布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

女性の一人暮らし、寂しい気持ちを和らげるには?

2016.11.19

一人暮らしを続けていると、ふと寂しい気持ちに襲われることはありませんか?

寒い時期には人肌が恋しくなったり、なんだか気分が上がらなくなったりしたとき・・・普段は一人暮らしは自由で気楽だと感じていても、孤独を感じることってありますよね。

今回は、一人暮らしの女性に向けた寂しさの解消法をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

2歳までは要注意!ベッドから落ちる危険性を考慮しよう!

大人用ベッドから落ちる事故が多発する中で、消費者庁は「2歳までのベビーベッド使用」を呼びかけてい...

かさばりがちな寝具収納!ブログ発アイディアで簡単便利に!

ご家庭の収納で、一番かさばるのは寝具ではないでしょうか。 ブログなどを見てみるとたくさんの意見...

寝室はベッドとお布団どっち?4人家族で赤ちゃんがいる場合

寝室はベッドで寝る人、お布団で寝る人、さまざまですよね。 また、4人家族で赤ちゃんのいるご家庭...

ベッドのコーディネートはおしゃれなシーツやカバーが重要!

ベッドはベッドルームの面積の多くを占めるアイテムです。 ベッド周りでベッドルームのインテリ...

電球が点かない!チカチカする!電球の接触不良を改善しよう

電球を使っていると、ときどき点きにくくなったり、チカチカしたりしませんか? そんなときに自力で...

こたつテーブルはどう選ぶ!?こたつを簡単にdiyする方法

寒い時期と言ったら、こたつテーブルですね。 今は、こたつもおしゃれなデザインが多く出ています。 ...

選ぶならシングルベッド?ダブルベッド?くっつけると便利?

新しい環境で暮らそうとする時、楽しみのひとつに家具選びがありますが、その中でも、大切なのがベッド...

憧れの海外のベッドルーム~かわいい部屋の作り方~

インテリア雑誌などで海外のベッドルームを見ると、そのあまりのかわいさに思わずため息が出てしまうほどで...

カーテンをおしゃれに遮光!おすすめの遮光カーテンも紹介

遮光カーテンと明記されていないカーテンも、閉じることである程度外からの光を遮断できますが、遮光カ...

ワンルームを快適に!ベッドスペースは「間仕切り」で区別!

ワンルームの物件は、コンパクトなつくりで家賃も安く、単身者には最適な間取りですよね。 しかし、...

ベッドの配置をどうする?ベランダ寄りに置くメリット!

ベッドの設置場所として一般的にあまり好まれないのが、ベランダ寄りです。 しかし、ベランダ寄...

部屋のドアノブが故障した!開け方は?自分で修理はできる?

開閉する回数の多い部屋のドアノブは、負荷がかかりやすいので故障をすることがあります。 がたつき...

マットレスの掃除してますか?お手入れ方法をご紹介します!

ベッドのマットレスってお手入れしてますか? 最近はお布団で寝るよりも、ベッドを使っているお宅が多い...

電源の元、コンセントのアースとは!?電磁波の危険性

私たち一般家庭で使用している家電製品の電源の元となるコンセントですが、実は、これら家電製品からは電磁...

綿と比べてポリエステルは臭いが気になる!原因と対策は?

伸縮性があり、洗ってもすぐ乾くポリエステルは、スポーツウエアやユニフォームなど、あらゆる衣類に使われ...

スポンサーリンク

一人暮らしの女性の寂しさ撃退法Part1

女性の一人暮らしは寂しいと感じる時もあります。
そのような寂しさを紛らわせるには、みんなどのようにしているのでしょうか?

紛らわし方は、一人一人方法は異なるとは思います。
紛らわし方をアンケート取ってみたところ、一番多かった答えは「テレビを見る」というものでした。
たしかに、音と映像があるとかなり寂しさは和らぎます。

テレビを見るのに夢中になって、ほんの少しの間だけでも一人でいることを忘れてしまえるのかも知れません。

長編ドラマや映画などは、2時間程度の時間があり、その間は集中して見てられます。
そのため、集中していることで寂しさが紛れ、時間もあっという間に過ぎてしまうのです。

少しでも寂しいと感じたならば、録り溜めていたドラマや、お笑番組をとりあえず見てみると良いかもしれません。

ただし、ふと我に返って自分を見つめ直してしまうと、紛らわしていた分、更に寂しさや虚無感に襲われてしまうことがあるので注意が必要です。

一人暮らしの女性の寂しさ撃退法Part2

女性の一人暮らしの寂しい時間を紛らわせるのに、テレビが有効だとお伝えしましたが、良い方法があります。

・外出する
・家に友達を呼ぶ
・家事をする
・音楽を流す

などの方法が有効です。

もし、一人暮らしで寂しいと感じたならば、とりあえず外出してみませんか。
遠出をする必要はありません。

近くのドラッグストアや、図書館で十分ですし、お腹がすいたらレストランや、スーパーでも良いのです。
普段から一人で、ふらっと行ける馴染みの定食屋などを作っておくのも良いですね。

