布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ナチュラルなインテリアをdiyして、寝室をアレンジしよう!

2016.11.27

昔から住んでいる家だけど、そろそろ自分好みの部屋に変えたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

でも、建て替えやリフォームするのにもお金が掛かるし、どうしよう・・・とお困りな方!
100均などのナチュラル素材で、インテリアをdiyして、アレンジしてみませんか!?

今回は、寝室はもちろん、リビングにも置けるインテリアのdiy方法をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

モダン?シンプル?シンプルモダンインテリアってなに?

モダンインテリアは、モノトーン基調で無機質な素材、直線的な家具を使用しているのに対し、シンプルモダン...

快晴の空に舞う!黒い「いったんもめん」布団干し袋の謎

良く晴れた日、ご近所のベランダで黒いいったんもめん(ゲゲゲの鬼太郎にも登場する妖怪のことで一反木綿と...

バリアフリーにお家をリフォーム、値段はいくらくらいなの?

人は、年を取るにつれ今住んでいるお家をバリアフリーにしたいと思うのではないでしょうか。 しかし...

uvカットカーテンの効果は?寝室用カーテンはどれを選ぶ?

紫外線が室内に入り込むのは、ほとんどが窓からです。 明るい窓辺では、直射日光の80%もの紫外線...

インテリアをしよう!和室にベッドを置いて素晴らしい部屋へ

和室にベッドを置くと素敵な部屋になることを知っていますか。ベッドと言ったら洋室のイメージをする人が多...

ベッドを天井に収納すると圧迫感がないすっきり空間に早変り

何もない部屋はとても広く見えるのに、家具などを置いてインテリアを充実させると、思ったよりも狭くなって...

使い古しの枕やお布団を自分好みのクッションにリメイク!

使わなくなった枕、どうしてますか? 「ただ単に捨てるのはもったいないな」とお考えの人は、ちょっと待...

家具を塗装してみよう!塗装するなら白がおすすめ?塗装方法

長い期間使用していて愛着が湧いて捨てられない、デザインは古いけど便利だからまだ使っていたい、趣味が変...

寝室のベッドは子供と一緒?ベビーベッドはどうする?

子供が生まれたら、ベビーベッドはどこに置きますか? 寝室で一緒にという方もいれば、リビングに置...

ベビーベッドのマットレスにカビが!!これって取れるの!?

ベビーベッド・ベビー布団のマットレスを利用する際の問題として、ベビーベッドの湿気やカビの問題がありま...

低反発枕は洗濯してはいけない?乾かないのはなぜ?

低反発の寝具って、もっちりとした肌触りで体にフィットして、人気の商品ですよね。 特に、低反発枕は持...

照明のダウンライトはリビングや寝室にはどうなの!?

おしゃれで邪魔にならないダウンライトは、今の家でも多く取り入れられています。 そんなダウンライ...

押入れとクローゼットの違いは?収納におすすめなのは?

押入れとクローゼットの違いってご存知ですか? 押入れは主に和室にある収納場所で奥行きがあるもの...

毎日使うベッドがギシギシ言う!うるさい音への対処法は?

勉強や仕事など、日々の疲れを癒してくれるのがベッドですよね。 そんな快眠を得るためのベッド...

二段ベッドに使うのはお布団?マットレス?おすすめは?

一人分のベッドスペースで二人分のベッドが置ける二段ベッド、利用していますか? 小さいお子さ...

スポンサーリンク

小物系のインテリアをdiy

高価な雑貨店の雑貨を飾るだけでなく、100均のアイテムを使うことでもおしゃれなインテリアをdiyすることできます。

ここでは、100均でも手に入る「焼き網」を使ったナチュラルなウォールシェルフの作り方を紹介します。

まずは、焼き網を直角にまげて、ワイヤーやアルミの針金などで固定してください。
そして、ピンやフックで壁に掛けるだけで完成です!!

ナチュラルな雰囲気にするのなら、ブラウンやベージュで網を塗るとよりオシャレ度がアップします。

ピン一つに関しても様々なものがあるので、ウッド状のナチュラルなものを選んだり、アンティーク調のものを選んだり、逆にポップなものを選んだりと、どんなものを選ぶかで雰囲気がぐっと変わるので、自分の好みに合ったものを選ぶだけでオリジナルのウォールシェルフが出来ます。

そしてウォールシェルフが完成したら、好みの小物を並べても良いですし、好きな写真をフォトフレームや額縁に入れて飾ってもお部屋の雰囲気がぐっと変わりますね。

ナチュラルな素材をdiyでひと工夫

100均に売っているものや、別のものとして使っていたものを簡単にdiyするだけでおしゃれに壁を飾ることで、素敵なインテリアを作ることができます。

そんな簡単なdiyをいくつか提案していきます。

①もう使わないマットがあったり、お気に入りのマットを買ってみたという方、それを壁に飾ってみるのもおすすめです。
アレンジしなくて、普通の小物では出ないナチュラル感が出ます。

