布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

都内に女性が一人暮らしするのにおすすめな地区&お部屋作り

2016.12.23

就職、入学、職場など新しい環境で生活を始める方も多いと思います。
その際に住居の移転、「引越し」が伴う方もいらっしゃるはずです。

女性にとって、はじめての都内での一人暮らしは色々と不安なことが多いものです。
特に防犯に関する悩みや心配は尽きないですよね。

女性が一人暮らしするために安心して暮らせるおすすめな地区&素敵なお部屋作りをご紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お布団にカビが生えた!体への影響が心配なら除湿を徹底!

気をつけているつもりでも、ふと気がつくとお布団に黒いカビが生えていた、なんてことはありませんか? ...

お布団の天日干しはどうしてる?ブルーシートの便利な活用法

天気の良い日って、お布団を干したくなりますよね。 マンションや、家の2階以上に住んでいる場合は...

お布団で虫のダニに刺されたら、症状は?ダニの対処法!

お布団で、寝ている間いつのまにか虫に刺されてしまったことありませんか? 人を刺す虫は蚊や、ダニ...

敷布団の下に使う除湿シートって洗える?どんな商品がある?

梅雨や結露の多い季節は、室内の湿度も高く、敷布団が湿ってしまう事は多いですよね。 そこで、除湿...

お布団の湿気はカビの原因?お布団を清潔に保つために

人は寝ている間にコップ約一杯分の汗をかくそうです。その汗がお布団に吸収され、湿気となり溜まることで、...

コンセントにお布団があたって火事?正しい使い方を覚えよう

新しい部屋に引っ越したら、家具を配置する前にまずコンセントの位置を確かめませんか? そのくらい、私...

売れ筋の布団掃除機6選!高機能で人気のアイテム特集

お布団は、ハウスダストやダニの温床になりやすいです。 しかし、頻繁にお洗濯をすることも難し...

お布団のダニ除去って?布団用ノズルを使った掃除機のかけ方

お布団にいるダニって気になりますよね。 とくに刺されたりしなくても、ダニは繁殖し続けたりハウス...

オシャレな和室・寝室に!お布団もインテリアにアレンジ

巷に溢れている寝室のインテリアなどは、洋室がメインですよね。 しかし、和室を寝室として、お布団...

お布団のカビはなぜ生える!?取り方と対処法

お布団の中でも、敷布団は最もカビが生えやすいです。 なぜ敷布団はカビが生えやすいのでしょうか? ...

お布団や襟のカバーを変えて、寝室をイメチェンしよう!!

最近、部屋のイメチェンしましたか? 季節の変わり目など、なんとなく気分が変わる時期は、お部屋のイメ...

キレイに片付けたい!かさばるお布団のたたみ方と湿気対策

お布団、毎日たたむのって、意外と大変ですよね。 特にかさばるのが羽毛布団です。 ケースの入っ...

お布団の人気ランキングで上位のおすすめ商品をご紹介!

お布団は、1度購入すると長く使う方が多いと思います。 長く使うものほど、こだわって購入後の...

これでダニも気にならない!防ダニ布団の人気ランキング!

疲れた体をお布団に横たえ、眠りにつく瞬間は、至福のひと時ですよね。 しかし、お布団に入ると、く...

お布団を収納するコツ!空間を有効利用しよう

お布団は、厚みがあり収納に場所を取るので、困っているという方は多いのではないでしょうか。 ...

スポンサーリンク

都内で女性が一人暮らしするのにおすすめな治安のいい区①

都内で女性が一人暮らしするのにおすすめな区をランキング形式でご紹介していきます。
まずは第10位から第7位までのご紹介です。

10位:大田区
住宅街も多くあり、とても住みやすいです。
商店街やスーパー、大型ホームセンターなども充実しています。

良い点:羽田空港へのアクセスが良く、旅行好きであれば嬉しい立地です。
多摩川の河川敷も近く、ジョギングやサイクリングを楽しむこともできるのが魅力です。

9位:杉並区
治安が良いイメージが強く、昔から住んでいる区民に聞いても「怖い話を聞かない」と答えるほど安全です。
スーパーが近くにあるなどの便利な地域も多く生活しやすい地域と言えます。

良い点:高円寺周辺は商店街が多く、食料品や日用品も安く購入することができるので、一人暮らしをはじめる人におすすめです。
安くて美味しい居酒屋やバーなどもたくさんあります。

