レオパレスのロフトを収納や寝室へ!多彩な使用方法!

ロフトのあるお部屋は、憧れちゃいますよね!

ロフトは、収納などの使い道があり、一人暮らしの狭い部屋を広々と使うことができます。

そんな便利なロフトを上手に使えば、生活の快適さが増すと思います。

今回は、レオパレスでロフト付きのお部屋に一人暮らしした場合の、ロフトの活用術をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

鍵を付けたい!部屋のドアが内開きの場合どうすればいい?

子どもの頃はもちろん、大人になった今でも誰にも邪魔されずに、一人っきりになりたい時間は欲しいものです...

ウォシュレットをコンセントから抜くと本当に節電出来る?

ウォシュレットは、家電製品の中でも特に電力を消費する製品だと知っていますか?今ではすっかり当...

シーリングライトはリモコンがあれば壁スイッチなしでもOK

リビングや寝室で活躍するシーリングライト、リモコンが付いていればとても便利です。たとえば賃貸...

電話線の差込口が足りない!自分で増やすことは出来る?

電話の差込口が足りないと感じている場合、自分で増やすことは出来るのでしょうか?自分で増やすこ...

新築のリビングや寝室をこだわりたいなら内覧会へ行こう!

建物の完成前に販売された新築住宅は、その建物が完成した後、引渡し前の段階で内覧会が開催されます。...

オフィスの椅子、油圧式やガス圧式タイプ別の故障と修理

オフィスでよく見かける、レバーを上げ下げすると座面の高さが変わる椅子、ありますよね。便利...

ベッド選びのポイント!様々な対象別の視点から解説

人間は、人生の中で約3分の1もの時間を睡眠に費やしています。それだけの長い時間をベッドの...

鍵は部屋用も必要?メリット・デメリットと簡易錠をご紹介!

お子さんがいるご家庭では、書斎や子供部屋用に鍵を付けるかどうか悩んだという経験がある方も多いので...

ワイドハイターの使い方!柔軟剤と一緒に使っても大丈夫?

ワイドハイターは漂白剤とはいえ酸素系のため、白いものは白く、色柄ものもすっきりときれいに洗い上げてく...

生活臭がたまる!ファブリーズでお部屋の匂いを良くしよう

お宅によって、それぞれのお部屋の匂いがありますよね。お部屋の匂いは、そのお部屋のイメージにつ...

快眠のために!!マットレスの上に敷くおすすめな物は?

おそらくほとんどの方がベッドにマットレスを敷いて寝るか、敷布団をフローリングや畳に直置きして寝ること...

マットレスをゴミとして処分したい!出し方の注意点を知ろう

ベッドは何度も買い替えるものではありませんよね。しかし、マットレスには寿命があり、定期的...

寝るの大好き猫ちゃんもご満悦!ベッドはドーム型がお好き?

人間も猫にとっても睡眠は、リラックスできる大事な時間です。人間に比べて猫は、多くの時間を...

フィギュア台座を100均材料で手作り!素敵な飾り方をしよう

ガチャガチャの景品やゲームセンターでゲットしたフィギュア達、あなたはどのようにディスプレイしています...

ベッド柵「SCUDO」!木製ならではのぬくもりで快眠を!

ベッド柵には「転落防止」と「お布団のずり落ち防止」の2種類の用途があります。ここでは、「お布...

スポンサーリンク

レオパレスで一人暮らし!ロフトの使い方

ロフトは、天井を高くして部屋の一部を2層式にしたスペースのことです。
つまり、屋根裏部屋のような感じです。

レオパレスでは、ロフトが使われています。
一人暮らしでロフトの部屋の場合、ロフトを寝室として使用できます。

一人暮らしの部屋は、ベッドを設置したら、部屋が狭くなってしまいます。
しかし、ロフトがあれば、ロフトを寝室として使用できます。

そして、食事をしたり、テレビを見てくつろいだりするスペースを、広く使用することができます。
また、ロフトを物置きとして使用するのもおすすめです。

服や大きい家具を、ロフトに収納すれば、生活スペースを広くキープすることができます。
寝室や物置としてロフトを使うように、ロフトは生活スペースを広くする働きをしてくれます。

それから、ワンルームや1Kの場合、趣味の部屋と生活スペースの部屋が一緒になってしまいます。
しかし、ロフトがあれば趣味専用の部屋として使用することが可能になります。

レオパレスのロフトを収納として使える以外のメリットは?

