布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

部屋の掃除して見違える部屋に!!ビフォーアフターを楽しむ

2016.12.17

片付けをして、部屋のビフォーアフターを楽しみませんか?
部屋を綺麗に掃除する方法をご紹介します!

年末にまとめて掃除すればいいと思ってしまいますが、掃除は少しずつ毎日続けることが綺麗な部屋を保つ秘訣です!

ビフォーアフターを楽しむコツもご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

寝室にもおすすめな杉フローリング!塗装とお手入れ方法

無垢材の中でも杉フローリングは柔らかく、暖かいです。 素足で歩きたい!という方にもおすすめなフ...

ベッドパッドのウールは厚手が快適?人気の商品紹介も!

ベッドパッドには、寝心地に関わる重要な役割があります。 また、様々な種類があり、種類次第で「敷...

ベッドの柵が意外と危険?ベッドガードで子供を守ろう!

赤ちゃんや子供は、寝ている間に上へ行ったり、下に移動したり、寝相が悪い事もあります。 寝返りを...

押入れとクローゼットの違いは?収納におすすめなのは?

押入れとクローゼットの違いってご存知ですか? 押入れは主に和室にある収納場所で奥行きがあるもの...

リビング照明は電球色がオススメ!照明の色による効果とは

部屋のインテリアにこだわっている方、多いですよね。 部屋の雰囲気を左右する照明にこだわっている方も...

狭い間取りでもレイアウト次第!ベッドの配置が鍵になる!?

狭い間取りの部屋に住もうとすると、家具の配置に困ります。 元々の収納がしっかりとあれば、主...

寝るの大好き猫ちゃんもご満悦!ベッドはドーム型がお好き?

人間も猫にとっても睡眠は、リラックスできる大事な時間です。 人間に比べて猫は、多くの時間を...

ベッドの親子4人用ってある?ベッドは何人用まで作れるの?

家族が増えても、家族全員仲良く寝たいと思うときってありませんか? 畳にお布団を敷いて寝る場...

昼光色と昼白色と電球色、これらはどのような違いがあるの?

ホームセンターなどで蛍光灯やLED電球を見ると、「昼光色」「白昼色」「電球色」と、色に違いがあります...

寝具にまつわる便利なアイデア商品をご紹介します!!

寝具のお手入れって大変ですよね?? そこで、お手入れが楽になる、便利なおすすめアイデア商品をご...

カーテンレールを天井に!カーテンを吊り下げる理由と方法!

皆さんは、カーテンが天井から吊り下げられているお部屋を見たことはありますか? カーテンが天井か...

照明器具をおしゃれな物に交換しよう!天井照明の交換方法

天井の照明を交換したいけれど、難しく感じ、自分では出来ないって思っている方も多いのではないでしょうか...

ベッド下の引き出し収納の使い方!湿気を防ぐにはどうする?

引き出し付きベッドやベッド下の収納家具は、部屋に家具を増やさないで約一畳分の収納スペースが確保できる...

マンション等のリビングの家具の上手な配置で快適な空間作り

マンション等のリビングに置く、家具の配置について悩んだことはありませんか!? リビングは、家族...

ベッドにすのこを選ぶメリットは?デメリットもあるの?

1日の疲れを癒すために、睡眠はとても大切なものですよね。 快適な睡眠を得るためには、使用する寝具に...

スポンサーリンク

部屋を掃除して快適に!ビフォーアフター①

部屋の掃除をしてビフォーアフターしてみましょう。

リビングのお片づけの際、まずは散らかしたままのおもちゃやソファのあちこちに置かれているクッションをひとまとめにしましょう。
すると、床やソファの見える面積が広がり、これだけでもスッキリとするのがわかります。

カーペットや飾りつけなど、かわいらしい空間のおもちゃ部屋風なリビングにしている方もいると思います。
このようなリビングは、お子様がいらっしゃる場合に喜ばれそうな空間です。
しかし、リビングとしての空間だと考えると今一つかと思います。

そこで、家具の配置を変更し収納方法を変えるだけでも清潔感のある美しいリビングへと変化させることができます。
まず、すべての部屋の押し入れを見直し、取っておきたいものの収納場所を変えましょう。

