インテリアのコーディネートを北欧風にしたい方必見!

落ち着きがあり品のある北欧インテリアは、日本でも根強い人気があります。

北欧インテリアの魅力は、上品でおしゃれなお部屋作りができるところです。

「お部屋を北欧インテリアでコーディネートしてみたい」「でも、どう手を付けていいかわからない。」

今回はそんな北欧インテリア初心者の方に、コーディネートの仕方をご紹介します。

ぜひご参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トイレの内側?外側?電気のスイッチはどこにあるべきなのか

毎日、使っているトイレ。自宅トイレの電気のスイッチ場所が、どこにあるかやどんな種類か考えたこ...

新築のインテリア、予算のかからない風水のコツ

新築を購入したら、家具やインテリアにこだわりたいという方は多いでしょう。ただ、家具やインテリ...

エアコンと併用して隣の部屋を冷やす方法&ダクト化粧カバー

湿度のある暑い夏が、毎年やってきます。暑さで体調を崩さない様にする為にも、ほとんどの方がエアコン...

昔懐かしい『学校ストーブ』~あなたの思い出のストーブは?

ストーブとは。石炭・ガス・電熱などを用いて室内を暖める器具であり、調理器具も含まれるとのこと...

キッチンの壁紙はどう選ぶ?おしゃれで人気な壁紙を紹介!

キッチンの壁紙は、他の部屋よりも汚れによる劣化が進みやすいため、貼り替えたいと思っている方も多い...

トラブルの多い洗濯機の排水弁の掃除の方法はどうやる?

皆さんは洗濯機の掃除はどのようにしているでしょうか?見えるところはきれいでも、裏側は汚れとカ...

油圧式の椅子の仕組みと使い方!よい椅子を長く使おう

お子様の勉強机に使う椅子やオフィスの椅子にはいろいろな種類のものがあります。椅子の高さを調整...

ネット通販で人気のキッチンバサミ!おすすめの選び方も解説

キッチンバサミは素材や種類が豊富で、選ぶ際に悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。ステン...

ベランダに洗濯機を置いて使う時には、専用の台が必要なのか?

基本的に家のベランダは洗濯ものや布団干しなどに使うのが当たり前ですが、マンションなど屋内に洗濯機が置...

一人暮らし!!賃貸へ引っ越す前に購入する物を確認しよう!

初めての一人暮らし、ドキドキ、ワクワクしますよね!?賃貸アパートなどに引っ越す予定の方、必要...

模様替えしたい!あなたにおすすめの部屋をテーマ別にご紹介

模様替えしようと意気込んではみたものの、テーマが決まらず中途半端になってしまった...そんな経験...

部屋を汚さないために!キッチンの換気扇フィルターの選び方

キッチンの換気扇掃除はなかなか手強いものですが、換気扇フィルターを使えば汚れが減り、換気扇掃除の...

部屋を綺麗にできない人への処方箋、心を見つめてみよう

皆さんは、部屋の片づけは好きですか?部屋を綺麗にするのが得意な人もいれば苦手な人もいますよね。...

キッチンの便利グッズ!おしゃれなグッズでラクして楽しく!

お料理が好きな方もそうでない方も、キッチンにおしゃれな便利グッズがあったら、家事のモチベーション...

ミシンの水平釜がカギを握る!突然のガタガタ異音の正体とは

みなさんは、ミシンを縫い進めている最中に、突然の『ガタガタ』という異音に、戸惑ってしまった経験はあり...

スポンサーリンク

北欧風インテリアコーディネートのポイントはメインカラーを決めること

「せっかく北欧のインテリアを揃えたのにおしゃれにならない」

このような方は、まずお部屋のお色選びから見直していきましょう。

お店に行けば、おしゃれで魅力的な家具がたくさん置いてあります。

でも、あれが良い、これが良いと次々に買い足していけば、いつの間にかお部屋は雑然とした印象になってしまいます。

それでは、北欧風インテリアにするには何を意識してコーディネートすればいいのでしょうか。

それは、まずメインカラーを決めてしまうことです。

基本的にホワイト、ベージュまたはグレーなどの色で統一します。

シンプル過ぎる、とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、これにアクセントとなる赤、黄色、ブルーなど差し色を差すだけで、グッとおしゃれになります。

つい色を加えたくなると思いますが、ここはあえて抑え、シンプルかつおしゃれなお部屋を目指しましょう。

また、床がフローリングの場合はブラウンが入りますので、寂しいというよりは、温かみのある空間作りになります。

例えば、ホワイトにビビッドな色を加えれば明るく楽しい雰囲気に、グレーにブルーを加えれば大人っぽい印象に、ベージュにグリーンを加えればナチュラルな安らぎの空間に演出ができます。

ファブリックから始める北欧インテリアのコーディネート

メインカラーが決まったところで、次は何から手を付けようとお悩みではないですか。

そんな方はファブリックのコーディネートをお勧めします。

メインカラーさえ決まっていれば、カーテン、クッション、テーブルクロス、ランチョンマットなど、気軽に合わせやすいからです。

まず、最初に広い面積を占めるカーテンを選ぶと良いでしょう。

壁がシンプルカラーなので、ここもシンプルなカーテンを選ぶと北欧風になります。

また、逆に柄の入ったものを選べばお部屋が華やかになります。

最近では「marimekko(マリメッコ)」が人気です。

その他にも、ストライプ柄、ヘリンボーン柄、植物柄、花柄などもお勧めです。

色の足し算引き算を工夫してみてください。

カーテンはあえて長くすると、北欧インテリアに近づきます。

また、床がフローリングの場合は、イエローを持って来ると馴染みやすくお勧めです。

marimekkoはカーテンだけでなく、クッション、テーブルクロス、ランチョンマットでも人気があります。

ベースがシンプルだからこそ、marimekkoの大胆な柄が良く生えます。

ランチョンマットではmarimekkoの他に「artek(アルテック)」なども人気があります。

北欧インテリアは木のぬくもりを生かしてコーディネート

北欧では寒い時期が長いため、年間を通して長時間家の中で過ごすことになります。

家族全員で長い時間一緒に過ごすため、快適さが追及されました。

また、北欧は自然豊かな環境で、木材に恵まれおり、それが北欧インテリアに反映されています。

北欧インテリアらしくコーディネートするにはフローリングが理想ですが、床がフローリングでなくても、インテリアなどのアクセントで木目を使用すれば、北欧らしくなります。