8位:江東区
閑静な住宅街が多く治安も良いです。

良い点: 隅田川や荒川、そして東京湾に囲まれており、河川敷はジョギングや散歩をする人でにぎわっています。
周辺には遊べるスポットもたくさんあり、休みの日のお出かけにも困りません。

7位:世田谷区
高級住宅街であり、治安がとても良いです。
また、都心部へ通勤するのにも程よい距離なので、一人暮らしするのにはおすすめです。
良い点:防犯カメラを設置したり警備を配置するなど、安全への意識が高いです。
駅から少し離れると閑静な住宅街が多いので、落ち着いた環境で一人暮らしをしたい方にぴったりです。

都内で女性が一人暮らしするのにおすすめな治安のいい区②

都内で女性が一人暮らしするのにおすすめな区のランキング第6位から第1位までご紹介していきます。

6位:目黒区
学生街が集まっており、防犯に対する取り組みも積極的で治安が良いです。

良い点:おしゃれな街として有名な中目黒は桜の名所でもあり大変人気があります。

5位:品川区
閑静な住宅街・下町のような雰囲気の街が多く、犯罪発生率は低いです。

良い点:駅周辺はオフィス街で、交通アクセスがとても良いです。

4位:港区
六本木や麻布などがあります。
高所得者が多く家賃相場も高いですが、セキュリティレベルの高さを重視するなら間違いありません。

良い点:セキュリティが厳しく、空き巣などの被害が少ないです。

3位:千代田区
家族連れが住む街も多く、防犯意識が高いです。
一人暮らしする際にも、安心して住める地域と言えます。

良い点:皇居がある区です。
そのためもあり、セキュリティ面は万全の体制です。

2位:文京区
治安が良いことで有名です。
交番の数が多い、歓楽街がない、学校が多いなどがその要因です。

良い点:暮らしやすい場所として常に名が挙がります。
閑静な住宅街が広がっているため静かなのも、一人暮らしには嬉しいです。

1位:中央区
銀座や築地などがありますが、労働人口が多いため犯罪発生率は大変低いです。
一人暮らしをするには少し高級感があり、住むにはそれなりに費用がかかりますがそれに見合う安全性が魅力です。

良い点:魚市場で有名な築地があり、新鮮な魚が食べられます。

都内で女性が一人暮らしするまでにかかる費用は?

都内で女性が一人暮らしをするなら、どのような費用がかかるのでしょうか。
一人暮らしを始めるにあたり、かかるお金は大きく分けると次の3つになります。

①部屋を借りる費用
家賃分のお金以外にも、多くの費用がかかります。
不動産屋では初期費用などと呼ばれますが、その内訳は以下の通りです。

敷金:家賃一ヶ月分
礼金:家賃一ヶ月分
仲介手数料:家賃一ヶ月分
前家賃:家賃一ヶ月分
管理費または共益費:物件によって、無料か有料
賃貸保証料:家賃半月分
鍵交換費用:2~3万円
火災保険料:2万円前後
消毒料:1~2万円
日割り家賃:月途中に賃貸契約した場合は、残りの日数分の家賃。

以上が初期費用となり、契約時に全部支払う必要があります。
家賃によっても異なりますが、月額家賃の5〜6ヶ月分を用意しておくと良いです。

②引っ越し費用
絶対に持っていきたいという場合を除いては、家具や家電は新居で揃えることをおすすめします。

③生活必需品にかかる費用
最低限必要と思われる家具や家電にかかる費用です。

【家具】
ベッド:1万円
テーブル:5〜6千円
椅子:3千円
カーテン:5千円
照明:5千円

【家電】
冷蔵庫:3万円
電子レンジ:1万円
炊飯器:8千円
掃除機:8千円
洗濯機:3万円
テレビ3万円

以上のものがあれば不自由なく生活することができると思いますが、自分の生活スタイルに合わせて選ぶのが良いでしょう。

都内で女性が一人暮らし!運を引き寄せる物件選びのポイント

都内で女性が一人暮らしをするために風水を知り、物件を探すときに風水を役立てましょう。

【方角】
最も良い方角とされるのは東・東南・南、次に西・西北です。
玄関の方角がこれに当てはまれば、明るいエネルギーを取り入れることができると考えられています。

反対に、北東は鬼門、南西は裏鬼門と呼ばれ、これらの方角に水回りの整備と玄関があることは、大凶と言われます。

【立地】
風水では、人の集まるところに幸運があると考えられます。
「にぎわう商店街に近い物件は、運気をアップさせてくれる」などです。

また、物件の西に商店街があれば食生活が充実するパワーを、東であれば元気あふれるパワーをもらえるとされます。

【部屋の向き】
光がよく入る明るい部屋は、陽のパワーをもらえるため、部屋の向きは南~東がおすすめです。
南からは、一日中明るい光が入るために洗濯も乾きやすいという利点もあります。
また、東向きの場合は朝から日の光が入り、活動的なパワーをもらえるそうです。

