お布団のダニやアレルギー対策に布団乾燥機!売れ筋商品は?

お布団をこまめ干していますか!?
花粉症で干せない、マンションなどの環境で干せないという事もありますよね。

そんな時におすすめしたいのが「布団乾燥機」です!
お部屋の中で簡単に、ダニやアレルゲンを撃退できますよ。

今回は様々なメーカーから販売されている布団乾燥機の売れ筋商品をご紹介します。
ご購入を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お布団に繁殖するダニ!正しい駆除方法を知って実践しよう

目で確認できないとはいえ、ダニの存在はかなり厄介なものです。お布団などの寝具に関するお悩みで...

布団クリーニングを宅配で取引!無料で長期保管も可能?

宅配の布団クリーニングがとても話題になっています。お布団は定期的にクリーニングに出したくても...

お布団は何年使用できる?お布団の買い替え時期って?

今使っているお布団は何年使っていますか?お布団の寿命をご存知ない方は多いのではないでしょうか...

敷布団の湿気をなんとかしたい!断熱シートの使用効果って?

朝起きた後で、寝汗などで敷布団が湿っていることに驚いたことのある人は多いと思います。寝汗は夏...

畳にウッドカーペットを敷くとカビが生える?!その対処法は

畳の上にウッドカーペットを敷いてお部屋の雰囲気を変えたい!というかた、いらっしゃいますよね。ウッ...

ウレタンのお布団はカビやすい?対処法や対策を学ぼう!

コンパクトで扱いやすい「ウレタンフォーム」のお布団やマットレスは、日本人の私たちにとって、すっか...

フローリングに敷いたお布団で快眠するための断熱・保温対策

冬の寒い時期、寝る時に床付近の冷えが気になりませんか?足元が寒くて室内でも靴下は必須、寝...

お布団の正しい干し方!ベランダで衛生的に干す方法と注意点

ベランダにお布団を干すときは、どのような方法で干しているでしょうか?お布団をふかふかにするた...

ベビー布団はレンタルが主流?購入との比較と選び方

これから赤ちゃんを迎えるママにとって重要なのが、ベビー布団を購入するかレンタルするかという問題ではな...

新生児のお布団の選び方って?専用のお布団を買うべき?

待望の赤ちゃんが産まれることはとても大きな喜びですが、一方で準備しなくてはいけないこともたくさんある...

床冷えの解消法!お布団の敷き方を工夫し寒い冬を乗り越える

冬の寒い時期、床からの冷気は対策が難しく、頭を悩ませているという方は多いと思います。特に...

お布団を圧縮袋から出したらビニール臭い!その原因とは?

お布団を季節ごとに使い分けるためや、来客用のお布団を圧縮袋を使って、保管している人は多くいらっし...

天日干しだけで大丈夫?ベビー布団とマットレスの洗い方

スヤスヤと気持ちよさそうに眠る赤ちゃん。実は大人の2倍もの寝汗をかいています。おしっ...

綿布団って家で洗えるの?ポリエステル布団の洗濯方法って?

よく使用されている素材のお布団と言えば、綿とポリエステル素材のお布団ですが、自分で洗濯する場合は、ど...

お布団を干す頻度は?シーツを付けたまま干していいの?

お日様の光を浴びたお布団で寝るのは、とても気持ちの良いものですよね。できることなら、毎日でも...

スポンサーリンク

布団乾燥機のメリット

布団乾燥機はお布団を干すのが物理的に難しい(マンション等)住宅や、花粉、梅雨など、干したくても干せない時期でも、お布団を清潔に保ちたいというニーズから生まれた家電製品です。

売れ筋の物で大体1万円前後と比較的安価なのも、現在の人気になっている理由の一つです。
さらに本来のお布団を乾燥させるという目的とは、また別の使用方法もあり、ますます需要が高まっています。

それでは、布団乾燥機のメリットをご紹介していきます。

★ダニ退治
昔からダニ退治に効果があると言われているのは、天日干しです。
ダニは50度以上の高温を20分以上、お布団全体に当て続けることで、完全に死滅すると言われています。

しかし、天日干しでは、50度になるのも限られた時期だけですし、50度になっても奥へと逃げ込んだダニは駆除できません。

そこで近年は、「50度・20分」の状況を簡単に作り出せる布団乾燥機に、ダニ退治効果が期待される様になったのです。

ただし、布団乾燥機を掛けた後は必ずお布団に掃除機を掛けましょう。
ダニの死骸は、アレルギーの原因とされているので、しっかりと吸い込んでおきましょう。

布団乾燥機のメリット・電気代

★靴や洋服も乾かします。

売れ筋の商品などでは、大々的にお布団以外も乾かせる事をアピールしている位なので、半数以上の布団乾燥機にお布団意外を乾燥させる機能が付随しています。

靴に関しては、専用のアタッチメントが付属したモデルが続々登場しています。
湿気がこもりやすい靴やブーツは、通年ジメジメしやすいので、この機能も大変重宝されています。

また、衣類も専用のカバーに入れてサッと干せるので、外に干せない日はおろか、晴れた日も愛用している人が多いと聞きます。

この様に通年に渡り使用でき、いくつもの機能をたずさえた布団乾燥機ですが、使用頻度が高まる分、若干気になるのはその電気代です。

早速調べてみると、1日当たり15.3円、1月当たり460円程度と判明しました。
これは安いのではないでしょうか。

さらに毎日お布団も衣類も靴も乾かして、フルパワーで稼働させてこの金額です。
しかし、毎日お布団を乾燥させるご家庭も少ないと思いますので、実際にはもう少し安くなるでしょう。

