インテリアのコーディネートを北欧風にしたい方必見!

落ち着きがあり品のある北欧インテリアは、日本でも根強い人気があります。

北欧インテリアの魅力は、上品でおしゃれなお部屋作りができるところです。

「お部屋を北欧インテリアでコーディネートしてみたい」「でも、どう手を付けていいかわからない。」

今回はそんな北欧インテリア初心者の方に、コーディネートの仕方をご紹介します。

ぜひご参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

電球に書かれている「100v」と「60wまで」とは?

ふと気付いたら、電球が切れそうになっていることが多いです。そんな時、電球を取り替えますよね。...

子供部屋のクローゼット、奥行は深めと浅めどちらがいいの?

子育て世代のファミリーが、新しく家を建てる際、一番考えるのが「子供部屋」ではないでしょうか?...

冬の暖房は何度設定にする?冬のエアコン節約術!

冬の暖房器具のひとつとして、エアコンがありますが、皆さんは何度に設定していますか?実は冬のエアコ...

黒やネイビーを基調とした部屋、相性抜群のインテリアとは

黒やネイビーを基調にしたお部屋って、清潔感があってなんだか落ち着いた雰囲気をイメージしますよね。...

カーテンをおしゃれに!メンズ部屋におすすめなのは?

「なかなか部屋がおしゃれにならない…」と、お悩みの男性はいらっしゃいませんか?そんなときは、...

日本のトイレの疑問!男女の表記、なぜ男は青で女は赤なの?

私達が何気なく使っている公共トイレ。男女の表記って気にして見たことありますか!?ほと...

ちょうどいいカーテンの長さや幅が知りたい!選び方とは?

カーテンを購入するとき、難しいのがカーテンのサイズの選び方ではないでしょうか。特に取...

キッチンのカウンター上インテリアを魅力的にする方法とは?

キッチンのカウンター上は、常にきれいな状態が保たれていますか。キッチンのカウンターに「ついつ...

オーク材の床は定番人気!インテリアとの相性もバッチリ!

住宅の床は大きな面積を占めるため、その木材に頭を悩ませる人は多いです。あとからリフォーム...

姫系の部屋の作り方のポイントは?ブログにアップしてみよう!

姫系の部屋のコーディネート、憧れる女の子もいるのではないでしょうか?ここでは、姫系のお部屋の...

人気の電気マット6選!ベッドでも使えるアイテムをご紹介

寒さ厳しい冬に重宝するのが、あたたかい電気マットです。寝る前にベッドの上に敷いて、スイッ...

メタルラックが分解できないほどかたい場合にオススメの方法

軽量で頑丈なメタルラックは便利な収納家具ですが、いざ分解しようとすると棚板がなかなか外れない状態にな...

シーリングライトは壁スイッチがない場合でも設置できる!?

リビングや書斎、子供部屋にシーリングライトを使っているという方も多いのではないでしょうか。1...

キッチン空間は照明が決め手!ペンダントライトの選び方

こだわりのキッチンに設置する照明は、お気に入りのものを選びたいですね。照明は、お部屋の雰囲気...

男の子のおしゃれな部屋づくり!最適なインテリアを知ろう!

男の子のお子さんがいるご家庭もありますが、その中で男の子の部屋づくりをする際にどのような部屋にす...

スポンサーリンク

北欧風インテリアコーディネートのポイントはメインカラーを決めること

「せっかく北欧のインテリアを揃えたのにおしゃれにならない」

このような方は、まずお部屋のお色選びから見直していきましょう。

お店に行けば、おしゃれで魅力的な家具がたくさん置いてあります。

でも、あれが良い、これが良いと次々に買い足していけば、いつの間にかお部屋は雑然とした印象になってしまいます。

それでは、北欧風インテリアにするには何を意識してコーディネートすればいいのでしょうか。

それは、まずメインカラーを決めてしまうことです。

基本的にホワイト、ベージュまたはグレーなどの色で統一します。

シンプル過ぎる、とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、これにアクセントとなる赤、黄色、ブルーなど差し色を差すだけで、グッとおしゃれになります。

つい色を加えたくなると思いますが、ここはあえて抑え、シンプルかつおしゃれなお部屋を目指しましょう。

また、床がフローリングの場合はブラウンが入りますので、寂しいというよりは、温かみのある空間作りになります。

例えば、ホワイトにビビッドな色を加えれば明るく楽しい雰囲気に、グレーにブルーを加えれば大人っぽい印象に、ベージュにグリーンを加えればナチュラルな安らぎの空間に演出ができます。

ファブリックから始める北欧インテリアのコーディネート

メインカラーが決まったところで、次は何から手を付けようとお悩みではないですか。

そんな方はファブリックのコーディネートをお勧めします。

メインカラーさえ決まっていれば、カーテン、クッション、テーブルクロス、ランチョンマットなど、気軽に合わせやすいからです。

まず、最初に広い面積を占めるカーテンを選ぶと良いでしょう。

壁がシンプルカラーなので、ここもシンプルなカーテンを選ぶと北欧風になります。

また、逆に柄の入ったものを選べばお部屋が華やかになります。

最近では「marimekko(マリメッコ)」が人気です。

その他にも、ストライプ柄、ヘリンボーン柄、植物柄、花柄などもお勧めです。

色の足し算引き算を工夫してみてください。

カーテンはあえて長くすると、北欧インテリアに近づきます。

また、床がフローリングの場合は、イエローを持って来ると馴染みやすくお勧めです。

marimekkoはカーテンだけでなく、クッション、テーブルクロス、ランチョンマットでも人気があります。

ベースがシンプルだからこそ、marimekkoの大胆な柄が良く生えます。

ランチョンマットではmarimekkoの他に「artek(アルテック)」なども人気があります。

北欧インテリアは木のぬくもりを生かしてコーディネート

北欧では寒い時期が長いため、年間を通して長時間家の中で過ごすことになります。

家族全員で長い時間一緒に過ごすため、快適さが追及されました。

また、北欧は自然豊かな環境で、木材に恵まれおり、それが北欧インテリアに反映されています。

北欧インテリアらしくコーディネートするにはフローリングが理想ですが、床がフローリングでなくても、インテリアなどのアクセントで木目を使用すれば、北欧らしくなります。

