布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

リビングダイニングの窓に付けるカーテンの選び方のポイント

2016.11.26

家族やお客さんが集まるリビング、ダイニングの窓のカーテン選びも慎重に行いたいものですよね。

何でも良いではなく、少しでも素敵なものを選びたいと思うものです。
しかし、果たして何を基準に選んだら良いか迷うものです。

どんな風に決めていったらいいか、カーテン選びのコツやポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ベッドの柵が意外と危険?ベッドガードで子供を守ろう!

赤ちゃんや子供は、寝ている間に上へ行ったり、下に移動したり、寝相が悪い事もあります。 寝返りを...

インバーター蛍光灯が壊れた!自分でできる修理の方法とは?

インバーター蛍光灯は、蛍光ランプ特有のチラツキがなく、目にとても優しい明かりです。 また、 高周波...

部屋の湿度が80%になっちゃった!高湿度だとどうなるの?

皆様の部屋や寝室の湿度は、どのくらいでしょうか。 じめじめしすぎて寝苦しかったり、乾燥しすぎて...

日本の冬は湿度が低い?乾燥しているとどんな影響がある?

日本の冬は湿度が低いと言われますが、はたしてそうなのでしょうか? また、乾燥していた場合、人体...

インバーターの蛍光灯とは?寝室の場合は交換すべき?

蛍光灯には、グロー、インバーター、ラピッドといった種類がありますが、一体それぞれ何が違うのでしょうか...

子ども部屋がきれいに片付く収納術!ブログに投稿して収入?

子ども部屋って、すぐに散らかります。 まだ小さい子だから仕方ない、なんて諦めていませんか。 ...

海外風おしゃれなベッドルームにするにはどうしたらいいの?

海外ドラマに出てくるような、おしゃれなベッドルームに憧れませんか? 海外のベッドって、どうして...

家具を塗装してみよう!塗装するなら白がおすすめ?塗装方法

長い期間使用していて愛着が湧いて捨てられない、デザインは古いけど便利だからまだ使っていたい、趣味が変...

ベッドにすのこを選ぶメリットは?デメリットもあるの?

1日の疲れを癒すために、睡眠はとても大切なものですよね。 快適な睡眠を得るためには、使用する寝具に...

シングルベッドやダブルベッドの掛け布団サイズの選び方

お布団の上げ下げの必要もなく、クッション性のいいマットレスで腰にやさしいとも言われているベッド。 ...

部屋の天井と壁にカビが生える原因と掃除&防ぐ対策方法は?

ふと、部屋の天井や壁に目を向けると、『カビが生えてる!』なんて経験ありませんか? 梅雨時や、窓ガラ...

寝室のベッドは子供と一緒?ベビーベッドはどうする?

子供が生まれたら、ベビーベッドはどこに置きますか? 寝室で一緒にという方もいれば、リビングに置...

賃貸住宅の退去時に、部屋の清掃代は支払わないといけない?

賃貸住宅の退去時にハウスクリーニングが行われますが、その清掃代を突然請求されたら驚く方もいらっしゃい...

フローリングの上にカーペットは滑る!滑り防止アイテムは?

フローリングの上にカーペットを敷いている方は多いと思います。 カーペットを敷くと床の傷防止になった...

モダン?シンプル?シンプルモダンインテリアってなに?

モダンインテリアは、モノトーン基調で無機質な素材、直線的な家具を使用しているのに対し、シンプルモダン...

スポンサーリンク

リビングダイニングの窓のカーテンを選ぶポイント

リビングダイニングの窓のカーテンは、家のカーテンの中でも一番目立ちやすく、家の雰囲気を決める大切な部分と言っても良いでしょう。

家族がいつも集まる場所ですし、お客さんを通す場所でもあります。
そのため、他のインテリアとのバランスなども考え、全体のイメージに合ったものを選びましょう。

柄や色によって、カーテンは主役にも脇役にもなりますが、頻繁に交換するものではないことも考えると、ワントーンのカーテンを選択するのが無難だと思います。

子供部屋などは可愛らしい柄物のカーテンも似合うと思いますが、リビングダイニングには落ち着いたトーンのカーテンがかえってすっきりして素敵です。

また、カーテンを選ぶときには色や柄だけでなく、カーテン地の厚みや、ドレープの数、カーテン床の長さの関係など、細かいところまで検討して選ぶとグッと高級感のある窓際になってきます。

家全体の雰囲気を作り出してくれる素敵なカーテンを選んでみてください。

風水を活用して選ぶリビングダイニングのカーテン選び

リビングダイニングの窓にかけるカーテンをどのようなものにすれば良いか迷った時には、風水の考え方を活用してみるのも良いかもしれません。

風水では、窓のついている方向によって部屋にふさわしい色がかわってきますし、とり合せる色によって運気をアップすることもできると考えられています。

たとえば、南向きのリビングダイニングには、光を取り込んで「火の気」が強くなっています。
そのため、ベージュや白のカーテンをシンプルに取り入れたり、柔らかなグリーンのカーテンにすることで運気をアップすることができます。

