布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ベッドなどの大型家具を購入するべき時期とおすすめの方法

2018.2.9

新生活の時期、必ず必要となるのが家財道具ですよね。
テレビや電子レンジ、炊飯器などなど、揃えるべきものはたくさんあります。

その中でも、ベッドなどの大型家具は生活必需品ですよね。

今回は、そんなベッドなどの大型家具を購入するのに適した時期や方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

黒やネイビーを基調とした部屋、相性抜群のインテリアとは

黒やネイビーを基調にしたお部屋って、清潔感があってなんだか落ち着いた雰囲気をイメージしますよね。 ...

快晴の空に舞う!黒い「いったんもめん」布団干し袋の謎

良く晴れた日、ご近所のベランダで黒いいったんもめん(ゲゲゲの鬼太郎にも登場する妖怪のことで一反木綿と...

お布団を真空パック!100均のは弱いの?使い方と注意点とは

100均で売られている様々なもの、いろんなものがありますよね。 季節の変わり目に使う、お布...

大学から一人暮らしを始める女子必見!ベッド選びのコツ

一人暮らしの部屋の家具の中で、一番大きく存在感があるのがベッドです。 だからこそ、ベッドの購入は慎...

寝具のカバーを変えるだけ!いつもの部屋が北欧テイストに!

寝室の模様替えをしたいと思った時、ほとんどの方はベッドの配置を変えたりインテリアの移動を考えがち...

整理や収納がしやすいインテリアのアイデアやコツをご紹介!

物は増える一方なのに、収納するスペースがない・・・そんな悩みを抱えてはいませんか? 特に1Kや1D...

部屋の天井にカビが!!カビの掃除方法をご紹介!

ジメジメとした梅雨時や結露が付く寒い冬の窓ガラスの近くの壁って、なんだか湿っぽくないですか? ...

覚えておきたい!ベッドで除湿シートを使う順番とその種類

じめじめした寝具で寝起きすることは、心身ともに健康的ではありません。 寝汗などで湿った寝具...

それってホント?ベッドの色が「黒」だと風水ではよくない?

インテリア雑誌に載っているようなスタイリッシュなお部屋は、憧れますよね。 黒のベッドを置いて、...

意外と知らない?布団掃除機に付いているUV機能の効果とは

近年の生活家電は、目を見張る進化があります。 布団掃除機もその一つですね。 さまざまな種...

猫ちゃんの寒さ対策〜暖かい猫ベッドでハッピーに〜

寒くなってくると、猫の防寒が気になってきますね。 真冬なら、エアコンやペット用ヒーターも必要で...

これで快眠が約束される?低反発マットレスの正しい使い方!

最近、人気が高まっている低反発マットレスですが、その人気の理由として、寝心地が良いことと、快眠ができ...

大型家具ベッドは宅配便で配送できる?頻発・着払いトラブル

引越し先にベッドを送る場合、引越し業者に依頼される方が多いかと思います。 大型家具を送るとなると、...

ベッドルームのインテリア!どんなコーディネートが良い?

ベッドルームのインテリアは、皆さんどういうコーディネートをしていらっしゃいますか? 自分のお部...

シーツを洗濯した後埃がつく原因はフィルターと洗濯槽?

シーツを洗濯したとき、このような声を聞くことが多々あります。 「シーツを洗濯した後、埃がつ...

スポンサーリンク

ベッドなどの大型家具を安く購入できる時期は?

ベッドなどの大型家具の購入時は、少しでも安く購入したいものですよね。

では、ベッドなどの大型家具を少しでも安く購入するためには、どの時期に購入するべきなのでしょうか。

メーカー、販売会社には必ず決算期というものがあります。
一年の売り上げを計算して、決算として集計する時期ですよね。

その時期になると、少しでも売り上げを伸ばそうと、メーカーや販売会社はベッドなどの大型家具を値下げします。

また、メーカーは通常、一年中新商品の開発に勤しんでいます。
販売会社や大型家具の店舗に、常に新商品が並んでいるのはそのためです。

そして、需要が高まる時期というのがあります。
例えば、ヒーターは冬に需要が伸びますし、扇風機は夏に需要が伸びます。

私達購入者の需要に従って、メーカーや販売会社は時期それぞれの価格を設定します。

・決算期
・新商品や新モデルの投入時期
・購入者の需要

の3点から考えると、ベッドなどの大型家具を安く購入できる時期というのが見えてきます。
早速、それぞれの時期について考えていきましょう。

決算時期は棚卸しで安く購入できる狙い目!

