクル料金について詳しく知りたい方は、家電製品協会のHPを参考にしてみて下さい。

電気屋さんはテレビの引き取りをしてくれる?

電気屋さんでは、もちろんテレビの引き取りに対応してくれます。

新しいテレビを買う場合、それと引き換えに古いテレビを引き取るというサービスを行っています。

ただし、いくら新しいテレビを買うといっても、古いテレビの処分に要するリサイクル料金と運搬料金は別途必要になります。

また、テレビを新しく買い換えずに古いテレビの引き取りだけを依頼したい場合もあると思います。
その場合は、そのテレビを購入した電気屋さんに引き取りを依頼することができます。

ネットだと安く購入することができることもありますが、テレビを自分で処分しなくてはなりません。

その点、電気屋さんさんですと、保証内で故障したときにも対応してもらいやすいですし、購入するときも実物をみて購入に踏み切れます。

その上、引き取りもあると購入後が楽ですね。

引き取り日が決まったら、速やかに作業を進められるように、テレビの埃を落としたり、コンセント等を抜いておきましょう。

引き取りの前にちょっと待って!そのテレビ、売れるかも!

不要になって電気屋さんに引き取りを検討しているテレビでも、「まだ使える」というテレビも少なくありません。

実は、中古テレビでも需要があります。
引き取りを依頼する前に、そのテレビが売却できるかチェックしてみませんか。

では、売却できる可能性があるテレビとはどういうものか、ご紹介します。

【発売されてから5年以内のテレビ】

家電は、中古でも新しいほど需要が高く、高値で売却することが可能です。

もちろん、テレビも例外ではなく、発売されてから5年以内のテレビであれば、リサイクルショップなどで買い取ってもらうことができます。

【発売されてから7年以内の高性能なテレビ】

色々な機能がついている高性能なテレビは、多少年数が経っていても一定の需要があります。
発売されてから7年以内のテレビであれば、買い取ってもらえる可能性があります。

小さなテレビよりも、大きなテレビの方が高価な分、中古であっても需要が高い傾向があります。
大きなテレビは、一般家庭ではもちろんのこと、公共施設の待合室等に置くためにも需要があります。

【ビデオレコーダー付きテレビ】

ブラウン管テレビの需要は、現在の国内ではほとんどありません。

しかし、例外的に「ビデオレコーダー付きテレビ」は中古でも売れることがあります。

その理由は、VHSビデオをDVDにダビングするために使用する方がいるからです。

もし、自宅にまだ使えるビデオレコーダー付きテレビがあるという方は、一度査定してみてもらってはいかがでしょうか。

意外にも高く買い取ってくれるかもしれませんよ。

テレビの買取りは電気屋さんでしてくれるの?

テレビの買取りは、残念ながら電気屋さんではしてもらえません。
電気屋さんは、あくまでも「引き取り」のみです。

テレビの買取りを希望するのであれば、リサイクルショップがいいでしょう。

どこのリサイクルショップでもテレビの買取りを受け付けていますが、家電専門のリサイクルショップに買取りを依頼することをおすすめします。

家電専門のリサイクルショップは、独自の販売ルートを持っていることが多いため、より高い値段で買い取ってくれる可能性があるためです。

ご自宅の近くに、家電専門のリサイクルショップがある場合は、ぜひ検討してみてください。

他にも、インターネットのオークションサイトを利用して中古テレビを売る方も少なくありません。

リサイクルショップで引き取りNGだったテレビでも、オークションで引き取り手が見つかったというケースもあるようです。

ただ、注意すべき点もあります。

落札者にテレビを送る際、梱包の仕方が悪かったりすると運送途中に壊れたり調子が悪くなったりと、トラブルが発生するケースがあります。

大きな電化製品を素人が送るとなると、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があることを考慮することが大事です。

すぐにテレビの引き取りを依頼したいときは業者に依頼しても

ご事情があって、今すぐにテレビの引き取りを依頼したいという方もいらっしゃると思います。

電気屋さんに引き取りを依頼する場合、電気屋さんの都合もあるため、「すぐに」というのは難しいかもしれません。

そのような場合は、不用品回収業者に依頼することも一つの方法です。

不用品回収業者は、即日対応・翌日対応してくれるところが多いです。
そのため、「すぐに引き取ってほしい!」という方におすすめです。

もちろん、自宅まで回収に来てもらえるので、大きな重いテレビをご自分で運び出す必要もありません。

しかし、「回収料金が高いのでは?」と心配される方も多いと思います。
不用品回収業者を依頼する機会はそうありませんから、当然です。

業者に依頼する際は、必ず見積もりを取るようにしましょう。
回収するものがテレビだけだと分かっていれば、現物を確認しなくても見積もりを出してくれることが多いです。

また、不用品回収業者の中には、買取りサービスも行っているところがあります。

リサイクルショップまでテレビを運んでいくのが大変な方や、ご自宅の近くにリサイクルショップが無いという方にとって、うれしいサービスです。

しかし、不用品回収業者を選ぶ際に、気を付けなければいけないことがあります。

「無料でテレビを回収します。」と宣伝している業者には注意が必要です。
もちろん、きちんと回収し何のトラブルも起きていない業者もあります。

しかし、中には「回収は無料だけど、交通費や人件費を払ってほしい。」などと高額な料金を請求してくる業者もあります。

業者選びに大切なのは、「見積もりを取ること」「見積もりに合った作業内容かどうか」をきちんと判断することです。

電気屋さんに依頼する他にも、こんなテレビの引き取り方法もあります

不要になって買い手が見つからないテレビは、電気屋さんに引き取りを依頼できますが、どこの電気店で購入したのか覚えていないということもあります。

また、引越しなどで、購入した電気店が遠くなってしまったということも考えられます。
電気店でのテレビの引き取りを依頼する他にも、テレビを処分する方法はあります。

【自分で指定取引場所へ持ち込む】

全国にある指定取引場所へ、ご自分で直接持ち込むという方法があります。

郵便局で振込用紙(家電リサイクル券)を使いリサイクル料金を支払います。

自分で直接テレビを持ち込むため、運搬料金を節約することができます。
全国の指定取引場所は、家電製品協会のHPに記載されています。

【市町村に問い合わせてみる】

テレビの処分方法に困ったら、市町村に問い合わせると、処分方法を教えてもらえます。

市にもよりますが、市が代行で引き取りを行ったり、引き取りを受け付けている小売店や許可業者を紹介してくれることもあります。

テレビの引き取りは、ルールを守ってすっきりと!

テレビなどの家電リサイクル法で定められた家電を処分する方法は、処分の仕方が難しいと思われがちです。

しかし、購入した電気店が分かっていれば引き取りに対応してもらますし、ご自分で運び出すことが可能であれば、最低限の費用で処分することができます。

また、年数の新しいものであれば買い取ってもらえる可能性もあります。

物置の中で眠っている古いテレビも、これできれいに解決できますね!

 - 生活