例えば、白を基調としたダイニングキッチンで、ダイニングセットを木製のものにすれば、北欧コーディネートらしいシンプルかつ温かみのある空間作りになります。

また、和室でも北欧風にコーディネートすることは可能です。

例えば、木をヘッドボードに使用し、脚のないフレームタイプのベッドを置き、壁は白またはグレーでシンプルにすれば北欧らしくなります。

北欧家具では木材が多く使用されており、ひと口に木材と言ってもその種類も豊富です。

北欧インテリアで使用される主な木材は、ウォールナット材、アカシア、オーク材、ナラ材などです。

これらのように、木材を使用した家具でインテリアをコーディネートすることもポイントの一つになります。

北欧インテリアのコツは壁をコーディネート!

寒い季節が長い北欧では、長時間家の中に閉じこもることが多くなります。

窓から見える景色も雪景色ばかりです。

そんな中、家族の目を楽しませてくれるのが、壁のディスプレイになります。

壁は大切なインテリアコーディネートの一つです。

ひと口に壁のディスプレイと言っても、様々な方法があります。

代表的なものとして、アート写真、家族またはペットなどの写真を飾る方法です。

一つ二つと遠慮がちに飾るのではなく、壁一面に、まるでパズルを組み合わせるように飾ると北欧風になります。

また、大きな絵画1枚や同じアーティストの作品を並べてみるなどの方法もあり、センスの見せ所です。

その他にも、ファブリックパネルを飾ってもおしゃれです。

さらに、壁一面を本棚にしてしまい、カラフルな背の本を並べればおしゃれに収納できます。

少し工夫を凝らしたい方は、アートを飾るにしても、壁にお気に入りのウォールスティッカーを貼れば、街でよく見かけるレストランの内装にあるような、かなりおしゃれな雰囲気になります。

どのようにコーディネートしても、壁がホワイトやグレーなどのシンプルな色だからこそ、最大限生きるものばかりです。

照明を上手にコーディネートして北欧インテリアを楽しもう

日本で照明と言えば『明かりを灯すもの』と実用的な意味が大きいですが、北欧では照明も大切なインテリアの一つです。

日照時間が短い北欧では照明の文化が発達しました。

北欧デザイナーや北欧で作られたもの、北欧っぽい照明を『北欧照明』と呼ばれています。

日本では蛍光灯がよく使用されていますが、北欧では間接照明が主流で、光度は抑えてあります。

柔らかで温かみのある大小の間接照明をお部屋に灯して、ゆっくりと流れる時間の中で、家族との会話もきっと弾むことでしょう。

単にお部屋を灯すだけでなく、おしゃれな照明で壁に飾られたアートやウォールスティッカーなどのディスプレイを照らして、インテリアコーディネートを楽しむ方法もあります。

実例を少しご紹介しましょう。

ペンダントライトを使用したものは、代表的な北欧照明です。

ペンダントライトは自然の木材を利用して作られ、木目が楽しめるようになっています。

また、フロアライトで木とリネンのシェードを使用し、シンプルなデザインとカラーリングで北欧デザインとなっているものもあります。

通信販売でも多くの北欧照明が販売されているので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてください。

いよいよ北欧インテリアを購入!お勧めは?

今まで、北欧インテリアのコーディネートのコツや方法をご紹介してきました。

皆さんのイメージも膨らんできたのではないでしょうか?

最後に、北欧インテリアをどこで買うのか、どのブランドがお勧めかをご紹介していきます。

まず、代表的なブランドとして、みなさんご存知の『IKEA(イケア)』が挙げられます。

IKEAと言えば、郊外型の店舗展開をしているイメージが強いですが、インターネットでも販売しています。

IKEAの特徴としては、お手ごろな価格、シンプル、おしゃれと言ったところです。

そのため、初めてインテリアをコーディネート買いをする方にお勧めです。

IKEAで買い揃えるだけで、プチプラでおしゃれなお部屋作りができます。

もっと、凝りたい方にはデザイナーズブランドをお勧めします。

北欧はインテリア文化が発展したため、有名インテリアデザイナーが数多くいます。

主なデザイナーとして、巨匠とも呼ばれた「ハンス・J・ウェグナー」と「アルネ・ヤコブセン」が挙げられます。

その他にも、「ポール・クリスチャンセン」も人気があります。

IKEAに比べて高価になりますが、品質も良く、一生ものの家具が手に入るでしょう。

北欧風インテリアのコーディネートのコツはシンプルかつナチュラル

これまで、インテリアを北欧風にするコーディネートする方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

北欧風インテリアはシンプルかつナチュラルが基本です。

特に難しいルールはなく、コツさえつかめば、誰でも簡単にコーディネートできます。

お部屋の色を統一したり、シンプルなインテリアを取り入れることによって、北欧らしい、快適で空間にゆとりがあるお部屋作りが可能になります。

みなさんも、ぜひこれを機に北欧風インテリアコーディネートに挑戦してみてください。