布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

ベッドのメリットとデメリット!シングルは格安で購入できる

2018.2.8

皆さんは、どんな寝具で寝ていますか?

お布団かベッドのどちらかでしょうが、最近はベッドで寝るという方が多い傾向にあります。

ですが、ベッドは、色々なサイズや購入方法がありますよね。

ここでは、シングルのベッドに特化して、格安で購入する方法や、メリット、デメリットなどをお話します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

おすすめの折りたたみベッド5選!おしゃれな商品を厳選

「折りたたみベッドは、機能性が優先されデザインはイマイチ。」というイメージを持っている方も多いか...

パイン材のフローリングの特徴は?塗装はどれを選べばいい?

無垢材は主に、針葉樹と広葉樹に分けられます。 パイン材は針葉樹に分類されます。 今回は、...

和室のベッドとラグ選びの決め手は色と素材と高さ!

ベッドというと洋室というのが一般的ですが、和室にベッドとラグを置いたインテリアにしたい人もいますね。...

賃貸の和室にベッドを置きたい!その場合の注意点!!

賃貸の和室にベッドを置きたいって方も中には、いるのではないでしょうか?? しかし、賃貸にベッド...

シングルベッドやダブルベッドの掛け布団サイズの選び方

お布団の上げ下げの必要もなく、クッション性のいいマットレスで腰にやさしいとも言われているベッド。 ...

シンプルモダンでベッドまでオシャレ!一人暮らしのすすめ

一人暮らしを始めると、お部屋をオシャレにしたいと思う事はないでしょうか? また、誰を呼んでも楽しく...

ダウンライトにLEDを取り付け、交換する為の工賃はいくら?

ダウンライトは、天井に埋め込んで取り付けてあるため、見た目もスッキリでスタイリッシュですよね。 ...

狭い間取りでもレイアウト次第!ベッドの配置が鍵になる!?

狭い間取りの部屋に住もうとすると、家具の配置に困ります。 元々の収納がしっかりとあれば、主...

押入れとクローゼットの違いは?収納におすすめなのは?

押入れとクローゼットの違いってご存知ですか? 押入れは主に和室にある収納場所で奥行きがあるもの...

アメリカのベッドメイキングにチップはなぜ必要?徹底解析!

アメリカに行くとよくベッドメイキングしてもらったときや、レストランなどでチップというものを支払うとい...

寝室がクッションフロアの賃貸マンションでベッドのへこみ!

賃貸マンションなので、クッションフロアが傷つかないように、絨毯やマットをひいて対策しますよね。 ...

ベッドとお布団で迷う!?それぞれのメリット・デメリット

お掃除のしやすさや住環境の欧米化に伴い、日本でも洋室の物件が多くなりました。 寝室も洋室で、ベ...

リビングや寝室の照明をLED電球に切り替える際のポイント

ご家庭の照明を、白熱電球からLED電球に変えたいと思っている人は多いのではないでしょうか。 で...

トイレなどの照明をペンダントライトに!選ぶ時のポイント!

家のトイレは毎日使いますよね! トイレは、一般的に他の部屋よりも狭いですが、狭いからこそ思い切...

マットレスは折りたたみ!狭いシングル世帯の部屋も広々活用

6~8畳くらいのシングル世帯向けの物件に住んでいると、時折部屋が狭いと感じることがありますよね。...

スポンサーリンク

欧米化は寝具にも!ベッドが主流になった背景

日本の寝具と言えば、「お布団」が思い浮かぶのではないでしょうか。
昔はどの家も、寝具はお布団で、床に敷いて寝ていました。

しかし、最近では「ベッド」が主流になりつつあり、その種類や価格も様々です。

サイズは、シングルの他、セミダブル、ダブル、クイーン、キングなどがあり、かなり大きい物もあります。

ここで、日本人もベッドを使うようになってきた背景を見てみましょう。

現代では、食べ物も欧米化しており、小柄な日本人もかなり体が大きくなっています。
このため、寝具も大きくせざるを得ない状態になってきています。

そして、基本的に人一人が寝るなら、シングルのベッドのサイズで十分です。
しかし、あまりに背が高い人や、肥満気味の人にはキツイかも知れません。

そういう人には、もっと大きなサイズをオススメします。

また、最近では価格帯の幅も広くなり、格安でセット販売されていることも多くなっているため、人気が出てきています。

昔は、羽毛布団などは高価でした。
しかし、最近では、かなり価格も下がっており、手に入れやすくなっています。

寝具の欧米化に伴って、価格も大幅に変化しているのが現状なのです。

ベッドのメリット

今は、生まれた時からベッドに寝ていて、家ではお布団で寝たことがないという若者も少なくありません。
祖父母の家に行った時や、旅館に行った時にだけお布団に寝る、ということもあります。

普段ベッドに寝ている人にとって、お布団で寝るのは新鮮でしょう。

また、お布団にはないメリットがベッドにはあります。

それは、「寝る時」と「起きる時」に分かります。

年齢や体調にも関係してきますが、何より「寝る時」と「起きる時」どちらも「足が床についたまま」できることがメリットでしょう。

これは、「下半身」が悪い人には、かなり助かります。
脚や股関節、腰が悪い人にとっては、床から立ち上がるのが、とても大変で辛いことです。

痛みがあったりして、膝や股関節を曲げられない人は、立ち上がるだけでもかなりの時間がかかります。

そんな時、ベッドなら、座るのもある程度楽で、寝るときも座っている状態から寝ることができ、起きる時もベッドに腰掛けている状態から立ち上がれるので、お布団に比べて楽に行動することができます。

