布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

黒や白、モノトーン部屋を作るポイントと注意点!

2017.4.11

黒や白を主に使った、モノトーンはどんな色にも合い、合わせやすい色だといえます。

しかし、モノトーンのお部屋を作るにあたり、色の配分や、お部屋の広さに注意しなければいけません。

そこで、モノトーンを基調としたお部屋を作る際の、いくつか注意しなければいけない点や、おしゃれに見せるポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ベランダに洗濯機を置く問題点と、対策方法!

洗濯機を置くスペースがなく、仕方なくベランダに置いている方もいるでしょう。 そもそも、洗濯機が...

コンクリートに開いたネジ穴、その補修方法って知ってる?

賃貸でも持ち家でも、普通に暮らしていると壁に色々飾ったりしますよね。 壁掛け時計、絵画、ポ...

高校生にオススメ!部屋の模様替えでお気に入り空間を作ろう

最近、自分の部屋に飽きてきた。 模様替えをして、気分を変えたいと思っている高校生の皆さん。 ...

敷布団のシーツのゴムが伸びる!その原因と対処法をご紹介!

皆さんは、敷布団にシーツを敷いていますか? ピシッと敷かれた清潔なシーツで眠るのは、とても...

メタルラックが分解できないほどかたい場合にオススメの方法

軽量で頑丈なメタルラックは便利な収納家具ですが、いざ分解しようとすると棚板がなかなか外れない状態にな...

バスタブ・浴室の湯垢や汚れを簡単掃除法でピカピカに!

「世界一のお風呂好き」とも言われている、私たち日本人。 毎日バスタブにゆっくり浸かる人もいれば...

ワンルームに置くテレビは、何インチがおすすめ!?

ワンルームで、テレビを置く場合、何インチがいいのでしょうか? ワンルームという限られている空間...

「海外の王室」情報集!これであなたも王室通になれる!

「約196か国」この数字は、日本が国として他国を承認した数を指します。 そのうちの27ヶ国...

部屋の電気がつかない原因は?突然の停電にはどう対応する?

突然、部屋の電気がつかない!なんて事ありますよね。 電気がチカチカしていれば、すぐに蛍光灯の寿...

ワイヤーネットでサイズの大きい物を作る時の様々な活用法

100円均一で売っているワイヤーネットをご存じでしょうか? 今はDIYの便利なアイテムとして、...

年末調整で賃貸の地震保険料控除はOK!?申告書の書き方は?

毎年、年末調整の時期がやってきます。 賃貸にお住まいの方で、保険に入っている場合は、賃貸契約で...

あなたの家にまだ残ってる?昔のストーブの上手な活用法

雪国に限らず、冬の寒さを凌ぐのに必須なストーブですが、昔の古いストーブはどうしていますか? 新...

自動洗濯機の排水弁の故障!その原因と対策を検証しよう!

自動洗濯機はどんどん進化を遂げています。 私たちの毎日に欠かせない家電として、常に注目を浴びていま...

机の塗装に飽きたら、スプレー塗装で自分好みに塗り替えよう

普段の、部屋の風景に、飽きていませんか? その時に、机や椅子などの色合いを替えるだけで、ぐ...

ベランダにしか洗濯機を設置できない!どんな点に注意する?

お洗濯やお掃除などいろんな家事がありますが、その中でもお洗濯は、頻度こそ、ご家庭によって異なりま...

スポンサーリンク

お部屋の広さは、黒の配分で決まる!

リビングという空間は、明るさや楽しさ、そして陽気やくつろぎというような印象が大切になりますが、実用的な話となると広さを感じるようにするべきです。

そして、広さを感じさせるには黒が重要になります。

白・黒・グレーのようなモノトーンは便利な色なのですが、その割合で部屋の広さが変わることに注意しましょう。

そして、黒は格好良いとか重圧感があるとかイメージがあるので好きだという人が多いでしょうが、色の中ではもっとも重い色になり、収縮効果があるのです。

つまり、黒ければ黒いほど部屋は小さく見えてしまうわけで、黒の配分が少ないほど部屋が広く見えます。
そのため、黒いインテリアを多く使ってしまうと部屋全体が狭く見えてしまうので注意してください。

そのような話は服装では有名かもしれません。
体型をシャープに見せるために黒を着込む人もいるでしょう。

白の服と黒の服を比べてみれば、体型が太く見えたり細く見えたりするはずです。

話をインテリアに戻すと、小さい部屋に部屋を小さく見せる黒は向かないということです。
小さい部屋であるなら黒の割合を少なくして、白やグレーを多く取り入れるようにしましょう。

狭い部屋なら、黒より白がおすすめ!カラーを使うなら寒色系!

黒は収縮色で、白は膨張色です。
そのため、小さい部屋と黒を合わせることでより小さく見えてしまいます。

それが嫌だというのなら白を使うべきです。
真っ白な壁紙を使うことで小さい部屋が広く見えるでしょう。

また、白が嫌だというのならベージュがおすすめです。
ベージュを使うことでも部屋が広く見えます。

そして、インテリアのカラーは寒色がおすすめです。
寒色というのは黒のように収縮色なのですが、収縮色は言い換えるなら後退色と言えます。

壁紙で部屋全体を広く見せて、インテリアの寒色で奥行きがあるように見せられるのです。
つまり白と寒色の組み合わせによって部屋をより広く見せられるというわけです。

しかしながら寒色は、体温を下げる色でもあります。
冬に寒色が多いと余計に寒く感じてしまいます。

そこで、緑、紫といった中間色もおすすめです。
中間色なら寒色ほど奥行きを感じさせる効果はありませんが、室内が余計に小さく見せることはありませんし、体幹温度が低くなくことがありません。

黒などのモノトーン部屋には、色をプラスしよう!