レオパレスのロフトがある部屋のメリットについてご紹介します。

①ロフトは、ふだん使わない物を収納するのに役に立ちます。

②下の部屋は、友達が来たりしたときや、くつろぐための場所として使い、ロフトはプライベートな場所として使うことができます。
いきなり友達が訪ねてきても、ワンルームのように、焦って部屋を片付ける必要がありません。

③ワンルームであるにもかかわらず、食事をする場所と寝る場所を分けることができます。
メリハリのある生活を送ることが可能です。

④ロフトがあれば、部屋の中に生活をするスペースとは異なる、別世界を作ることができます。

⑤部屋が広く見えます。
ロフトがある部屋は、天井が高いので、実際の広さより広く感じるのです。
また、無意識のうちに、視線がロフトのある上へと行くので、それも部屋をより広く感じさせます。

⑥居住スペースが広がります。
ロフトは、完全なプライベートが保てる、別部屋として利用することができます。

見せる収納でロフトを素敵な空間へする方法

レオパレスのロフトを、見せる収納として利用しましょう。

ロフトは工夫と使い方によって、とても素敵なスペースになります。
荷物をディスプレイするように置けば、ロフトが素敵なスペースになるのです。

では、ロフトの「見せる収納」についてご紹介します。

本や雑誌を飾って、「自分の書斎」を作りましょう。
ポイントは、本や雑誌の置き方です。
本のサイズごとに揃えたり、板と間仕切りを少し工夫して本棚を作ったりします。

次は、ロフトをわざと片付けないという利用法です。
「いつも物を片付けない」「作りかけの作品を一時的に置く」というようにしましょう。
たとえば、プラモデルやレザークラフトなどの、趣味にスペースが必要な場合、散らかっていても問題のない空間が必要です。
毎日趣味に時間を費やしたい場合や、趣味の物を片付ける時間がもったいない場合は、ロフトにいつも趣味の物を広げておきましょう。

そうすれば、いつでも趣味を楽しめることが可能になります。

ロフトを収納として割り切って使う方法

次に、レオパレスのロフトを完全な収納として利用する方法です。

洋服、下着、生活用品などをロフトに収納して、下のスペースは、テレビ、ソファ、テーブルだけにしましょう。

そうすれば、居室スペースには物がほとんどなくなるので、かなり広いスペースを保つことができます。

ロフトのある部屋は天井が高いので、物がない居室の広さは思った以上に広いです。
友達を呼んでも、スペースを気にせずに時間を過ごせます。

また、ロフトを長期使わない物だけの収納場所として、利用する方法もあります。
ロフトへは、階段を使わないといけません。
そのため、あまり階段を使いたくない場合は、ふだんは使用しないものをロフトに収納すると良いでしょう。

たとえば、スキー、サーフボード、冷暖房機などです。
大きくてかさばる物を、ロフトに収納してください。

そして、毎日使用するものは、居室スペースに収納するようにして、簡単にいつでも取り出せるようにすると良いでしょう。

レオパレスのロフトを寝室として使う際のメリット・デメリット

レオパレスのロフトを、寝室として利用しましょう。

居住スペースをリビングにする場合、寝具はインテリアに合わない、と思う人はたくさんいます。

特に女性は、部屋の中で寝具が見られるのを好みません。
そこで、ロフトは寝室に適しているのです。

しかし、夏場の暑さには、気をつけなければなりません。
ほとんどの部屋は、エアコンはロフトよりも下の位置にあるため、冷気がロフトまで届きにくいのです。
そして、熱がこもるため、扇風機などが必要となります。

また、階段の昇り降りが面倒になることもあります。
しかし、夏以外はは暖かいので寝室としてベストです。
収納の利用法と同様に、下の部屋から見えにくいため、突然の来客に慌てて寝具を片付ける必要もありません。

いつもは下で寝ている場合、たまにロフトで寝ると、気分転換にも良いでしょう。
部屋にいるにもかかわらず、合宿のような気分を楽しめるので、たまにはロフトで寝て、楽しむのも良いかもしれません。

ロフトベットもおすすめ!

レオパレスのロフトの話をしてきましたが、ロフトと言えばロフトベッドもあります。
ここでは、ロフトベッドについてもお伝えしていきます。

ロフトベッドは、上段のベッドスペースと下段のスペースが特徴です。

高い位置にベッドがあるので、レオパレスのロフトのように、ハシゴなどを使って登ります。
ロフトベッドを買うときは、地上からの高さに気をつけてください。

また、天井からロフトまでの距離もチェックしておきましょう。
ハシゴを置く部分も、考えなければなりません。

下の空いたスペースに、ソファー、机、収納のクローゼットなどを置く事ができます。
ロフトベッドは上段にベッドがあるので、お布団やマットレスの湿気がたまりません。

そのため、お布団を敷いたままでも、カビが発生しにくいのです。
ロフトベッドは床から離れているため、床からの冷たい空気が上がってこないという利点もあります。

しかし、ほとんどのロフトベッドは、マットレスが別売りです。
そのため、別に購入しなければなりません。

普通のベッドで使うマットレスだと、厚みがあるので持ち上げるのが難しいです。
薄くて軽いマットレスを使うようにしましょう。

ロフトは一人暮らしやお部屋が狭い方に最適です

いかがでしたか? 

ロフト付きのお部屋は、ロフトの使い方次第で沢山の楽しみ方が可能ですよね。

実際にロフトを使ってみて分かることは、ご紹介した以外にもあると思うので、自分独自の使い方を見つけるのも楽しいかもしれませんね。

素敵なロフト付きのお部屋が見つかるといいですね!