大型家具に限らず、多くのメーカーや販売会社・小売店では3月に決算があり、9月頃に中間決算というのが存在します。

決算期とは先述の通り、売り上げを集計する時期のことですね。

決算の結果は、次期以降の会社の運営に非常に重要な情報となりますので、決算期前には少しでも売り上げを上げようとします。

そのため、決算期の前の時期というのは、メーカーや販売店がこぞって価格を下げ、購入者に購入してもらおうとするものなのです。

一斉に価格を下げることで価格競争が起こり、さらに価格が下がります。

さらに、決算期には棚卸しを行います。
棚卸しとは、需要と供給のバランスを保つために行われます。

販売店からすると、一時期需要が伸びた商品をどんどん注文し、急に売れなくなると在庫だけが溜まってしまいます。

そんな状況を回避するために棚卸しを行い、在庫の整理をするのです。

また、棚卸しにはもう一つ意味があります。

商品を保管しておくだけでも、場所代などの費用がかかりますよね。
在庫を持つというのは、経営的に大きな負担となるのです。

以上、2つの理由から棚卸しというのは経営に非常に重要な意味を持っているのです。

しかし、必要のない在庫を捨てる等もったいないことはしませんよね。

販売店やメーカーは、少しでも在庫を利益にしようと価格を下げてでも、購入してもらおうとします。

つまり、購入者として考えると、一斉に在庫が処分される棚卸しの時期は安く購入できるチャンスです。

まとめると、決算や棚卸しが行われる少し前、つまり2月や8月の時期には、大型家具が安くなると言われているのです。

もし、ベッドの購入を考えている方は、2月や8月が購入するおすすめの時期の一つです。

新商品の投入時期も安く購入できるチャンス!

家具を購入する時期と言えば、まず思いつくのが引っ越しの需要が高まる春先ですよね。

そして、最も消費意欲が高まると考えられるのは、クリスマスなどの年末商戦前の時期で、秋頃です。

つまり、春先や秋頃は家具の需要が高まる時期なので、メーカーや販売会社・小売店はそこに合わせて新商品の開発に取り組んでいます。

販売会社や小売店で新商品や新モデルが登場すると、当然、新しい型やモデルの商品に購入者の注目が集まります。

すると、古い型やモデルの商品は売れにくくなるのが一般的です。

時間が経つにつれて古い型やモデルの商品はどんどん売れにくくなるので、いち早く古いモデルを売ってしまいたい、と考えるのが販売会社や小売店の心理となるでしょう。

そのため、新商品が登場する時期というのは、購入者にとって古い型やモデルの商品が安くなるチャンスと言えます。

もちろん、一番新しい機能やデザインのものが欲しいという方にはおすすめできませんが、古い型やモデルでも問題ないという方にとっては、安く購入するチャンスとなるのです。

実は、この新商品の投入時期に古い方が安くなるというのは気づきにくいのです。

というのも、新商品を売りたいあまり、新商品が目立つようなレイアウト、ディスプレイに変更してしまいます。

商品カタログも同様に、新商品の解説や魅力を伝える量が多くなるのが自然なことです。

つまり、古い型やモデルは目立たなくなってしまいます。
したがって、古い型やモデルの価格の変動に気づきにくいのです。

もし、古い型やモデルでも問題ないという方は、新商品が発売された時期に一つ古い型やモデルの同商品を調べてみてください。

特にベッドに関しては、頻繁には新商品が発売されることもないので、じっくり時期を見極め調べてみましょう。

意外な掘り出し物が見つかるチャンスです。

新生活が始まって少し経つと安く購入できる?

大型家具の需要が最も高まる時期は、やはり4月の新生活の時期です。

上京してくる大学生や新社会人、転勤になった社会人、その他新しい生活を始めるために一人暮らしをする方が最も多い時期ですね。

そんな4月の新生活の時期の少し前、3月中旬から家具の需要は一気に伸び始めます。

売り手も少し高く価格を設定しても売れるとわかっているので、価格が高くなる傾向にあります。

よく、「新生活応援パック!」や「新生活スタートセール!」などと名を打って、必要な大型家電がまとめ売りされているなんてこともありますね。

ですが、これはお得だと決まっているわけではないのです。

販売会社や小売店にとっては、売れることがわかっているため、定価とほぼ同じ値段、ということがあります。

一転して、新生活の時期が落ち着く4月下旬や5月に入ると需要は落ちますよね。
そのタイミングで商品の価格も下がるのが一般的です。

もし、新生活を始める予定がある方がいらっしゃれば、ベッドなどの大型家具は新生活前、もしくは新生活が始まって1ヶ月程経ってから購入しましょう。

さらに、新生活に必要な電子レンジ、炊飯器、テレビなどは比較的新商品が出やすい家電です。

先述の通り、新商品が発売される時期に古い型やモデルの商品を購入することをおすすめします。

もしくは、あまり緊急性がないのであれば、新生活が落ち着く4月下旬や5月の時期に購入するのもおすすめです。

ベッドなどの大型家具を購入するべきでない時期とは?

