布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

秋の小物を取り入れて、色づく季節を表現する秋のインテリア

2016.12.16

ちょっと肌寒さを感じると、もう秋なんだな・・と感じる時期になりますよね。

せっかくの季節ですし、インテリアも秋らしく模様替えしてみたいと思いませんか?

秋らしさを感じるインテリアを演出するには、秋のテーマカラーを使うことが重要です。
今回は、夏から秋に簡単に模様替えできるポイントや秋らしい小物の使い方などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

二段ベッドには布団乾燥機が有効!毎日清潔なお布団で休もう

二段ベッドを使用していると、お布団を干すのに苦労しますよね。 お布団は重いのに、抱えてはしごを...

新築が欲しい!家は建売?それとも注文?値段のポイントは?

自分のマイホーム、憧れますよね。 手に入れるなら、やっぱり新築が欲しいと思うものでしょう。 ...

海外風おしゃれなベッドルームにするにはどうしたらいいの?

海外ドラマに出てくるような、おしゃれなベッドルームに憧れませんか? 海外のベッドって、どうして...

ペットのベッドは手作りできる?作り方と注意点をご紹介!

愛犬や愛猫が寝ている姿って非常に癒されますよね。 できるだけ気持ち良く、寝心地の良いベッドで休...

新築のキッチン照明を選ぶ時に失敗しない選び方!!

部屋の雰囲気や使い勝手に大きな影響を及ぼす照明。 細かい作業中心のキッチンでは、リビングやダイニン...

ベッドがギシギシうるさいときの対処法!不快な音の原因は?

ご自宅のベッドから「ギシギシ」と、うるさいきしみ音が聞こえてくる場合、その原因はいったいどこにあ...

マットレスは中古でも買取ってもらえる!?買取のポイント

引越しなどで、新たにマットレスを新調した場合、中古マットレスをそのままゴミとして処分してしまっている...

ベッドの収納は自作できる?お部屋の収納力をupさせよう!

ベッドの上は、ただ眠るだけで使っている方と、眠る前にくつろいだり読書をしたりする方に分かれますよね...

マンションに多いリビング・ダイニングの家具配置方法のコツ

マンションに多い、リビング+ダイニングの家具配置ってどうやって置くのがいいのか? なんて疑問を...

新築時、床の色選びに迷わない為に!フローリングの色別特徴

新築時に床の色を決めるのって難しいですよね? フローリングはそう簡単に張り替えられるものではな...

冬の寝具はどう洗濯する?早く乾く良い方法ってなにかある?

寝汗は1年中かくので、冬でも寝具を洗濯したくなりますよね。 しかし、夏と違って乾きが悪いので困...

人気の天蓋付きベッドをご紹介!ホテル仕様なデザインを厳選

宮殿や高級ホテルにいるような雰囲気を味わうことができる天蓋付きベッドは、根強い人気があります。 ...

目的別!西川マットレスのおすすめはこのモデル!

西川のマットレスは、1969年に床ずれ防止用として病院向けに開発された「クレーター状マットレス(...

心和む空間。昭和レトロな部屋づくりを人気ブログから学ぶ!

数あるインテリアテイストの中でも、注目度の高い「昭和レトロ」。 どこか懐かしく、温かみの感じら...

ベッドの高さを上げると、どんなメリットデメリットがある?

意外と後悔が多いベッドの高さ、気にしないで購入してしまうと後々大きな後悔をすることになります。 ...

スポンサーリンク

秋らしさをだすには秋のテーマカラーを使ったインテリア

秋のイメージと言えば「紅葉」や「秋に色づく実」ですね。

秋らしいインテリアを目指すならオレンジが代表的な色ですが、テーマを意識して秋らしいアイテムを選ぶと一気に雰囲気を作り出してくれます。
秋の代表的なイメージである栗や柿などの木の実や落ち葉を使うと実りの秋を演出してくれます。

テーブルに落ち葉を散らしたり、秋の木の実をお皿に乗せてインテリアの一部にすると、季節を感じさせる素敵なお部屋にしてくれます。

朽ちて薄くなったようなパステルカラーや、円熟の季節である秋にはブロンズ色も秋らしさを醸し出してくれます。

また、少しく澄んだシルバーウエアはフレッシュで鋭い印象を与えるため、秋らしいインテリアにマッチします。
インテリアには落ち葉色のグラデーションカーテンは色づいた木々のようにも見え、天然素材で作られた造花やドライフラワーを置くと手軽に秋らしく彩ってくれます。

お月見や紅葉狩り等の伝統的な秋の行事を表現する小物を使えば、和テイストの秋インテリアが出来ます。

季節の移り変わりを表現して、秋のインテリアを楽しんでみましょう。

秋といえばハロウィン!カボチャの小物で秋らしく

秋らしいインテリアにするには、小物選びがポイントです。

インテリア雑貨のお店に行けば、秋らしい置物を購入するすることが出来ます。
お金をかけたくない!という方はお散歩がてら外に出て、松ぼっくりやどんぐり、イチョウやモミジなどを拾ってきてお皿やトレイに乗せて飾れば、素敵に秋を演出してくれます。

テーブルのセンターピースや出窓、サイドテーブルなどにさりげなく置くと秋を感じさせてくれます。
小物にプラスして秋をイメージさせてくれるオレンジ、茶色、黄色、赤なども上手に取り入れてみましょう。

また、秋のイベントと言えばハロウィン、ハロウィンと言えばカボチャを連想しますよね。
大きいオレンジのカボチャをドア付近に置くだけで、一気に秋を感じる事が出来そうです。