布団乾燥機の選び方

さて、布団乾燥機のメリットをご説明させて頂きましたが、ここではどんなタイプが良いのかをお話させて頂きます。

★お布団のサイズに合ったものを選ぶ
布団乾燥機で扱えるサイズはシングル~ダブルの範囲です。

専用のマットを使うタイプは、シングル用とダブル用に分かれており、マットレスタイプは基本シングルを想定した出力ですが、最近はダブルにも十分対応できるモデルが増えています。

値段はマットタイプの方が若干安めですが、最近の売れ筋はマットレスタイプです。

一人暮らしなので、お布団1枚乾けば良いという方は、マットタイプのシングル用をおすすめします。
ご家族皆さんで使うとなれば、マットレスタイプがおすすめです。

★お布団以外の機能
前項でも述べたとおり、お布団以外にも使えるのが大きなメリットでもあるので、それを踏まえて布団乾燥機を選びたいものです。

靴を乾燥させるためのアタッチメントやノズルが付いた物や、専用の衣類カバーが付いたものなどがありますので、ご自分の用途にあった物を選びましょう。

★本体のサイズや補助機能
現在は、ほとんどが持ち運びに便利な小型で軽量化が進んでいます。
また、マイナスイオン発生器や消臭、芳香などの機能が付いたものもあります。

どの機能が必要かをしっかり考えて選ぶと欲しい布団乾燥機が選べることでしょう。

布団乾燥機の売れ筋商品は?メーカー別の特徴

現在、多くの大手家電メーカーが布団乾燥機を販売しています。
ここでは、各社の特徴や乾燥時間を比較してみましょう。

★日立
乾燥用マットを使わないタイプで、長いホースをお布団の中心部まで挿入し、熱風を送り出します。
乾燥効率が良いので、時間も標準38分と短め、電気代は1回約7円計算です。

★象印
マットだけでなく、ホースもない画期的な乾燥機があります。
ただし、全体に風を行き渡らす為に、何度か本体の位置を変えなければなりません。

その分、やや非効率で時間も60分程度掛かります。
電気代は約12円です。

★三菱
売れ筋が低価格なのと、衣類乾燥や消臭・芳香といった付加機能が充実しています。
標準乾燥時間は55分、電気代約11円です。

★シャープ
シャープ独自の空気清浄システムである「プラズマクラスター」発生器を搭載する乾燥機もあります。
様々な機能を備えている分、値段が若干高めです。

布団乾燥は、本体からの直接送風の為、時間は60~90分とやや長め、電気代は35円前後です。

★パナソニック
シンプルなデザインが特徴で値段もリーズナブルです。
乾燥時間70分、電気代13円です。

布団乾燥機の売れ筋商品は?日立・象印

それではここからは具体的な商品をご紹介します。
メーカにこだわらず、売れ筋ランキング上位の機種をご紹介していきます。

【日立 アッとドライ マット不要 HFK-VH700】

左右・前方向に伸びる「布団乾燥アタッチメント」により、お布団を均一に乾燥するので、とにかく短時間で乾きますし、ハイパワーの為、お布団のサイズを選びません。

また、設定時間の早見表があるので、お布団をはじめ、靴や衣類の時間セットも迷わずに済みます。

また、専用のデオドラント剤も付随しているので、消臭・芳香も出来ます。
本体には抗菌・カビ防止のフィルターを使用しており、アレルギー物質やウィルスの抑制にも効果があります。

【象印 スマートドライ マット&ホース不要 RF-AA20-AA】

マットレスの上にホースが無いという実に画期的なスタイルで、最近人気急上昇中です。
使い方も至ってシンプルで、本体上部を開いて敷布団と掛け布団の間に入れてあげるだけでOKです。

また、低温送風や送風口の角度を自由に変えられるので、靴や衣類にも対応できるのも人気の秘密です。

日立製同様に、抗菌フィルター使用しているので、体にやさしいのも魅力です。

布団乾燥機の売れ筋商品は?三菱・パナソニック

【三菱 ブーツクリニック付き AD-X70LS】

布団乾燥にはマットが必要ですが、マットが無くても使用できるので、就寝時に足元を軽く温めておくなど、用途は広いです。
ダブルサイズのマットなので、大きめのお布団に十分対応できます。

また、衣類乾燥カバーも付随しているので、Tシャツや靴下など、ちょっとした小物にも便利です。

他社と比べ値段が安めなのも嬉しいです。

【パナソニック マットタイプ FD-F06A6】

こちらも他社製品と比べると安価で、売れ筋でも5,000~6,000円程度で買えます。
しかし、安価であっても、布団乾燥機の定番機能に加え、補助機能も充実しています。

お布団はセミダブルサイズまで対応できますし、専用アタッチメント付きなので靴ももちろんOKです。

抗菌フィルターを使用に加え、ダニ対策モード付きなので健康面も十分配慮された一品です。

さてここまで大手家電メーカーの売れ筋商品を中心に見てきましたが、その他のメーカーにもまだまだ優れた布団乾燥機が多々あります。

ご自分の用途に合った乾燥機を、ぜひ見付けて頂きたいと思います。

選ぶ時はメーカーにこだわらないで

布団乾燥機を選ぶ時は、あまりメーカーにこだわらずに、お布団以外の乾燥機能や補助機能に注目してみるといいでしょう。

迷って決められない場合は、お気に入りのメーカーを選ばれるのもいいですね。

布団乾燥機で、お布団のダニやアレルゲンを退治し、心地よく眠りにつきましょう。