布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

敷布団の下に使う除湿シートって洗える?どんな商品がある?

2018.5.28

梅雨や結露の多い季節は、室内の湿度も高く、敷布団が湿ってしまう事は多いですよね。

そこで、除湿シートは大変便利なアイテムです。

しかし、除湿シートも湿気を吸い込んでいきますので、衛生面が気になる方もいるでしょう。

また、どのような種類の商品があるのか気になる方もいるかと思います。

今回は、「敷布団の下に使う除湿シートって洗える?」、「どんな商品がある?」などの疑問についてお答えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

お布団を圧縮するときはやはり掃除機!正しいやり方とは!?

お布団を収納するとき、みなさんはどのようにしていますか? 圧縮袋を使う方も多いと思いますが、「...

畳交換は貸主or借主どちらの負担?賃貸契約書は要チェック!

賃貸住宅の畳交換は、入居されている方か大家さんのどちらが負担するのでしょうか!? 和室がある賃貸に...

洗えるお布団はどうやって丸洗いする?シーツの洗濯方法は?

毎日使っているお布団、汗や汚れが気になりますよね。 最近では、洗えるお布団が人気ですが、どうや...

お布団で感じる虫刺されはもしかしたらダニかも?対策法は?

お布団で虫刺されに遭った事はありませんか? それは、もしかしたらダニによる虫刺されかもしれませ...

お布団に熱がこもって暑い!寝苦しい夜の暑さ対策は?

暑い夏の夜には、お布団に熱がこもって寝苦しいときも多いかと思います。 しかし、エアコンの冷房機...

お布団やカバーなど、寝具の洗濯頻度はどのくらいが目安?

お布団やカバーの洗濯頻度は、どのくらいで行われていますか? お布団は毎日使うものですから、出来...

畳にお布団を敷く場合のインテリアコーデ!古き良きスタイル

近年、畳の良さが見直されており、一時期人気が低迷していた和室の物件が人気を取り戻しています。 ま...

夏に最適なお布団と湿気対策グッズをダブルでご紹介!

暑苦しい夏の熱帯夜には、寝汗をたくさんかいてしまいムレやすくなりますね。 そんな時期には、通気...

我が家の飼い猫はお布団に入る?入らない?その違いとは

猫を飼っている方、あなたの飼い猫は、お布団に入ってきますか? 世の中には、お布団に入る猫と入ら...

保育園で必要なお昼寝布団、何がいい?おすすめランキング!

保育園に通われているお子さんをお持ちの方は、新しい発見の連続で、子育ての楽しさや厳しさに向き合っ...

お布団には、それぞれ正しい天日干し方法がある!

お布団の天日干しですが、一番の目的は乾燥させることです。 お布団を天日干しすることで、ふんわり...

初めての幼稚園!大切なお布団はサイズや素材で正しく選ぶ!

初めてのお子さんが幼稚園に通う時、様々な準備が必要となりますが、その中でも新米ママの頭を痛めるのがお...

お布団を干す時間はどれくらい?冬の日照時間と天日干し対策

天気が良いと、お布団を天日干ししたくなりますよね。 夏のように気温も高く日照時間が長いと、お布...

お布団を掛ける順番を間違ってない!?正しい順番はこれ!

みなさんは、お布団や毛布を、どういう順番で掛けていますか? 実はお布団の種類によっては、多くの...

布団圧縮袋を使う時のコツは??押入れのダニ対策をしよう!

みなさんは、季節外のお布団を収納する時に、布団圧縮袋を使っていますか? 圧縮袋と掃除機があれば...

スポンサーリンク

除湿シートを使用しない敷布団の湿気

断熱材の使用、空気の循環や通気性を重視して造られた住居の場合は、冬のような結露の多い時期や、梅雨のジメジメした時期であっても、敷布団が湿気でべちゃべちゃになるような事はさほどありません。

しかし、そうではない場合、季節などによっては、敷布団は非常に湿気を含んでしまう事になります。

人が寝ている時にかく汗の量は、通常であっても200mlです。

夏のような暑い時期では600mlも汗をかくともいわれ、体調不調やアルコール摂取時の場合に限っては1lもの汗をかく場合もあります。

通常200mlといっても、個人差があるので、汗かきの人の場合は、通常の寝汗の量自体が多いと考えられます。

このように、人が一晩でかく汗の量は意外に多く、床にお布団を敷いて寝ている場合は、なんらかの対策をしなければ、寝汗はダイレクトにお布団内に吸収され、水をこぼしたように、べちゃべちゃになってしまう可能性もあるのです。

しかし、毎晩たくさん寝汗をかいても、梅雨時期などでは天候も悪く、毎日天日干しする事はできません。

室内干しをするにしても、あまりにも湿気を含んでいる場合は、完全に乾くまで非常に時間がかかってしまいます。

毎日大量に寝汗をかいてしまう人は、お布団のケアのためにも、洗えるタイプの除湿シートを毎日使用して、除湿対策をしたほうが良いといえますね。

敷布団に毎日使用する除湿マットは洗える?