リビングに必要なものだけを置くようにすることで、散らかっていた物も綺麗に収まります。
また、家具の配置も変更しやすく、メリハリのある部屋になります。

クローゼットの中も整頓が必要です。
洋服は、長さ別に分け、靴は1箇所にまとめます。

ラックの上は同じサイズの収納ボックスに分類します。
子どもには、どこに戻すか教えてあげながら片付ければ、美しい状態を維持することができるでしょう。

部屋を掃除して快適に!ビフォーアフター②

キッチンやリネン置き場、クラフトルームも掃除して、ビフォーアフターしてみましょう。

まずは、キッチンの収納を見直しましょう。
出したままの食器を洗って食器棚に戻し、いらないものはゴミ箱へ捨てます。
スッキリした後は、収納道具を使ってお片付けです。
調味料などをカゴやストッカーにまとめると、奥にしまってあったものも取り出しやすくなり、作業効率までアップします。

次に冷蔵庫の賞味期限の切れたものは処分しましょう。
また、箱のかさばるものは全て透明のストッカーに移しましょう。
この際、入れ物の大きさを同じ大きさにすれば、収納しやすくなります。
このようにするだけで綺麗にまとまりますよ。

次はリネン置き場です。
あまり使用していなかったリネン置き場は、棚をつくってタオルを収納すると良いです。タオルは、輪の部分を見せるようにすると見た目も美しくなります。
バラバラしたボトル類は、種類ごとにかごに入れて整理すると綺麗にできますよ。

クラフトルームを整理整頓していきます。
作りかけのもの、ものさしなどのツールが散乱しているなら整頓しましょう。
床に出ているものを戸棚にしまうだけでも、作業台が置けるまでに広くなることもあります。
飾ってある物や、物で隠れてしまっていた絵も見えるようになり、書類の山で散らかり放題だった作業スペースも、片付けるだけでとても綺麗になります。
このように綺麗になると花のひとつも飾りたくなりますね。

散らかりやすい子供部屋も綺麗にしていきましょう。
本やカバンなどをきちんとしまわずにそのままにしてしまうことが多いですよね。
特にベッドが半分近くを占めている部屋は、ベッドと机の上に物が散らばります。
これらのものを定位置に戻して、掛け布団もかけ直すだけで、スッキリと生まれ変わります。
床に足の踏み場ができ、ベッドも直ぐに寝られる状態になりますね。
子供にも綺麗な部屋を見せて、物を戻すクセをつけさせましょう。

部屋の掃除のコツ!思考力のビフォーアフターで変わる!?

部屋を掃除をするときに憂鬱な気持ちで、毎日一生懸命取り掛かっては長く続きしないことがあります。
掃除をしなくなると、せっかく掃除してビフォーアフターしても、もとに戻ってしましますよね。

まずは考え方を変えて、掃除をするとスッキリする!という考えに持っていくと良いです。
お風呂に入ったり歯を磨いたりするような感覚で、気分転換のためのひとつと考えましょう。

また、落ち込んだときや嫌なことがあったときに掃除をすると、綺麗になっていく部屋を見て嫌なことを忘れやすくなることがあります。

片付けとは分類することなので、ある程度論理的思考力があればすぐに上手になるはずです。
もし、これから片付けを始めようと思っているのならば、大切なのは一気にやらないことです。

机の上だけ片付ける、シンクだけ片付ける、この引き出しだけ片付けるなど、必ず1つに絞ってください。

一気にやろうとするととても体力が必要になり、嫌になってしまう可能性があります。
週に一度の掃除では、約20分の掃除をするのが良いですね。

このぐらいの短い時間であれば、忙しい中でも捻出しやすいのではないでしょうか。
20分を過ぎてしまったら、その日の掃除はおしまいにします。
もっと続けたい、と思うくらいでやめることが、モチベーションをキープするコツです。
何もかもを一気にしてしまわず、少しずつ繰り返していくことで、自分なりのルールや流れが見えてくるでしょう。

寝室部屋を掃除しよう!!

