布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

寝室のカーテンを洗濯したいけど遮光カーテンの扱い方は!?

2016.11.13

光を遮り、安眠や省エネに役立つ便利な遮光カーテン・・・。

そこで、遮光カーテンをこれから使ってみようと思っている方に、遮光カーテンの目的や役割にはどういったことがあるのか、またどのようなメリットやデメリットがあるのかについてお話したいと思います。

また、長く使っていると汚れやカビが気になり始めるので、遮光カーテンの洗濯方法についてもご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ベッドパッドが重要!ウール製シングルサイズの人気商品は?

みなさん、ベッドの衛生面での対策、きちんとされていますか? ベッドマットレスは洗えないので...

寝具に住み付くダニの退治法って?洗濯でダニは駆除できる?

お布団は毎日使う物なので、いつも清潔に保ちたいですよね。 しかし、暖かく適度な湿度のある家の中...

アメリカのベッドサイズと理想のベッドの選び方

ベッドを購入するとき、国産のものか、または、アメリカなど外国産のものにしようか、悩む方もいると思いま...

ベッドで寝具の順番は決まってる?正しく敷いて快適な睡眠を

寝具売り場に行くと、様々な寝具小物が販売されていますよね。 しかし、中にはベッドパッドや敷パッ...

マンションの壁がコンクリート!メリット・デメリットは?

マンションでも住宅でも、見かけたことのあるコンクリートが打ちっぱなしの壁。 コンクリートが打ち...

腰痛を緩和!クッションを使った寝方と寝具選びのポイント

腰痛を持っている人の多くは、寝起きに痛みを感じることが多いのではないでしょうか? 睡眠環境に問...

家具や寝具のカビ取りってどうしてる?除去方法と予防の仕方

雨の続く日や、じめじめとした日、食材を放置しておくとカビが生えてしまいますよね。 そんなカビで...

ベッドの柵が意外と危険?ベッドガードで子供を守ろう!

赤ちゃんや子供は、寝ている間に上へ行ったり、下に移動したり、寝相が悪い事もあります。 寝返りを...

ダニ防止効果のあるおすすめ寝具4選!選び方も解説

ダニ防止効果のある寝具は数多くありますが、何によってその効果がもたらされているのかをご存知の方は...

トイレなどの照明をペンダントライトに!選ぶ時のポイント!

家のトイレは毎日使いますよね! トイレは、一般的に他の部屋よりも狭いですが、狭いからこそ思い切...

寝具の色で睡眠力UP!効果のあるのはどんな色?

色の効果って不思議ですね。 黒い服を着れば気持ちが引き締まりますし、パステルカラーの服を着...

ベッドで寝ると足元が冷える!お布団をかけても寒い!対策は

体は温かいのに、足だけが冷たい。ベッドで寝ると、足元が冷える。布団をかけても足元だけは温かくならずに...

部屋をオシャレにコーディネート!ベッドもインテリアに変身

最近、北欧インテリアや男前インテリア、モノトーンインテリアやDIYなどが流行していますよね。 ...

邪魔になったロフトベッド、解体する方法は?再利用できる?

一人暮らしの方のお部屋や子供部屋のベッドとして人気があるロフトベッド。 スタイリッシュなものか...

お手本は海外のベッドルーム!青系ベッドルームの秘密

海外映画などで良く見かけるベッドルームは、オシャレなイメージがありますよね。 ベッドシーツ...

スポンサーリンク

カーテンを洗濯したい!遮光カーテンのメリットとは?

部屋の雰囲気を変えてくれるカーテン。
最近では家で洗濯できるものなど様々なカーテンがあります。

ここでは、遮光カーテンについてご紹介します。

まずは遮光カーテンのメリットです。
遮光カーテンは遮光というだけあって、陽の光を遮ることを目的としています。
そのため、寝室で使われることが多いです。
朝日が眩しくて起きてしまわないように、安眠が妨げられないようにする目的もあります。

また、遮光カーテンは光だけでなく熱も遮るので、夏場や冬場にエアコンや暖房の効きが良くなり、節約にもつながります。

さらに紫外線もカットできるので、肌はもちろんですが床や家具、畳などが日に焼けてしまうのを防ぐこともできます。

さらに、露結も起きにくくなります。
そのため、遮光カーテンは積極的に利用したいと思えるアイテムです。

仕事が夜勤の人も昼間に寝るのに、とてもよい環境が作ることができます。

以上のようにメリットの多い遮光カーテンですが、実はデメリットもあるんです。

カーテンを洗濯したい!遮光カーテンのデメリットとは?

洗濯できるカーテンは嬉しいものです。
最近は遮光カーテンで、洗濯できるものもあるので、助かります。

遮光カーテンのメリットを先にご紹介しましたが、ここではデメリットについて伝えていきます。

遮光カーテンには等級があり、1級の遮光カーテンを使うと昼間でも部屋は暗くなってしまいます。
遮光が目的であるので、安眠には理想的ですが、朝になっても日の光を感じないため、寝坊してしまう可能性もあります。

もちろんカーテンと壁との隙間から光が漏れることもありますが、全体的に部屋は暗く感じられます。

暗すぎるのが気になったり、困ったりする場合の遮光カーテンの選び方は、遮光カーテンのレベルを下げるということです。

遮光カーテンの等級を変えると遮光はされますが、明るさは多少変わります。

寝室で朝は少し明るくなる方がいいという人には3級の遮光カーテンがいいでしょう。
逆にしっかり暗くしたい人は1級の遮光カーテンがオススメです。

また、同じ1級の遮光カーテンでも価格によっても、遮光レベルは変わってくるので、気をつけましょう。

遮光カーテンは洗濯しても大丈夫か?

