寝るの大好き猫ちゃんもご満悦!ベッドはドーム型がお好き?

人間も猫にとっても睡眠は、リラックスできる大事な時間です。

人間に比べて猫は、多くの時間を寝て過ごしています。

愛猫が気持ちよくぐっすり眠っている姿は、飼い主を和ませてくれますね。

そんな猫がスヤスヤ眠れるベッドは、種類が豊富にあります。

猫ベッドの中でも、猫が馴染みやすいドームの形をしたベッドについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大切な寝具選び!マットレスは「三つ折り」が便利?!

毎日の睡眠にとって、重要なのは「寝具選び」です。とくに「マットレス」は、寝心地に大きく影響し...

ベッドで寝ると足元が冷える!お布団をかけても寒い!対策は

体は温かいのに、足だけが冷たい。ベッドで寝ると、足元が冷える。布団をかけても足元だけは温かくならずに...

マンションの壁がコンクリート!メリット・デメリットは?

マンションでも住宅でも、見かけたことのあるコンクリートが打ちっぱなしの壁。コンクリートが打ち...

エアーベッドのおすすめ8選!通販で人気なものを厳選

エアーベッドは、来客時から災害時、アウトドアシーンなどとさまざまな場面で活躍する人気のアイテムです。...

マンションのドアの隙間の音漏れ軽減方法と外からの防音対策

マンションなどの室内のドアの下に隙間がありますよね。この隙間は、シックハウス対策の為のものです。...

狭い部屋のインテリア!生活動線を考えたベッドのレイアウト

1Kやワンルームに住んでいる人は、生活に必要な家具をどのようにレイアウトすればいいのか悩んでいる...

知ってる?知らない?ベッドの高さの標準ってどのくらい?

あなたはベッドを購入する時、どのようなことに重点をおいて決めていますか?ついつい、デザインや...

子ども部屋がきれいに片付く収納術!ブログに投稿して収入?

子ども部屋って、すぐに散らかります。まだ小さい子だから仕方ない、なんて諦めていませんか。...

シングルベッドやダブルベッドの掛け布団サイズの選び方

お布団の上げ下げの必要もなく、クッション性のいいマットレスで腰にやさしいとも言われているベッド。...

北欧風のヴィンテージベッドでおしゃれコーディネート!

誰しも憧れるヴィンテージベッド。いつかは、ヴィンテージのベッドを購入して、北欧の独特の雰...

知りたい!ベッドのフレームやマットレスのリサイクル事情!

家具の中でも、特に大きいベッドの処分には頭を悩まされます。処分するのなら、できればリサイクルシ...

畳の上にベッドを置きたい!カビの対策になる!?

賃貸やお家の和室の畳の上にベッドを置きたいと思っている人は、意外に多くいます。しかし、実際に...

不要になったベッドは自分で解体が基本!賢い処分方法とは

買い替えや引っ越しなどでベッドが不要になったとしたら、通常は粗大ゴミとして回収してもらいますね。...

日本におけるベッドのシェアが大きなメーカーはどこか

日本で寝具といえばお布団ですが、畳の部屋にお布団を敷いて寝ている方は、少数派だということをご存知でし...

寝具を清潔に保つ高品質なシーツ6選!激安商品を厳選

シーツは、大切な寝具を清潔に保つことができる重要なアイテムです。ネット通販では、激安価格...

スポンサーリンク

やっぱり猫はベッドで寝るのが好き

猫という字のもとは、よく寝る子の「寝子」からきていると言われており、猫は1日約15時間寝るそうです。

それは、猫がまだ野生であった時、狩りに備え、体力を温存するためと言われています。

寝ている間でも、猫の脳や身体は成長しています。

むやみに起こしたり、びっくりさせることは、発達の妨げになるので猫の安眠のためにも止めておきましょう。

猫の睡眠のほとんどは、眠りの浅いレム睡眠のため、猫は夢を見ています。

じっと、寝ている猫を見つめていると、びくっとすることがありますね。

それは、狩りの夢を見ていることが、多いことからだそうです。

夢を見ながら長い時間、寝ている猫ですが、人間と同じように落ち着いたベッドやお布団で寝ることが、1番心地よい眠りにつくことができるのです。

では、猫が心地よい眠りにつくことができる環境とは、どんなものなのでしょうか?

みなさんは、猫が段ボールや紙袋、少し隙間の開いているお布団の中に、入り込んだのを見たことがありませんか?

この理由は、猫は狭く少し圧迫感のある、狭いところが好きだからです。

猫のベッドは、入口も狭く作られ、まるで洞穴のような、適度な圧迫感のあるドーム型のものがおすすめです。

猫が好きなドーム型のベッド

どうしても、ベッドは広い方が開放感があって心地よいと思いがちですが、猫たちにとっては、暗くて狭く穴の空いた、ドームのような形が大好きです。

それは、体温維持や体力の回復そして、捕まえた獲物を他の動物に取られないための習性からのようです。

ドーム型のベッドは、素材も猫の好きなふわふわ・もこもこで、柔らかいクッション素材ものが多く使われています。

これは、母猫の柔らかい、温かみを意識して作られています。

もちろん、寒い冬でも対応できるような、ヒーター付きのものも販売されています。

反対に、暑い夏には、風通しのよいラタンを使ったベッドや、床がひんやりする大理石が採用されているベッドもあります。

実は、猫は汗をかくことができません。

そのため、暑い日はとてもつらいものです。

このことから夏場は涼しい場所に、ドーム型のベッドを移動させてあげましょう。

また、子猫の間は特に見られることですが、人間と一緒に寝たがって、お布団の中に入ってきます。

そのため、もし暑いと感じれば猫は自ら移動していくので、安心してそのまま一緒に寝てあげましょう。

選んでみよう!猫が好きなドーム型のベッド

では、愛猫のために、どんなドーム型のベッドを選んであげればいいのでしょうか?

