布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

快眠のために!!マットレスの上に敷くおすすめな物は?

2016.11.16

おそらくほとんどの方がベッドにマットレスを敷いて寝るか、敷布団をフローリングや畳に直置きして寝ることが多いと思います。

中にはマットレスの上に敷布団やベッドパッドを敷いて寝る人もいるのではないでしょうか。

マットレスの上に敷くのは、なにが最適なのか?
上に敷いて寝ることによるメリットデメリットをご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

新築に引き戸・開き戸、選ぶ際のメリット、デメリットは?

新築を建てるにあたって、たくさんのことを決めていかなくてはなりません。 今回は、ドアについて詳...

姫系寝具カバーのおすすめ6選!通販で人気の商品を紹介

今、通販ではさまざまなデザインの寝具カバーが販売されていますが、その中でも姫系デザインの寝具カバ...

家の寝室照明を増設するなら!?寝室照明選びのポイント

家の寝室に重要な照明器具。 照明をうまく使うことで、よりムードのあるおしゃれな寝室が作れますよ...

壁のコンセントをアース付きに交換は出来る?アースの必要性

壁のコンセントについている、アースってご存知ですか? このアースというのは、家電などから出る、電磁...

睡眠を正しく取る!短時間でも深い眠りを手に入れる方法!

私たちは毎日、様々なストレスと闘いながら過ごしています。 そのストレスをリセットしてくれるのが...

ベッドのマットレスは汚れている!マットレスのお手入れ方法

毎日使うベッド。 そのマットレスは、汗や皮脂、フケやアカ、ホコリなどで汚れています。 ...

3kの間取りをインテリアを変えることによってアレンジしよう

様々な事情で、広い家に住めない方を多くいらっしゃいます。 3kの間取りで狭いのに、子供が生まれ...

読書灯のおすすめ6選!ベッドサイドで使える便利アイテム

寝る前に、ベッドの上で読書を楽しむ方におすすめなのが、読書灯として使えるライトです。 大手...

保温性が高い寝具6選!冬に最適な人気の寝具を紹介

寒い冬はお布団の中もひんやりとしていて、なかなか寝付けないという方も多いのではないでしょうか。 ...

簡単クッションフロアの貼り方!畳の上からでも張れる!

畳をフローリングにしたいと思っても、大工さんに頼むのは、お金も手間もかかるもの。 賃貸だと、張...

暑い夏の寝具はリネン素材がおすすめ!リネンの特徴とは

リネンは、暑い夏の時期にピッタリの素材です。 寝具素材というと、「綿」をお使いの方も多いと思い...

彼氏に私の部屋を素敵だと思われたい!掃除のポイントは!?

大好きな彼氏を自分の家に招くときは嬉しい反面、少し慌てますよね。 特に、突然の自分のお家デート...

睡眠が脳を元気にする!疲労の原因物質である活性酸素とは?

「疲れたときは寝るのが一番!」 昔からそのような言葉はよく耳にしますが、実はこの言葉にはち...

壁や天井のクロスがひび割れた!その原因と正しい対処法は?

ご自宅の壁や天井のクロス、ひび割れしていませんか!? 新築でも起こることです。 一体何が...

ベッドカバー、ベッドパッド、敷きパッドの正しい使い方は?

昔は畳にお布団が当たり前だったのですが、ベッドを使用している人もとても多いですよね。 ベッドが...

スポンサーリンク

マットレスの上に敷布団はNGだった!?

マットレスはそれ自体でとても快適な寝心地が得られるように作られています。
しかしながら、マットレスの上に敷布団をわざわざ敷く人がおり、これはあまり良くありません。

マットレスは適度な弾力と柔らかさがあるのですが、敷布団を敷くことで、マットレスの良さを壊すことになりかねないのです。

高い値段を出して、良いマットレスを買ったつもりが、敷布団を敷いたことにより、安いマットレスと同じ寝心地になってしまいます。
柔らかすぎの上に寝るのは、体に良くないことなのです。

敷布団自体がマットレスに沈み込み、そこに寝続けることによって、腰痛などを引き起こしかねません。
身体への負担が少ない寝姿は、立っている時と同じ姿勢のまま横になる状態と言われています。

横から見ると、Sの形になっているのです。
しかし、マットレスの上に敷布団を敷くと、Uの形になってしまって、理想の形が崩れてしまっています。

このような形で寝ても、疲れはあまりとれないのです。

マットレスの上に最適なのはベッドパッド!?

マットレスの上には、基本的に、汗取りパッドとベッドパッドの二つの物を敷きます。

これらのものは、温度と湿度を調節するのにとても役立っています。
名前も似ている婦たちのものですが、ベッドパッドはお布団の一種で、汗取りパッドは、シーツの一種なので、機能が異なっています。

ベッドパッドを使用する場合は、シーツをかけて、そのシーツを洗って清潔を保つのに対し、汗取りパッドはそのまま汚れたら丸洗いします。

マットレスの大切な機能は、睡眠時に体を湿気や暑さから守り、快適な状態に保つことにあります。
そのために、ベッドパッドを使用し、体表面から発汗した汗を十分に吸い取って、快適さを保ちます。

人は、睡眠時にコップ一杯、夏ならそれ以上の汗をかくと言われています。
これらの、汗をベッドパッドが吸って発散させるのです。

マットレスだけでは、身体が蒸れて不快になり、品質の良い睡眠はとれないのです。
このように、ベッドパッド、汗取りパッドは快適な睡眠を取るにあたって、とても重要な役目を果たしていると言えます。

マットレスの上のベッドパッドはウール素材がおすすめ!