しかし、基本的に下半身が悪い人は、ベッド上でも、寝ながら横に移動するのは簡単ではありません。

そのため、ベッドのサイズは広すぎない、シングルのベッドがオススメします。

シングルなら格安で購入できるので、下半身に心配がある人は、ベッドにすることを検討してみても良いでしょう。

ベッドのデメリット

ベッドは、先ほどもお話しましたが、ベッドは今や当たり前の存在になりつつある寝具です。
立ち上がりや寝る時も楽で、下半身が悪い人などにはとてもやさしい寝具といえます。

ですが、やはりデメリットもあります。
それは一体何なのでしょうか。

一言でいえば、「部屋を狭くすること」です。

床に敷いて寝るお布団は、「お布団を上げる」というように畳んで片付けられます。

ですので、「寝るまでの間」まで、お布団を敷いている場所のスペースが空くことになります。

このことにより、お布団の場合は、ワンルームに住んでいる人や自分の部屋が狭い人も、若干ですが部屋を広く使えます。

一方、ベッドを置くと、模様替えや引っ越しをしない限りは、なかなかその場から動かすことはありません。
寝なくても常にその場所にベッドがあるので、「使用していないスペース」となります。

一人で寝る為のベッドなら、せめて格安で購入できて、場所をそこまで取らないシングルのベッドにしましょう。

わずかでも、部屋が広くなるかも知れません。

ベッドの中でもシングルはお布団も格安で購入できる

ベッドのサイズにも色々あります。
先ほどもお話しましたが、「シングル」というのは、一般的に一番小さいサイズです。

価格も他の大きなサイズから見れば、安く購入できます。

また、掛け布団だけ、敷布団だけ、注文する人もいることはいます。

ですが、セットで購入した方が格安な場合も多く、何より柄や色、質が掛け敷きでバラバラにならないのでオススメです。

色や柄にはこだわりがない、という人もいるでしょうが、大体は揃えるものではないでしょうか。

ただし、「夏用」や「冬用」というように、掛け布団の生地質が違う物などは、バラバラに購入する人もいるでしょう。

その際、その生地質の違いを気にする人もいるかもしれません。

しかし、ワンルームなどは仕方ありませんが、基本的には寝室や寝具は他人にはあまり見せないので、季節で生地が違っても、気にすることはありません。

特にシングルサイズの寝具は、種類が豊富です。
色や柄、質、セット内容なども充実していることが多いです。

もちろん、そういう格安の寝具は、掛け布団の中身が「羽毛」ではなかったりします。
ですので、お布団の中身にこだわりがある人は、多少高くてもいい物を購入しましょう。

シングルのベッドを格安で購入する方法

今や、ある程度の物は何でも通販で購入できる時代です。

もちろん、ベッドも購入できます。

ベッドの種類も豊富で、シングルだけでも相当な数です。

大手通販会社などでは、価格競争が激しく、時にはキャンペーンなども開催しています。
こういうタイミングで購入できると、格安で手に入れることができるかも知れません。

また、「〇〇と一緒にセットで購入すると〇〇円お得です」など、内容によっても格安で購入できる場合があります。

通販会社やサイト、専門店などは数えきれない程ありますので、最安値を提示している所を探すのも手です。

更に、セール期間限定の価格で販売している場合もあります。
その場合は、「限定〇〇セット」など、数に限りがあることが多いです。

また、ネット通販だけではなく、大手家具店などでも安売りは結構あります。

基本的に、家具はあまり安い物がないので、ふらっと行って買う、ということはない傾向にあります。

確かに、十分品定めをして、決めることが多いですよね。
ですので、こちらもキャンペーンや安売りを狙って購入しましょう。

一番は、「安売り」や「キャンペーン」のタイミングや宣伝を見逃さないことですので、注意して見てみましょう。

格安のシングルベッドと他のサイズを比較!

これまでシングルのベッドに関しての、メリットやデメリット、格安で購入する方法などをお話してきました。

それでは、他のサイズではどのような違いがあるのでしょうか。

「シングルより大きい」ということに注目して、お話します。

「大きい」ということは、価格に関していうと、やはり少し割高になってしまいます。
ベッド自体や寝具も、平均して数千円程度、高くなります。

ただ、その分、ベッドや寝具の面積も大きいので、仕方がありません。

メリットは、広いということと、寝返りを打っても落ちる心配が少なくなることです。
そして、デメリットですが、言わずもがな、部屋を「もっと」狭くしてしまいます。

シングルと他のサイズでは、大きくなるにつれて、数センチずつの違いが出てきます。

ですが、その数センチの違いは意外と大きく、ワンルームの部屋に置くとなると、結構なスペースを取ることになります。

ですので、部屋の大きさや自分の体に合ったサイズのベッドを、購入することをオススメします。
ワンルームでも、部屋が元々広ければ問題ありません。

しかし、その他の必要物品の数なども部屋の広さに関わってくるので、十分考慮して選びましょう。

脚や腰が悪い人はベッドがオススメ

今回は、ベッドという寝具についてご紹介しました。

格安で購入できるシングルのベッドは、脚や腰が悪い人にオススメです。

また、記事では触れませんでしたが、年配の人には、リモコン付きのリクライニングベッド、子供には、寝返りで落ちないように柵が付いたベッドなども便利です。

このように、ベッドには、用途によって様々な種類があります。

新しく寝具を買い替える時には、是非ベッドを考えてみてください。

 - 寝具全般