光を遮って安眠や省エネに役に立つ遮光カーテンですが、長く使っているとカビやホコリ、汚れてが気になってきます。

そんな遮光カーテンの洗濯の仕方についてご紹介していきます。

遮光カーテンの洗濯表示に「水洗い可能」の表示がある場合は、家で洗濯することができます。

しかし、洗濯をしない方がいいケースもあります。

それは、カーテンの遮光加工がしてある部分のコーティングが劣化している時やベタつきのある時です。
このような時は、自分で洗濯するのはやめましょう。
カーテンのコーティングが剥がれて使い物にならなくなってしまう他に、洗濯機が剥がれたコーティングで汚れてしまいます。

遮光カーテンは重たいので、洗濯するのはとても重労働です。
洗濯をする人でも年に1~2回程度というのが多いようです。

また、洗濯するなら晴天の日がいいです。
乾きが遅いと、生乾きの嫌な匂いがしてきます。

遮光カーテンを洗濯するのにオススメな洗剤は、オシャレ着用の中性洗剤です。
弱洗いや手洗いなどのコースで洗濯するといいです。
柔軟剤を使うことで、嫌な匂いが消えるので消臭効果が期待できます。

遮光カーテンの洗濯の仕方・干し方

ここでは、遮光カーテンの洗濯の仕方と干し方を紹介します。

遮光カーテンを自分で洗濯する時は、洗濯機で洗濯できるものかを表示を見て確認しましょう。
水洗いの表示があれば大丈夫です。
また、ドライマークや洗濯機マークの付いているものも大丈夫です。

ただし、ドライ、ドライセキユの表示があるものは、クリーニング屋さんにお願いしましょう。

遮光カーテンには、糸を密に織って光を遮るものとポリウレタンをコーティングして遮光するものがあります。
後者のポリウレタンをコーティングしてあるカーテンを洗濯すると、ポリウレタン樹脂が溶け出してしまうことがあります。
洗濯する前に剥がれていないか湿気はどうか注意する必要があります。

洗濯可能な遮光カーテンを洗う時は、カーテンフックを外して、ネットに入れてオシャレ着用中性洗剤を入れたら少し放置しておきます。
汚れがひどい時は優しく揉み洗いします。

ネットに入れる時は、ジャバラ折りにします。
下処理ができたら、ドライコースでスイッチを入れるだけで、あとは仕上がるのを待つだけです。

脱水後は、カーテンレールに吊るして自然乾燥します。

寝室の遮光カーテンを選ぶ際の注意ポイント

遮光カーテンの洗濯の仕方を先にご紹介しましたが、寝室のカーテンを選ぶ時に気をつけることをご紹介します。

寝室の環境が乱れてしまうと睡眠の質を低下させ、それが続くと日常生活にも大きな影響を与えます。
心も身体も安心してゆったりした睡眠をするためにも、寝室に適したカーテンを選ばなくてはいけません。

選び方の1つ目は、遮光性に注目することです。
寝室のカーテンを買う時は、窓の向きが重要になります。
1日のうちで一番強い光は朝陽と夕陽です。
ただし、寝室の窓が東側にあった場合、夏の早朝でもかなり明るく、眩しさを感じます。
そのため、寝室でどの程度の光を遮りたいのかというのが選ぶポイントになります。

選び方の2つ目は、遮音性です。
道路沿いや街中に住んでいると、様々な生活音が気になります。
遮音性のあるカーテンを選べば、周りの音を気にせず、ゆったり寝ることができます。

安眠1級遮光のカーテンは、遮光性も高く、遮音性もあるため寝室におすすめです。

選び方の3つ目は、落ち着いた色づかいであることです。
部屋を落ち着いた雰囲気にしたり、目に優しいグリーンや気分を落ち着かせるブルーを選ぶのもオススメです。

遮光カーテンの寿命は?

遮光カーテンの洗濯の仕方を先にご紹介しましたが、寝室のカーテンを選ぶ時に気をつけることをご紹介します。

寝室の環境が乱れてしまうと睡眠の質を低下させ、それが続くと日常生活にも大きな影響を与えます。
心も身体も安心してゆったりした睡眠をするためにも、寝室に適したカーテンを選ばなくてはいけません。

選び方の1つ目は、遮光性に注目することです。
寝室のカーテンを買う時は、窓の向きが重要になります。
1日のうちで一番強い光は朝陽と夕陽です。
ただし、寝室の窓が東側にあった場合、夏の早朝でもかなり明るく、眩しさを感じます。
そのため、寝室でどの程度の光を遮りたいのかというのが選ぶポイントになります。

選び方の2つ目は、遮音性です。
道路沿いや街中に住んでいると、様々な生活音が気になります。
遮音性のあるカーテンを選べば、周りの音を気にせず、ゆったり寝ることができます。

安眠1級遮光のカーテンは、遮光性も高く、遮音性もあるため寝室におすすめです。

選び方の3つ目は、落ち着いた色づかいであることです。
部屋を落ち着いた雰囲気にしたり、目に優しいグリーンや気分を落ち着かせるブルーを選ぶのもオススメです。

清潔で高機能な寝具で安眠を

遮光カーテンには暗くなりすぎるというデメリットを上回るメリットがたくさんあります。

実際に我が家の寝室も遮光カーテンで快適に睡眠をとれています。

遮光や遮音などの高性能なものや、色や柄も豊富なカーテンが沢山あります!

それらを取り入れて心も身体もリラックスできる寝室で爽やかな朝を迎えましょう。

 - 寝具全般