ハロウィン仕様にお部屋のインテリアをコーディネートするのも、季節を感じさせてくれます。
ハロウィンの時期には小物も沢山売っていますので、手軽にインテリアに取り入れられます。

秋らしいインテリアは生活の小物使いで

簡単にできる模様替えは、まずファブリックを変えることです。

お家の中を見回してみると、カーテンやラグ、クッション等ファブリックは沢山ありますのでチェックしてみましょう。
お家に入って一番最初に目に入るのが玄関であり、玄関先に季節感を表現する事が一番効果的です。

カーテンなどを季節ごとに変えることは難しいですが、玄関マットは簡単に交換できるため気軽に取り入れられます。

もし、模様替えを機会にカーテンを変えたいと思う方は、オールシーズンに使えるイエローベースのカーテンや、マットなグレーを選べばインテリアのポイントカラーの選び方次第で自在にアレンジする事が出来ます。

リビングで一番簡単にできる模様替えは、クッションカバーです。
1、2個カバーを変えるだけで、お部屋の雰囲気を変えてくれます。

秋らしいアイテム小物はファッションと同じく、タータンチェックやボーダー、レザーアイテム、ふわふわのファーアイテム等がありますので、上手に取り入れてインテリアに季節感をプラスしましょう。

ベッドルームは人目には触れず、カーテンと同じく季節によってベッドリネンを変える事は難しいですが、一部分だけでも色や素材を変えるとグッと季節感を出してくれます。

ちょっとしたところに秋らしさをプラスしましょう

秋の模様替えを簡単に、手軽にしたいという方は、玄関やリビングに置いてある小物を少し変えてみたり、足してみたりしましょう。

秋冬はブロンズや赤銅色などの小物に木の実や落ち葉などを使ってアレンジすると、温かみを出してくれます。
また、クロシェ編みの物や、編み途中の毛糸を置くと手作り感のある柔らかな雰囲気になります。

木の実や落ち葉の他にも、アンティーク色のドライあじさいやパンプキン、枝ものリースを取り入れてみるのも良いでしょう。
特に枝ものリースはコストパフォーマンスも良い為、気軽に秋冬使うことができます。

秋はリボンをオレンジや茶色を使い、クリスマス時期はグリーンに変えると季節感をガラッと変えてくれます。
落ち葉や木の実を拾う際、気に入った色合いの枝を見つけたら、大きな花瓶やビンに無造作に生けると秋らしく華やかになります。

森の紅葉をイメージする小物をインテリアに取り入れて、秋らしい雰囲気を楽しんでみましょう。

生活空間全てに秋らしさを取り入れてみる

秋を感じさせてくれるリビングを演出するには、ベージュ系の色合いに落ち着いたオレンジを使うことでとてもしっくりきます。

落ち着いた雰囲気の中に、ソファカバーやキャンドルでオレンジ色を取り入れると程良いバランスを生み出します。
壁一面にオレンジを使うと刺激が強そうなイメージもしますが、合わせる小物によってセンスの良さを感じさせてくれます。

オレンジを持ってくることで、華やかな雰囲気をつくり出すこともでき、どの色合いにもうまくマッチできる特性を活用することが出来ます。

キッチンは、白いコンロにダークブラウンのチェアーを置き、クッションやタオルなどの小物にオレンジを使うと、あえて渋めなインテリアにオレンジがとても映え、温かみを感じさせてくれる空間になります。

ダイニングには、グレージュやネイビー等の寒色系を使いつつ、ワンポイントにオレンジのアイテムを使うと寒色系の発する暗い雰囲気を中和してくれます。

ベッドルームは、大きくインテリアを変えることは出来ない方も多いかと思いますので、どの季節にも合うグレー系のシーツにオレンジの枕やカバー、マットなどを取り入れてみると、暖かさを演出出来ます。

紺のチェックや照明にオレンジをいれると、シャビーなカントリー調のベッドルームになり、男性的なアイテムが多い家でも取り入れやすくなります。

秋らしい和の小物を寝室のインテリアする

畳で作られたベッドに味のある小物を合わせ的「和の空間」を演出してみましょう。

そこで、これから秋冬に向けて花ろうそくや間接照明を取り入れましょう。
花ろうそくは、北国発祥のろうそくで、芯に手書きの花模様が描かれており、心を和ませてくれます。

また、芯が太いため、炎に表情があり味わいを出してくれ、ほっこりした気持ちにさせてくれます。

間接照明は、既製品を購入する事で簡単に取り入れることが出来ますが、和紙で電球を囲み模様を描けば手作り感のある照明を簡単に作ることができます。
インテリアに手作り感をプラスすると、ほっこり感をより高めてくれます。

また、信楽焼の香立などでお香を焚き、香りの演出をするとリラックス出来そうですね。

そして渋めなイメージにプラスしたいのが、優しい色合いでありながら個性豊かな絵柄の手ぬぐいです。
額に入れて、壁掛けにしたり、香立の下に敷くだけでお部屋を色づかせてくれます。

お部屋の雰囲気や自分の好みに合う小物を見つけて、ほっと一息つける空間を演出してみましょう。

秋はすぐ過ぎるので楽しみたいですね

いかがでしたか?

つい最近まで暑かったはずなのに、あっという間に秋になってしまいますよね。

秋ってすぐに過ぎていってしまうし、なんだか寂しい気持ちになってしまいますよね。

でも、そんなすぐ過ぎてしまう季節も、お部屋に取り入れると、素敵なインテリアになること間違いなしですね!

 - 寝具全般