最近では、結露防止や敷布団の寝汗などの湿気対策として、様々な除湿シートが販売されています。

特性の優れた除湿シートも数多く販売されていますが、除湿シート自体は洗えるのでしょうか。

最近の除湿シートは、ご家庭の洗濯機で普通に洗える物が多く、速乾性にも優れているので、寝汗をよくかく人や、湿気の多い季節には大変役に立ちます。

そのうえ、洗濯を繰り返しても、吸湿力が変わる事はありません。

耐久性にも優れている事から、大変経済的であるともいえます。

除湿シートによっては、吸湿性だけではなく、防ダニや抗菌防臭効果に優れた商品も販売されています。

洗濯をしても速乾性に優れている事から、天候や気温に関係なく、いつでも洗濯して部屋干しができるところも魅力なのではないでしょうか。

除湿シートは、速乾性にも優れているので、洗濯してもすぐに乾きますが、忙しくて洗濯ができない事もあると思います。

その際は、2枚ほど用意しておくと、便利で清潔に使用する事ができますのでおすすめですよ。

敷布団に使用する洗える除湿シートの紹介①

敷布団に使用する洗える除湿マットを、ネット通販からご紹介します。

【洗える除湿マット紹介】

〇帝人洗える除湿シート

吸水性の他、防ダニ防臭効果にも優れています。

また、ご自宅で何度でも洗濯できます。

サイズ:シングル 90×190cm

販売元:メーカー直販あったか寝具快適寝具

ネット販売参考価格:3,980円

〇東洋紡洗える除湿シート

高吸放湿繊維使用で、快適に使用する事ができます。

マットが湿気を十分吸収すると、センサーの色が変わり知らせてくれます。

ご自宅で洗える便利な除湿シートです。

サイズ:ダブル 130×180cm

販売元:メーカー直販あったか寝具快適寝具

ネット販売参考価格:14,904円

〇洗える除湿シート(竹炭入り)

竹炭入りで、除湿の他、防ダニ、防カビ効果にも優れています。

サイズ:90×180cm

販売元:スリーププラス

ネット販売参考価格:1,980円

〇洗える湿度調整マット

湿気や、冬の結露をしっかり吸水してくれます。

寝汗対策にはもってこいの商品です。

サイズ:80×180cm

販売元:Style vivi

ネット販売参考価格:6,601円

敷布団に使用する洗える除湿シートの紹介②

引き続き、敷布団に使用する洗える除湿マットを、ネット通販からご紹介します。

【洗える除湿マットの紹介】

〇除湿シート suitori

手洗いが可能な除湿シートです。

何度洗っても性能が変わる事はありません。

サイズも、シングル、セミダブル、ダブルの3種類から選ぶ事ができます。

販売元:快眠博士

ネット販売参考価格:7,992円

〇ウォッシャブル便利除湿シート

シリカゲルB型を使用した、吸収性に優れた除湿シートです。

梅雨時期などの、湿気の多い時期に大変おすすめです。

サイズ:80x180cm

販売元:快眠博士

ネット販売参考価格:7,992円

〇洗える冷却除湿シート

気温が上がる時期におすすめな、清涼感のある除湿シートです。

消臭効果、速乾性にも優れているので、安心してお使いいただけます。

販売元:ロイヤル通販

ネット販売参考価格:4,680円

〇防ダニ/防カビ/消臭/除湿ができる!調湿敷マット

ご自宅の洗濯機で、丸洗いができる便利な除湿シートです。

繰り返し使う事できます。

サイズ:シングル90×180cm

販売元:眠り製作所

ネット販売参考価格: 10,044円

除湿シートに合わせて使うと良い!便利なすのこ

冬の結露や梅雨時期の湿気に加え、寝汗の量を考えても、敷布団に溜まる水分は相当な量になりますので、除湿シートの使用は、お布団のケアには欠かせません。

ベッドなどのように、床とマットレスの間に空間がある場合は、通気性も良く、湿気も溜まりづらいのですが、床に直に敷いている場合は、状況によっては洗えるタイプの除湿シートであっても、1枚では対応しきれない可能性もでてきます。

そのような場合を想定して、除湿シートに合わせて使うと良いのが、1年中使える「すのこ」です。

床に直に敷布団を敷いて寝る時は、床と敷布団の間に湿気が逃げる空間がないので、吸収した汗は蒸発する事ができずに気化したまま溜まっていきます。

ですが、すのこを使用する事で、床と敷布団の間に、しっかりと空間を作る事ができるので、湿気が気化したまま溜まる事はありません。

用意できるのであれば、木製のすのこでも十分に湿気対策になりますが、最近は、湿気を吸収する事のできる、柔らかい素材のすのこも販売されています。

使用後は、干しておく事もできますし、ロールアップして収納する事もできますので、場所も取らず大変便利なアイテムといえます。

除湿シートに合わせて使うと便利な「断熱マット」

床にお布団を敷く場合、上記では1年中使えるすのこをご紹介しましたが、季節が冬であれば、断熱マットもおすすめです。

断熱マットは、床の冷えと敷布団との温度差によって生じる結露を解消する事ができます。

しかし、床に直にお布団を敷く場合は、通気性のない状態である事が考えられますので、断熱マットだけの使用では、100%湿気や結露を防ぐ事ができません。

これは、除湿シートだけの場合でも同じ事がいえます。

そこで、洗える除湿シートと断熱シートを合わせて使用して、湿気や結露を防止する方法をおすすめします。

除湿シートも大変優れた吸水性がありますが、全ての住居が断熱性や通気性に優れているわけではないので、冬に床にお布団を敷く場合は、除湿シートと断熱シートを合わせて使用する方法がベストといえるでしょう。

お布団に使用する洗える除湿シートの効果的な使い方

1 床に敷いたお布団に除湿シートを使う場合は、すのこを併用すると良い

2 冬に除湿シートを使用する場合は、断熱シートの使用も効果的

3 洗える除湿シートは2枚用意する事で、便利で清潔に使用する事ができる

床に敷布団を敷いている場合は、除湿シートの他にも、すのこや断熱シートを使う事が湿気対策に繋がります。

また、2枚用意する事で清潔に長く使用する事ができますので、お使いの際は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 - お布団