【建物の位置】
川や道路などカーブの内側にある建物は水泡と呼ばれます。
水泡は良い運気で守られている場所で、土地の気を散らすことなく活性化させる働きがあると言われます。

【建物の形】
風水では、建物の形も重要です。
長方形の建物は運気が安定しており、発展・繁栄をもたらすと考えられます。
一方、三角形や変形の建物は良い気が安定せず出ていきやすいと言われます。

一人暮らしの女性の寝室を広くするためのベッドの条件

都内で女性が一人暮らしをするなら寝室の広さは大切です。
そのため、ここでは寝室を広くするためのベッドの条件をご紹介しましょう。

【収納ベッド】
大きなベッドに収納機能があれば、寝室をキレイにできます。
しかし、デザインなども重視したい女性にとっては単に収納できるだけではダメです。

≪女性に向いているベッド選びのポイント≫
①大容量収納
寝室をキレイに広々とさせるには、とにかく収納力が高いことが重要です。

②可愛いデザイン
毎日使うベッドは、可愛いデザインにすることで寝る時間が癒しの時間になります。

③他のインテリアとも合うこと
せっかくの大容量収納も可愛いデザインも、部屋の雰囲気に合っていなければ台無しになってしまいます。

上記のポイントを抑えつつ、好みが比較的分かれないベッドをご紹介します。

【跳ね上げ式大容量収納】
内容量も圧倒的な上、大きな物・長いもの・いびつな形状の物でも収納できるのがメリットです。
さらに、引き出すためのスペースを確保する必要もないのでベッドの配置にも悩みません。
効率よくスペースが使え、好きな配置に模様替えすることも可能です。

【可愛い白いベッド】
可愛いの判断基準は人によって様々ですが、女性向けなら白いベッドが素敵です。

白は清楚・清潔なイメージがあり、女性らしさを演出してくれます。
さらにベッドの大きさをあまり感じさないというメリットもあり、明るくて広々と感じることができます。

他のインテリアに左右されない点でも白は使いやすい色と言えます。

女性に適したお布団の選び方

都内で女性が一人暮らしをするなら快眠出来なければ、生活するのに疲れが溜まります。睡眠を変える、寝心地抜群の敷布団選びの方法をご紹介しましょう。

美容、健康のためにも良質な睡眠を確保するには、どのような寝具を選ぶべきでしょうか。
女性のお布団を選ぶ上では、以下の3つの要素を満たしたお布団を探すのがオススメです。

①保温力
女性の場合、「手足が冷たくなりやすい」などの悩みを抱えている方が多いです。
そのため、保温力の高いお布団を選択する必要がありますが、あまり厚手の掛け布団を選ぶと圧迫感で睡眠が浅くなる可能性もあります。

眠っている時に感じる寒さの原因は床から伝わる冷気であることが多いので、冷気をシャットアウトできる敷布団を購入するのが、最も良い解決策と言えます。

②体圧分散力
「寝起きに身体が痛む」といった悩みの原因の多くは、敷布団が身体を支え切れていないことです。
身体の一部がお布団に沈みこみ姿勢が悪くなったり、クッションを潰して間接的に床に接触していたりすると、その部分に痛みが出ることもあります。

一部だけに体重が集中しない、体圧分散に優れた寝具を選択すれば、これらの問題は緩和するでしょう。

③寝返りが打ちやすいお布団
柔らかすぎるお布団は、身体が敷布団に包まれる形になり寝返りが打ちづらくなります。
この状態では、一時的に脳が覚醒し、睡眠が中断してしまうので睡眠が浅くなり、睡眠の質が大きく損なわれてしてしまうのです。
そこで、身体が沈まない適度に硬い敷布団を選ぶことが重要です。

安心安全な街で快適に生活しよう!

女性が安心して暮らせる治安の良い区を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
治安の良し悪しは、家賃相場の高さにある程度比例してしまうところがあるのは考えようですが・・・。
物件を確認する際は、地域環境にも目を向けてください。

女性の一人暮らしは何かと不安が付きまといますので、少しでも安全に暮らせる地域を選び、快適なお部屋で生活できると良いですね。

 - お布団