例えば、白を基調としたダイニングキッチンで、ダイニングセットを木製のものにすれば、北欧コーディネートらしいシンプルかつ温かみのある空間作りになります。

また、和室でも北欧風にコーディネートすることは可能です。

例えば、木をヘッドボードに使用し、脚のないフレームタイプのベッドを置き、壁は白またはグレーでシンプルにすれば北欧らしくなります。

北欧家具では木材が多く使用されており、ひと口に木材と言ってもその種類も豊富です。

北欧インテリアで使用される主な木材は、ウォールナット材、アカシア、オーク材、ナラ材などです。

これらのように、木材を使用した家具でインテリアをコーディネートすることもポイントの一つになります。

北欧インテリアのコツは壁をコーディネート!

寒い季節が長い北欧では、長時間家の中に閉じこもることが多くなります。

窓から見える景色も雪景色ばかりです。

そんな中、家族の目を楽しませてくれるのが、壁のディスプレイになります。

壁は大切なインテリアコーディネートの一つです。

ひと口に壁のディスプレイと言っても、様々な方法があります。

代表的なものとして、アート写真、家族またはペットなどの写真を飾る方法です。

一つ二つと遠慮がちに飾るのではなく、壁一面に、まるでパズルを組み合わせるように飾ると北欧風になります。

また、大きな絵画1枚や同じアーティストの作品を並べてみるなどの方法もあり、センスの見せ所です。

その他にも、ファブリックパネルを飾ってもおしゃれです。

さらに、壁一面を本棚にしてしまい、カラフルな背の本を並べればおしゃれに収納できます。

少し工夫を凝らしたい方は、アートを飾るにしても、壁にお気に入りのウォールスティッカーを貼れば、街でよく見かけるレストランの内装にあるような、かなりおしゃれな雰囲気になります。

どのようにコーディネートしても、壁がホワイトやグレーなどのシンプルな色だからこそ、最大限生きるものばかりです。

照明を上手にコーディネートして北欧インテリアを楽しもう

日本で照明と言えば『明かりを灯すもの』と実用的な意味が大きいですが、北欧では照明も大切なインテリアの一つです。

日照時間が短い北欧では照明の文化が発達しました。

北欧デザイナーや北欧で作られたもの、北欧っぽい照明を『北欧照明』と呼ばれています。

日本では蛍光灯がよく使用されていますが、北欧では間接照明が主流で、光度は抑えてあります。

柔らかで温かみのある大小の間接照明をお部屋に灯して、ゆっくりと流れる時間の中で、家族との会話もきっと弾むことでしょう。

単にお部屋を灯すだけでなく、おしゃれな照明で壁に飾られたアートやウォールスティッカーなどのディスプレイを照らして、インテリアコーディネートを楽しむ方法もあります。

実例を少しご紹介しましょう。

ペンダントライトを使用したものは、代表的な北欧照明です。

ペンダントライトは自然の木材を利用して作られ、木目が楽しめるようになっています。

また、フロアライトで木とリネンのシェードを使用し、シンプルなデザインとカラーリングで北欧デザインとなっているものもあります。

通信販売でも多くの北欧照明が販売されているので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてください。

いよいよ北欧インテリアを購入!お勧めは?

今まで、北欧インテリアのコーディネートのコツや方法をご紹介してきました。

皆さんのイメージも膨らんできたのではないでしょうか?

最後に、北欧インテリアをどこで買うのか、どのブランドがお勧めかをご紹介していきます。

まず、代表的なブランドとして、みなさんご存知の『IKEA(イケア)』が挙げられます。

IKEAと言えば、郊外型の店舗展開をしているイメージが強いですが、インターネットでも販売しています。

IKEAの特徴としては、お手ごろな価格、シンプル、おしゃれと言ったところです。

そのため、初めてインテリアをコーディネート買いをする方にお勧めです。

IKEAで買い揃えるだけで、プチプラでおしゃれなお部屋作りができます。

もっと、凝りたい方にはデザイナーズブランドをお勧めします。

北欧はインテリア文化が発展したため、有名インテリアデザイナーが数多くいます。

主なデザイナーとして、巨匠とも呼ばれた「ハンス・J・ウェグナー」と「アルネ・ヤコブセン」が挙げられます。

その他にも、「ポール・クリスチャンセン」も人気があります。

IKEAに比べて高価になりますが、品質も良く、一生ものの家具が手に入るでしょう。

北欧風インテリアのコーディネートのコツはシンプルかつナチュラル

これまで、インテリアを北欧風にするコーディネートする方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

北欧風インテリアはシンプルかつナチュラルが基本です。

特に難しいルールはなく、コツさえつかめば、誰でも簡単にコーディネートできます。

お部屋の色を統一したり、シンプルなインテリアを取り入れることによって、北欧らしい、快適で空間にゆとりがあるお部屋作りが可能になります。

みなさんも、ぜひこれを機に北欧風インテリアコーディネートに挑戦してみてください。