②クリップやフックを使って、お気に入りのポストカードなどを吊るすインテリアもおすすめです。

おしゃれなカーテンクリップを使うのも良いですし、お気に入りのクリップを探すのも良いです。

③100均でも手に入るシンプルなリースを自分でアレンジして飾るとおしゃれなインテリアになります。
コサージュを付けたり、リボンを結んだり、アレンジは無限です。

④シンプルなポーチを複数つなげて、壁に並べれば即席のウォールポケットが完成です。

⑤コルクボードをアクセサリースタンドにするのもおすすめです。

ピンでお気に入りのアクセサリーを飾ったら、それだけで素敵なインテリアになりますね。

ふすまも洋風ナチュラルインテリアにdiy

ナチュラルな雰囲気の部屋にしたいけれど、和の部屋だから浮いてしまってインテリアがしっくりこない、と悩んでいる方もいるでしょう。
そんなあなたも、ちょっとdiyすることでナチュラルなお部屋を作ることができます。

まず、和の部屋でどうしてもナチュラルな雰囲気を邪魔してしまうのがふすまです。
そんなふすまをアレンジすることで、ナチュラルなインテリアがぴったりと似合うお部屋にしていきましょう。

1つの方法は、100均でも手に入るレンガ風のシールと白色のべニアを使う方法です。
べニアの板を貼り、レンガ風シールで飾るというもの。
ふすまがあったなんて気が付かないほど、一気に洋風に変身します。

2つ目の方法はマスキングテープを使う方法です。
専用のアレンジシートを使わなくても、木目調などのマスキングテープを使うことでもリメイクすることができます。

お部屋の雰囲気や、これから作りたい雰囲気に合わせてマスキングテープを選ぶことで、素敵な部屋を作ることができます。

ベッドのヘッドボードもナチュラルにdiy

ナチュラルなインテリアを作ろうと思うと、ナチュラルな小物を置いたり、壁を塗り替えるdiyをしたりすることを考えるかもしれませんが、ベッドのdiyは考えたことがありますか?

実は、ベッドのヘッドボード、つまりベッドの頭の側についた飾り板を変えるだけで、寝室の雰囲気がぐっと変わるんです。
海外ではdiyが盛んにおこなわれている場所なんです。

まずおすすめするのは収納ヘッドボードです。
ベッドに横になった時、手の届く範囲にいろいろと置けるのは嬉しいですね。
小物類を置いたり、スタンドライトを置いたりと、アイデア次第でいろいろな楽しみ方ができそうです。

次におすすめなのはビンテージなウッドパネルのヘッドボードです。
ビンテージな風合いによって温もりのある寝室になります。
ペイントしたり、文字などを書き入れたり、アレンジも楽しめます。

その他に、すのこをヘッドボードにアレンジしたり、ベッドカバーと同じ色の布を張ってリメイクする方法も簡単にできるdiyとしておすすめです。

小物も置けるインテリアに。ヘッドボード活用法

リビングに玄関、キッチンなど、インテリアに凝りたい場所はあるでしょう。
寝室のインテリアにも凝ることでリラックスした上質な時間を過ごすことができますね。

そんな中でも、ベッドボードをdiyしてナチュラルなインテリアに仕上げたいくつかの例を見てみたいと思います。

①シェルフ型のヘッドボード
シェルフの中央をベッド用のスペースにすることで、ベッドで過ごすときに使うものを置くことができますし、お気に入りの小物を飾ることができますね。
箱型にすれば収納力がアップしますし、スマートなデザインになります。

②すのこを立てかけたヘッドボード
すのこを立てかけることで、棚をつけたりフックをかけたりとアレンジは自在です。
証明にランタンをかけて使うと、ナチュラル感も増しておしゃれですね。

③暖炉のマンテルをヘッドボードに
暖炉を置きたいと思っている人にもおすすめですし、暖炉のマンテルの雰囲気が好きな人にもおすすめです。
物を置く場所にもなりますし、ぐっとおしゃれな雰囲気になります。

diyの注意点

ナチュラルなインテリアに憧れて、diyを初めてはまってしまったdiy女子という言葉ができるほど、diyの人気が高まっています。
しかし、自分にとっては楽しいことでも、いくつか周りに配慮すべきこともありますので気を付ける必要があります。

まずは騒音です。
電動工具の音や釘打ちなど、かなりの音が出ます。
周りの人にとっては不快に思うことが考えられますね。

音の出る活動は極力日中にして、さらに床材をクッション性のあるものにしたり、壁に吸音材にするなど周りへの配慮が大切です。

次に片づけです。
木くずなどの後もが出ますし、塗料による汚れも生じます。

掃除のしやすさを考えて床に養生シートを敷いておくと良いです。
空中に舞った木くずなどのことを考えると時間がたってから再度掃除するのがおすすめです。

もう1つ、換気に気を付けましょう。
ボンドや塗料などを使いますので、換気をしっかりとして作業を行うのがおすすめです。

小さい子どものいる家庭などでは、なるべく安い塗料は使わず良い塗料を使うことも考えたほうが良いかもしれません。

diyでお気に入りの部屋にしよう

いかがでしたか?

ベッドを買い換えたり、リフォームするのにはとてもお金が掛かりますが、材料を揃えてdiyしてしまえば、安上がりで、自分の思い通りのインテリアにすることができます。

diy初挑戦する方は、手軽で簡単なものから始め、少しずつ工具の扱いに慣れていきましょう。

 - 寝具全般