派手な色のカーテンは風水の考え方ではあまり好まれないようです。

また、日差しをたくさん取り入れるほうが運気がアップするので、風水では遮光カーテンもあまり推奨されていません。

リビングのカーテンは夜間に外から見えにくいよう厚手のものを選ぶことも多いかと思います。
それでも日中は日差しを遮らないようにすっきり開けるなど、気を付けたほうが良いでしょう。

色で選ぶ!リビングダイニングにおすすめなカーテン

続けて、風水の考えを活かして選ぶリビングダイニングの窓のカーテンについて考えていきましょう。

残念ながら日あたりがあまり良くないリビングダイニングもあると思います。
しかし、窓にオレンジ系のカーテンをかけることで、元気な「火の気」を取り入れることができます。

風水によるとオレンジ色のパワーは良縁を引き寄せるとも言われていますので、人間関係の向上につながるでしょう。
恋愛運も職場の人芸運もアップします。

体や気持ちが疲れることが多いと感じる人は、カーテンをグリーン系にするのも良いでしょう。
リビングはリラックスする空間でもありますので、精神的に落ち着けるように部屋のカラーのトーンを落とし、やさしい緑色で癒し効果を高めましょう。

ワントーンでは部屋の中がさみしくなってしまうと感じるときもあります。
そんなときは、カーテンを柄物にするのではなく、クッションやソファーカバーなどの小物を替えたり、ファブリックパネルなどを壁にかけたり、差し色を使うことで個性を演出しましょう。

リビングダイニングのカーテンの種類は??

カーテンの色だけでなく、カーテン自体の種類も、リビングダイニングの窓にかける時には良く考えたいものです。

布製のプレーンなカーテンだけでなく、ブラインドやロースクリーンも選択肢として加えてみてはいかがでしょうか。

以前はアルミ製のものがほとんどだったブラインドも、最近では紙製のものや竹製のもの、軽くて丈夫なプラスチック製のものなどさまざまな種類が販売されています。

価格も手ごろですし、羽を調整したり巻き上げたりすることで、採光や風通しも好み通りに調整することができます。

デメリットがあるとすれば、一枚一枚の羽根の掃除が少し面倒だということでしょうか。

また、あまり開け閉めすることがないという場合は、ロールスクリーンにしても良いかもしれません。
ドレープがないため、すっきりとシャープな雰囲気を演出できます。
布製のカーテンも、ドレープの数や布地の厚みで雰囲気が変わってきます。
どの種類にするか、好みに合ったものをじっくり選んでみましょう。

寝室の窓に付けるカーテンは??

リビングダイニングの窓にかけるカーテンは、昼も夜も、家の雰囲気を決める重要なポイントです。
色などの目から入る情報を重視することがほとんどでしょう。

しかし、寝室の窓にかけるカーテンはどうでしょうか?
寝室はリビングと違って、プライバシーを守るために室内からの透けを防止する必要があります。

また、熱さや寒さを防止するための遮熱効果を期待したり、ゆっくり眠るための防音効果を求めるなど、安眠効果のための性能をカーテンに求めていることがあります。

そのため、寝室のカーテンは厚手のものをおすすめします。

防音効果があると書かれているカーテンは、厚手で音の反射性も高く作られていますので、布一枚加えただけとは思えないほど違いが出てきます。
分厚いので遮光カーテンを兼ねることができるカーテンも多いです。

これらのカーテンを有効に使うためには、窓のサイズに合ったものを選んでください。
横幅はもちろんのこと、縦の長さも、床にぴったりつくか、それよりも少し長めぐらいのものが、高機能カーテンの効果を損なわず使うことができます。

寝室窓に最適なカーテンの色って何色?

寝室のカーテンの色はどのようなものが良いでしょうか。

リビングダイニングの窓にかけるカーテンは柔らかめの色のほうが向いていますが、寝室はリラックス効果を重視して、精神を落ち着かせると言われている色を選ぶのが良いでしょう。

上記でもお伝えしましたが、緑色にはリラックス効果があるため、疲れを取る効果があります。

また、遅くまで脳を使っている人は目に入る色を青系に変えることで気分を落ち着かせる効果があると言われています。
そのため、青色のカーテンも良いかもしれません。

ただ、どちらの色も濃すぎると息苦しさを感じてしまいますので、トーンを抑えたものにすると良いでしょう。

モノトーンの部屋はスタイリッシュで素敵ですが、寝室にモノトーンを用いるのは少し重すぎるかもしれません。

また、白や黄色など明るい色も爽やかではありますが、眠りを得るためには色が冴えすぎていて寝室にはあまり向いていません。
白系を用いたい場合は、落ち着いたベージュにするなどの工夫が必要です。

カーテン選びは慎重に決めよう

カーテン選びに決まりはありません。

床が茶色ならカーテンは暖色系を選ばなければいけない、という決まりがあったら逆に選びやすかったかもしれませんが、決まりがないからこそ、その家の特徴を出し、オリジナルの部屋が作れる楽しさがあるのです。

買い換えの頻度が少ないカーテンこそ、慎重に選び、家族が気持ち良く過ごせるような部屋作りの参考にしてみてください。

 - 寝具全般