黒が好きで、黒をベースとした部屋にしたいというのなら他の色をプラスすることを意識しましょう。

黒だけだと生活感が少なくてスタイリッシュな部屋を作れるのですが、裏を返すと寂しさや質素、それから地味という印象になってしまいますし、また安定感が少なくなってしまいます。

それを消すために他の色をプラスするのです。

くつろぎを重視するならグレーをプラスしましょう。
明るいイメージを作りたいなら黄色やオレンジがおすすめです。

メリハリの利いた部屋にしたいなら、赤・緑・黄・青の原色や、ショキングピングなどのビビッドな色をプラスしましょう。

そのように黒や白などのモノトーンは、他の色を足すことで様々な印象を作ることができます。
つまり、モノトーンは他の色と相性がとても良く、もっと言ってしまえばどんな色であっても合わせることができるのです。

そのため、季節によってインテリアを変えたり、気分によって色を足したり、様々な楽しみ方ができるでしょう。

お部屋のインテリアに黒を使えば、ポイントに!

小さい部屋で収縮色を取り入れることで部屋が小さく見えてしまうことを心配してしまうかもしれませんが、インテリアであれば黒はとても良い効果を発揮してくれます。
記憶に残る部屋に記憶に残るインテリアがあるものなのです。

そして、記憶に残るインテリアは重い色や目立つ色を使われており、そのような色としては黒が該当しているのです。

また、黒はモノトーンであり、どのような室内にも合う特徴があり、失敗が少ないのでインテリアの色におすすめです。

黒のインテリアとしては、手始めはクッションが良いと思います。
無地、もしくは幾何学的な柄であれば、クールな印象を部屋に味付けできるでしょう。

それから黒は重い色だということも覚えておきましょう。
重い色ということは見ているだけで心理的な動きが少なくなってしまうということです。

それを避けるためには、縦縞があることを意識しましょう。
縦縞があることで心理的な動きが出てくるので、重い雰囲気が上に向きやすくなります。

黒い壁紙を部屋に取り入れれば洗練された雰囲気に!

黒を目一杯取り入れるなら壁紙を黒くすることになるでしょう。
それで黒によるスタイリッシュで洗練された空間を作りやすいでしょう。

しかし、黒の壁紙というのは一般的ではないのでコーディネートに悩んでしまうかもしれません。

そこで、黒の壁紙におすすめのインテリアを挙げていきます。

まずは、ゴールドのオブジェです。
黒とゴールドによって豪華なイメージを作ることができます。

また、反対色の白を取り入れると、コントラストが美しくなります。
そして、観葉植物がよく合いますし、ヴィンテージの家具とも相性抜群です。

照明ならシャンデリアが一番でしょう。
シャンデリアの魅力が十二分に引き出されるはずです。

また、北欧のインテリアやミニマリストが使うようなインテリアなど最近流行のものを合わせるのも良いでしょう。

それでもいきなり部屋全体を黒くするということが心配であるなら、一部のみを黒くできるアクセントウォールにしましょう。
一面だけ黒くするだけなので、部屋全体の印象をそのままに黒の良さを取り入れられるでしょう。

それに黒による圧迫する感覚を最小限に留めることができます。

黒や白のモノトーン部屋なら、インテリアのバリエーションが増える!

黒、白、そしてグレーというようなモノトーンが中心の部屋であるなら、インテリアの工夫によって部屋の印象をガラリと変えることができます。

それというのも、たとえば中間色がメインの部屋では原色のような色味の強い色は合いません。

しかし、モノトーンなら合わせることができるというように、モノトーンは他の色と合わせやすいことが特徴です。
どのような色を選択しても失敗せず、足した色の魅力を活かすことができます。

また、こだわった形のインテリアと合わせても良いです。
デザイナーズ家具や、アートパネルのように組み合わせが難しいインテリアだったとしても、モノトーンの部屋なら気兼ねなく配置できます。

それから北欧風のインテリアのようにナチュラルな色合いのインテリアも合わせられるでしょう。

ナチュアルでフェミニンな色合いから、男性は北欧風のインテリアを積極的に使わないことがありますが、ベースとなる部屋がモノトーンならファミニンな印象を薄めて暖かい印象を作れます。

以上に挙げたことは、色の組み合わせの一例でしかありません。
モノトーンの部屋は、幅を広げやすいので様々なスタイルに挑戦してみると面白いでしょう。

モノトーン部屋に挑戦してみよう

黒や白のモノトーンを基調にしたお部屋は、どんな色にも合い、様々なスタイルにすることが出来ます。

注意したいのが、色の割合で、お部屋の広さも変わってきてしまうことです。

そこさえ注意すれば、モノトーンのお部屋は、作り方も無限大です。

ぜひモノトーン部屋に、挑戦してみてはいかがでしょうか。

 - 生活