選ぶ時のポイントは

・肌ざわり・サイズ
・掃除のしやすさ
・すぐに潰れない
・持ち運び、移動が楽

上記のようなことをベースにし、また、夏・冬の気候に応じて、対応できることなども考慮して選ぶといいでしょう。

愛猫のためのベッドですから、肌触りは特に重視します。

そして、猫が枕にできるように、クッションが付いているものもおすすめです。

また、元気な猫が、せっかく揃えてあげたドーム型のベッドの上に「ダイブ!」なんてこともあるでしょう。

その場合も想定して、乗ってもすぐに形がもどるクッション性の高いものや、オールシーズン使えるポリエチレン製のものを選らんでもいいでしょう。

また、オールシーズン使えるベッドは、ドームの部分の取り外しができたり、夏は涼しく、冬は暖かい高機能性を持つ素材を使っているものが便利です。

そして、汚れを簡単に落とせる素材や、本体をそのまま洗えるものも、常に清潔にすることができるのでおすすめです。

さらに、お掃除の時やベッドを他の場所に動かしたい時などに、さっと移動させることができるベッドもよいでしょう。

どれも、ペットショップ、通販サイトで1000円から3000円程度で、購入できます。

もし猫がドーム型のベッドを使ってくれなかったら?

しかし、せっかく愛猫のために選んだドーム型のベッドを、猫が使ってくれなかったらがっかりしてしまいます。

これには、猫側としても理由があります。

まず1番に考えられることは、「におい」です。

猫は、縄張り意識がとても強い動物です。

特に、新しい環境に慣れるまでは、自分のにおいにする場所が、1番安全で安心と感じます。

もし、新しいベッドを使ってくれない時には、今まで猫が使っていた、洗濯をしていないクッションやタオルを、ドーム型のベッドの中に入れてあげましょう。

また、使う前に1度、天日干しをすると、新しいにおいが消えてより効果的です。

この時、冬場ならドーム型のベッドの中が暖かくなるので、使ってくれる確率は上がりますが、夏場の場合には、熱を冷まして涼しい場所に配置してあげます。

このように、夏場は涼しい場所に、冬場は温かい日の当たる場所に、ドーム型の猫ベッドを移動してあげると、猫も心地よさを求めて中に入ってくれそうです。

その他にも、猫ベッドの配置場所を変えるだけで、使ってくれる場合もあります。

高い場所から低い場所へ、配置している部屋を変えることや、部屋の中の位置を変えてみましょう。

日常の猫の様子も観察して、いろいろと試してみるといいかもしれません。

さらに心地よく!ドーム型のベッドは清潔に

やっと、愛着を持ってくれるようになった、新しいドーム型の猫ベッドは、こまめにお手入れをしてあげましょう。

愛猫を洗ってあげても、ベッドが汚れていては安眠できません。

1日のほとんどを寝て過ごしている猫なので、ベッドの中には猫の毛がたくさん落ちています。

ほこりもそうですが、溜まりすぎるとドーム型のベッドの中で温まり、雑菌が繁殖しやすくなります。

忙しく時間がない場合は、粘着クリーナーで取ることもいいのですが、掃除機を使って掃除をする方がきれいになります。

そして、時間のある時や、天気のよい日には、ベッドまるごと洗濯をしましょう。

猫の好きな「もこもこ感」や肌触りを保つためにも、手洗いでやさしく洗います。

40度くらいのお湯で、酸素系漂白剤を入れて押し洗いをしましょう。

汚れがひどい場合には、浸けおきしてもいいでしょう。

その後、十分にすすぎをしてから洗濯機で脱水をし、天日干しをすると、汚れも雑菌も落とすことができます。

そこで注意しなければならないのは、必ずしっかり乾かすことです。

生乾きの状態は、雑菌が繁殖しやすい環境なので、逆効果になりかねません。

また、ベッドを置いていた場所も忘れずに、掃除機をかけておきましょう。

やっぱり猫は高いところが好き?

ここまで、ドーム型のベッドをご紹介してきましたが、最後は、ベッドよりもお手入れが簡単な「猫用ハンモック」をご紹介していきます。

飼い主にも猫にも、人気がある猫用ハンモックにも、多くの種類が販売されています。

猫はドーム型ベッドのような狭い場所のほかに、高いところが大好きです。

猫用ハンモックは、その習性にマッチしていると言えます。

ハンモックは基本、高い場所に設置し上から吊るすので、入った時に体の重みでハンモックが体にフィットします。

そして、猫の好きなふわふわ素材が包み込んでくれるのなら、猫も大満足するでしょう。

取り付ける場所はどこでも可能で、タワーやゲージに取り付けるタイプや、窓に取り付けられるものもあります。

また、人間と同じように、平面に自立させて使うタイプもあります。

ただこれは、場所を取るので邪魔にならないスペースがあれば、設置してもいいかもしれません。

この猫用ハンモックも、通販サイトやホームセンターなどで、1000円台から購入することができます。

猫が落ち着けるような高い場所や、狭い場所がない部屋などに、活用できそうです。

猫の気持ちになってあげよう

自分の愛猫には、やはり快適で安心できる環境を作ってあげたいですね。

しかし、無理強いはいけません。

猫用ベッドやハンモックなどを選ぶ時は、猫の気持ちになって考えて購入、設置しましょう。

愛猫も快適にすやすや眠れ、かわいい寝顔を毎日、見せてくれることでしょう。