外出することで、季節感を感じたりもします。
本を一冊持って喫茶店に入って気分転換するもの良いですね。

他には、友達を家に招いて鍋パーティーや、たこやきパーティーなんかも楽しくて良いです。

また、家事を熱心にして、一心に鍋などを磨いていますと、不思議と心が落ち着いて寂しいという気持ちが軽くなってきます。

これらの方法で最近していないことがあれば、是非試してみてください。

寂しい気持ちがストレスになると不眠症をもたらす

一人暮らしの女性は、何かと寂しい思いをしている方もいると思います。
寂しさやストレスはやがて不眠症につながりますから、注意が必要です。

ストレスには、ちゃんとした理由があります。
ストレスは交感神経へと働きかけ、命の危機が訪れた時に素早く行動できるようになっています。
症状は、興奮させたり、血圧を高めにしたりして、自動的に準備してくれる働きがあるのです。

しかし、職場でのストレスは命の危機と呼べるほどの状態ではありません。
職場のストレスが不眠症を引き起こすのは、微力ながらも興奮状態や緊張状態が過度に続くことで、自律神経のバランスを崩してしまうからです。
自律神経のバランスが崩れてしまった場合、眠りにくくなったりして不眠症へとつながってしまいます。

体の防御反応が病気へとつながってしまうのは、皮肉なことですが、ストレスとうまくつきあうことが大切です。
コントロールしなければ、後々取り返しのつかないことになるということもあります。
コントロールできるようにストレスを解消する方法を探しましょう。

一人暮らしの女性でもできる仕事のストレス解消方法

現代社会ではストレスがまったくない状態でいられる生活することは、残念ながら不可能です。

誰もが、何かしらのストレスを感じて生きています。
そのため、ストレスをなくすことに重点をおくのではなく、ストレスをそのまま受け止め、ストレスとうまくつきあって、過度にストレスを感じないようにすることが大切なのです。

そのようにするためには、普段から考え方や行動に工夫をしなければなりません。

具体的には、仕事での完璧主義をやめることです。
完璧主義の人間は、ときとして相手にも完璧を求めてしまいがちです。

しかし、完璧な人間は存在しないことを認め、相手にも完璧を求めることをやめる努力をしましょう。
そうすることで対人関係が良好になり、ストレスを増やさなくて済むのです。

また、ウォーキングやランニングなどの運動によってストレスを解消するのもおすすめの方法です。

良好な人間関係を築けた一人暮らしの女性は、恩恵も多く、一人でも寂しいと感じづらくなります。

一人暮らしの寂しい気持ちを睡眠で解消

多くの女性が自由や気ままさを求めて一人暮らしを始めるものです。
しかし、ある程度一人暮らしにも慣れてくると、そのタイミングで寂しいという気持ちが込み上げてきたりするものです。

そうなると親と同居していた時には感じなかった、ちょっとした愚痴や気ままに話しかける相手がいるということが、どれだけ大事なことなのかがわかります。
家族に初めてありがたみを感じるようになったりするものです。

心身ともに疲れきった状態で家に戻って扉をあけると、そこには、なんとも言えない静かな空間だけがあり、一気に寂しさや不安がこみ上げてしまいます。

このような寂しさや不安を和らげるために、質の良い睡眠を取ることを心掛けると良いです。

睡眠とは、体や脳の休息であると共に、昼間に起きた出来事を整理してくれるとても大事な時間です。
質の良い睡眠が取れたことによって、心身ともに元気になり、仕事で受けたストレスなどにも負けない体になります。
ストレスの多い新社会人にとっても質の良い睡眠を取ることは、とても大事なことです。

一人暮らしの不安や寂しい気持ちが原因で眠れない人

不安や寂しい気持ちを感じているのは、何も一人暮らしの女性だけではありません。

新社会人も不安や寂しさ、またはストレスで一杯一杯になってしまいます。
新社会人は、どうしても”今”を生きることに精一杯で、なかなか”精神面”とうまく付き合っていくことができません。

そんな中、やはり睡眠がとても大事なことになってきます。
なかなか寝付けない方は、良い眠りを誘う為に、寝る前に入浴することをとてもお勧めします。

一人暮らしだと、なかなか面倒臭がったり、もったいないと感じて、お風呂にお湯をためずにシャワーで済ませがちです。
しかし、ゆっくりと湯船に浸かり入浴することで、体温が上がり、深い眠りを誘ってくれるのです。

ここで注意すべきことは、熱すぎるお湯での入浴だと、返って目が覚めてしまいますので注意してください。

ぐっすり眠れすぎて、朝起きれるかどうか不安な場合は、なるべくカーテンを朝起きた時にすぐに開けて”光”を取り入れるようにしましょう。

人は”光”によって、体が目覚めるように自然に調整されていますので、元気も出てきますよ。

寂しいときは、外に出てみては

一人暮らしで、近所に友達がいない場合などは休日に家にこもりがちです。

一人でも、用事が無くても、たまには休日に外へお出かけに行きましょう。

そうすることでちょっとした運動にもなりますし、心のリフレッシュにもなります。

また、歩き疲れて夜はぐっすり寝られるかもしれませんよ。

 - 寝具, 暮らし, 生活