部屋の掃除をしてビフォーアフターさせる方法についてはお伝えしましたが、寝室も掃除して綺麗にしていきましょう。

寝室は疲れた体を休息させるための大切な場所です。
1日の疲れを癒す場所だからこそ、キレイにしておきたいものですね。

寝室の掃除で最も重要なのは、湿気やカビの対策です。

晴れの日は、起きたら窓を開け風を通すよう心がけましょう。
枕カバーに着いた髪の毛は、粘着シートなどで取ります。
お布団やベッドパットは、月に数回外で干すことで湿気を取り、取り込んだら掃除機をかけます。

布団カバーなどの洗濯ができるものは、月に数回洗濯してください。
お布団をたたんで片付ける場合は、朝起きてすぐにしてはいけません。
しばらく置いておき、湿気を飛ばしてから片付けるようにしましょう。

寝室の床・畳の掃除の仕方をご説明します。
フローリングの場合は、まず掃除機をかけ、ゴミを吸い取ります。
次に固く絞った雑巾で水拭きし、その後乾拭きをします。
市販のフローリング専用の掃除用具が販売されていますので、活用するときは自宅のフローリングに合ったものを選びましょう。

畳の場合は、畳の目に沿って掃除機をかけ、固く絞った雑巾で畳の目に沿って拭きます。
注意点は、必ず窓を明けて風通しをし、乾燥させることが大切です。

寝室のリフォームのコツ!!ビフォーアフター

掃除すれば綺麗になりますし、気分も変わりますが、リフォームをした方がよりビフォーアフター感が出て、気分も変わるはずです。

寝室が心置きなく休める場所であるために、ベッドのマットレスや掛け布団以外にも気になることがあると思います。
寝室を快適な場所に変身させたいと思っている方のために、寝室のリフォームの例をご紹介します。

リフォーム次第で寝室の印象は大きく変わるので、どんな雰囲気にしたいかテーマを決めて取りかかることが大切です。

暗く殺風景な部屋も、ホワイトを多く使うことで明るく清潔感のある寝室になります。

寒色系カラーのネイビーの壁にすると大人っぽい雰囲気になります。
壁の色と良く合うイエローを小物に取り入れるのもポイントです。

また、天井近くからカーテンを付けることで、高さを強調して部屋を広く見せることもでき、気になる小さな窓も、敢えて窓の無い部分にカーテンを付けることで窓の小ささが目立たなくなることもあります。

逆に広すぎて空間を持て余し気味だった部分も、洗練された家具を配置することでまとまりが出ます。

全体的に色が少なく、ダークカラーのカーテンで覆われた窓からは光があまり入リづらいですよね。
そんなときは、カラフルなカーテンとホワイトの収納を追加し、窓もロールカーテンに変えることで明るい雰囲気の寝室へと変身します。

また、カーテンではなく、上下のブラインドを使うと開放感が増します。

このように、 壁の色とカーテンなどの色の相性も考えながらトータルコーディネートすれば、理想の寝室を実現することが可能です。

リフォームでのビフォーアフター!より快適な寝室にしよう

眠りのサイクルは体内バランスを整えるために重要です。
このバランスが崩れると朝起きにくかったり、日中体がだるかったり、といった不調が現れることもあります。

寝室リフォームの計画を立てる際には、眠りのサイクルを意識した環境作りについて考える必要があります。

夜はシャッターや雨戸、遮光カーテンを取り入れて暗闇を作り、朝はやわらかな光が入り込むような昼夜のバランスが取れた環境が最も良いです。

寝室リフォームの場合は、窓周りを意識しておくことが大切です。
窓は、外からの音や光、冬の冷気など睡眠の妨げとなるようなものが入りやすい場所です。

例えば、西向きの窓の場合夏の西日が室内の温度を下がりにくくし、寝苦しい環境を作り出してしまいます。
この場合は、西日を入れないようにする工夫が必要です。
このように、窓の構造を見ながら眠りを妨げる要因がないか探りましょう。

もし、人の話し声や歩く音など外の音が気になって眠りにくいということがあれば、防音が十分になされていないのかもしれません。
心地よい睡眠のためには、静かで落ち着いた雰囲気であることが重要です。
寝室リフォームの際は、特に防音に気を配りながら空間を作りましょう。

また、寝室は衣類や小物、本など意外と物が多くなってしまいます。
これらの物を収納するためにタンスやクローゼットが必要となりますが、その配置にも気を配ることが大切です。

掃除やリフォームをして、素敵な部屋や寝室にビフォーアフターしましょう。

部屋の掃除で快適な部屋作り

部屋の掃除ってなかなか進まないって方多いのではないでしょうか?

掃除が苦手な方は、時間を決めてやるのがおすすめです。

また物を捨てるということも部屋を綺麗にするポイントになります。

意外に部屋には使っていないものがあふれています。
今回ご紹介したことを参考にして、掃除を始めてみてください。

 - 寝具全般