ベッドパッドを選ぶにあたって重要なことは、パッドの素材です。

ベストな素材はウールで、身体とマットレスの間に入って、汗を十分吸収発散させ、適度に温度を調節してくれます。
ベッドパッドの一番重要な役目である、この吸湿発散機能ですが、ウールのような素材が一番適しています。

ベッドパッドの素材の中には、ポリエステルわた入りなどがありますが、木綿わたは、水分を発散させることがとても苦手ですから、ベッドパッドの最適な素材ではないともいえます。

中わたには、ポリエステルや、木綿わたでできたものではなく、良く汗を吸ってくれる脱脂綿や麻などの汗取りパッドを選ぶようにすると良いでしょう。

このように、最適な素材で作られたベッドパッドをマットレスの上に選んで快適な肌とマットレスの状態を作ることは、品質の良い睡眠を取る上で、とても大事なことなのです。

マットレスの上に直接寝るのはおすすめできない

マットレスは身体に適度な弾力をもたらして、快適な睡眠をもたらしてくれますが、直接マットレスの上に寝ることはおすすめできません。

人間は眠りにつくと、体温を調節するために大量の汗をかきます。
そのため、直接マットレスの上に寝ると、マットレス自体が汗をたくさん吸い、湿気を帯びてしまいます。

敷布団を時々天日干しする理由は、マットレスにたまった湿気を放出させるためですが、分厚いマットレスの場合、定期的に干すことはできず、ほぼ敷きっぱなしとなってしまいます。

仮に湿気をたくさん帯びたままのマットレスをそのままにしておくと、雑菌が繁殖し、ダニやカビが大量に発生してしまうことになるでしょう。
ットレスに湿気がこもらないようにすることは大切です。

そのためには、マットレスに直接寝ることはせず、ベッドフレームの上にベッドマットレスを置き、次にベッドパッドを敷き、最後にその上に敷きカバーやシーツをかけ、最後に敷きパッドを敷くのです。

これが正しいベッド用品のセット方法です。

マットレスの上に敷く効果的なベッドパッドの使い方とは?

厚みのあるベッドパッドと吸湿用・汗取り用のベッドパッドの2種類を重ねて使用すると、より快適なベッドを作ることができます。

そのため、マットレスの上には必ずベッドパッドを敷くようにしましょう。
ベッドパッドを敷いたらその上に吸湿用のベッドパッドを重ね敷くのです。

寝心地調整用のベッドパッドはある程度厚みのあるものを選び、吸湿用のベッドパッドはごく薄いものでOKです。
薄いベッドパッドのものは、洗濯機で丸洗いできて使い勝手が良いです。

また季節に合わせて敷きパッドをシーツの上に敷くことも忘れずにしましょう。

夏には汗を発散させる機能に長け、さらっとした肌ざわりになるものを選び、冬には遠赤外線性の素材のものや、マイクロファイバー素材のものなど、保温に長け、身体を温めてくれる機能に長けた敷きパッドを敷くのが良いようです。

また、パッドだけではクッション性が少ないと感じるならば、敷きパッドの使用をやめてみると良いでしょう。

高反発マットレスはマットレスの上に重ねてはいけない?

高反発マットレスはマットレスの上に重ねてはいけないのでしょうか?

答えはイエスともノーともいえます。
といいますのも、現在使用している別途のマットレスやベッドのデザインなどの影響を受けてしまうからです。

10年以上も使用している古いマットレスの上に高反発マットレスを敷くのはやめておいた方が良いということですね。
高反発マットレスは平坦なところに置くことで、効果を発揮できます。

しかし古いマットレスは、ゆがんでしまっていたり一部が落ち込んでしまっていたりするので、高反発マットレスの効果は十分に発揮できないでしょう。
さらに、腰痛や肩コリの原因になりかねませんので注意です。

また古くなくても、非常にやわらかいマットレスの上に高反発マットレスを敷くのも平坦にはなりにくいので、良くありません。

最後に三つ折りタイプの高反発マットレスを別途の上に置くのもおすすめできません。
折り目の部分ばかりに重圧がかかり、そこからゆがみが生じてしまいます。

ベッドの上に置くなら、1枚もののマットレスを置くのが一番良いと言えます。

ベッド用品を活用してよりよい睡眠を

ベッド用品は、それぞれの個別の役割を持っています。

マットレスの上にベッドパッドと敷きパッドを使用してベッドの寝心地を調節することで、睡眠環境をより快適にできます。

この機会に毎日使用するベッド用品を見直し、自分好みのベッドを探してみてはいかがでしょうか?

睡眠環境を改善することにより、生活全体の質もきっと高まるはずです。

 - 寝具全般, 睡眠