では、逆に大型家電を購入するべきではない時期とはどういった時期なのでしょうか。

これまでご紹介してきた購入するべき時期を参考に考えると、その答えが見えてきます。

ズバリ、購入するべきでない時期は

・決算期前以外の時期
・新商品や新モデルが発売されない時期
・新生活シーズンなど、購入者の需要が上がる時期

です。

決算期前の時期が2月や8月、購入者の需要が下がる時期が5月頃ですので、それ以外のシーズンということになります。

ただ、新商品や新モデルが発売される時期も家電によって異なりますし、ベッドに関してはなかなか新商品も登場しません。

ですので、これに当てはまらない場合も、もちろんあります。

また、こうしたある程度の商品価格の変動予測は、すべて実店舗での販売傾向に基づいています。
ですから、ネットショップやオークションなどのデータは含まれていない場合があります。

家具を購入する時、実際の商品を目の前で見たい方も多いと思いますが、そうでない方も増えていますよね。
インターネットで確認して、その機能やデザインを見て、インターネットで購入するのです。

インターネットがなかった時代は実店舗でそのフォルムやデザイン、そして機能を確認し納得して購入していました。

しかし、インターネットがここまで普及すると、スマートフォンの画面上で詳しい情報を調べた方がお手軽です。

インターネットで購入する方が実店舗よりも安い場合も多いですよね。

では、ベッドなどの大型家電を販売会社や小売店以外で安く購入する方法は、どんなものがあるのでしょうか。

ベッドなどの大型家具を安く購入する方法

では、販売会社や小売店以外でベッドなどの大型家具を安く購入する方法をご紹介します。

まず、メーカーの直販店で購入するということです。
ベッドなどの大型家具は、輸送費が高いのが特徴です。

材料を工場に運ぶ輸送費、出来た製品を販売店や小売店に運ぶ輸送費は、商品の価値を上げるための費用ではないため、少しでも抑えたいのがメーカーの心理です。

ベッドなどの大型家具の場合、この輸送費を安く抑えるためにアウトレットのような価格で直接販売しているメーカーもあります。

そして、ベッドなどの大型家具メーカーで「送料無料」というケースも多々あります。

メーカー側からすると小売店に卸すよりもメーカーで直販したほうが利益も大きくなるため、メーカーと購入者にとってウィンウィンな関係になりますね。

その他に、販売会社や小売店以外でベッドなどの大型家具を安く購入する方法は、やはりインターネット経由で購入することです。

例えば、大型ECサイトなどを利用すると大型家電購入でポイントが貯められ、他の商品を購入する時に安くなります。

また、送料無料のサイトもありますので、是非探して見てください。

さらに、最近ではフリマアプリなども活気づいていますよね。

フリマアプリというのは、必要のない衣類や家具を、必要な人に安く販売できるサービスです。
フリーマッケットをネットで行うと考えて頂くと良いでしょう。

そして、実は「フリマ=売る」ではなく、「金銭のやり取りなしで必要のないものを譲る」というサービスも出てきています。

そういったサービスを利用すれば非常に安く、もしくはタダで手に入るかもしれません。

また、このようなインターネットサービスは新生活シーズンなどの時期による価格変動にあまり関係しないというのもおすすめの理由です。

インターネットサービスなどをうまく利用すると、さらに安い掘り出し物が見つかる可能性がありますね。

ベッドなどの大型家具を購入すべき時期と方法

ベッドなどの大型家具を購入する時期として最も適しているのは、決算期の少し前の時期、新商品や新モデルの発売時、新生活シーズンの直後ということがわかりました。

メーカーや販売会社の「売りたい」という心理を理解すると、安く購入できる時期が見えてきましたね。

一方で、商品の現物を見なくても画像の確認で十分という方には、メーカー直販やインターネットサービスで購入する方法もあります。

是非、安くて良いものが見つかるように、調べてみてください。

 - 寝具全般