布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

シンプルなインテリアがベター!賃貸で快適に暮らしてみよう

2017.10.24

「新しいインテリアを買ったけど、しっくりこない」「モノが多すぎてまとまらない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

シンプルなインテリアで、魅力的な部屋にしてみてはいかがですか?

今回は、何かと制約がある賃貸でも、簡単にスタイリッシュな雰囲気のマイルームをつくるポイントをご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ダイニングソファって?くつろぎから食事まで一ヶ所で!

一昔前まで、くつろぐリビングと食事を食べるダイニングは別々の部屋でした。 しかし、最近ではマン...

古い・接触の悪い電気スイッチをほたるスイッチに交換しよう

普段電気スイッチなんて気にすることなどありませんよね。 ただ、この電気スイッチの接触が悪くなる...

石膏ボードに壁紙を貼る方法!上手に貼るための準備と手順

苦労して重たい家具を移動して模様替えをしたのに、イメージどおりにならなかった経験はありませんか? ...

洗面所は既成か造作か?メリットデメリットをご紹介

マイホームを建てるにあたって、既成の洗面所にするか、こだわって造作の洗面台にするのかは大きな選択...

耐えられない古い家のカビ臭!臭さを消すにはどうする?

古い家に一歩足を踏み入れた時に漂ってくる、古い墨汁のようなツンとした臭い。 カビ独特の臭いは臭...

蛍光灯が点滅してしまう様々な原因とは!?

蛍光灯がチカチカと点滅してしまうこと、ありますよね。 そういったとき、蛍光灯の寿命と考える人が...

屋内につける鍵は種類が豊富!部屋のドアにも取り付け簡単!

鍵と言えば、玄関や窓が思い浮かびますが、自分の部屋のドアにも鍵を取り付けている人もいます。 ...

鍵をかけたいお部屋はどこ?部屋別に鍵の後付けを考える

部屋の扉に鍵が欲しい、と思うことはないでしょうか。 プライベートを守りたいということもあるかと...

男子の残念部屋とモテる部屋を徹底比較!モテる部屋にしよう

端正な顔立ちでさわやか、お仕事もできて優しい! そんな一見、完璧に見える男子でもお部屋が残念だ...

壁の修復方法を知りたい!自分で修復できる?注意点は?

「壁に穴が開いてしまった・・・。」 そんな経験をしてしまったことはありませんか? でも安心し...

狭い家も部屋もスッキリ!階段の下を使い切る収納メソッド!

収納するにはモッテコイなのに、なぜか上手に使えない階段の下のデッドスペース。 部屋にある「多分...

靴下などの衣類の洗濯での毛玉を防ごう!正しい洗濯方法は?

靴下やセーターなどの衣類には、どうしても毛玉が付きものです。 しかし、洗濯方法を一工夫すると毛...

16畳のLDKは本当に狭いのか?快適なリビングについて考える

念願の新築マイホーム、あれこれ希望はつきません。 特にLDKは、くつろぎの場所、おもてなしの場所と...

アパートに入居する時に覚えておきたい照明器具の破損時の事

私たちは、照明器具を当たり前のように毎日使用しています。 そして、大昔と違って照明が無くては、...

傘の撥水効果を復活させるには、アイロンがけがおすすめ!

撥水効果のある傘を買っても、しばらく使っているうちに水はじきが悪くなってしまうことがよくあります。 ...

スポンサーリンク

シンプルさは断捨離から!インテリアも減らしていこう

まず最初に、シンプルでもどんな雰囲気にしたいのか、どのようなイメージにしたいのか考えてみましょう。

実際の部屋の大きさを再確認し、必要最低限の家具をリストアップします。

あれもこれもと考えていると、インテリアの数が多くなってしまいがちなので、消去法をつかって減らしていくといいでしょう。

たとえば、ベッド・AVボード・棚はひとつ・机ひとつというように、具体的な物や数を決めます。

ソファーはおしゃれなイメージがありますが、食事もしてその後、テレビを見ながら寝てしまう物であれば必要なものではないはずです。

食事はダイニングでするようにして、ダイニングテーブルがなければ小さめのテーブルとイスを置いて、食事とリラックスタイムをきっちり分けることもできます。

また、ごちゃごちゃ感をなくすためにも、インテリアだけでなく、この際に物の断捨離もしましょう。

「賃貸だから必要なものは増えないだろう」という入居当初とは違い、生活をしていると無意識のうちにモノは増えていってしまいます。

モノを減らすことによって、それらを収納するインテリアも不要になります。
シンプルライフは、断捨離から進めていくのが近道です。

素材がシンプルなインテリアを選ぶ

部屋全体の物を減らしたあとは、インテリアを選びます。

スチール製のインテリアは比較的、コストも抑えられ金属のクールさや光沢で、コストパフォーマンスに優れていると言えます。

イスの脚だけスチール製にしても、脚元にシャープなイメージが出ます。

また、メラニン加工の光沢のある家具は、シンプルなデザインでモダンな雰囲気があり、さらに色を統一することにより完成度が増しそうです。

そして、落ちついたイメージをもつ木材のインテリアは、木の素材が活かされたリラックス感があり、飽きのこない素材です。

木の素材のひとつでもあるラタンも、同じ大きさのカゴを並べて、収納グッズとして活用し1ヵ所にまとめることで、シンプルなインテリアに早変わりします。

その他にも、レザーやステンレス、ガラスのような無機質な素材もいいでしょう。

どの素材にも共通することは、装飾が少ないデザインを選ぶことがポイントです。
このようなシンプルな素材のインテリアを選んでおけば、次の賃貸に引越しをする時にも、役に立つはずです。

色からシンプルなインテリアを選ぶ

素材選びが終わったら、次は色を選択しましょう。

白の壁紙は、賃貸では多いシンプルな色です。

白は清潔感もありシンプルモダンの代表の色なので、白で統一してもいいですし、足し色でベージュ・ブラウン・ライトグレーのようなやわらかい色を入れてもいいかもしれません。

ただし、ベースカラーは白ですから足し色の面積は、控えめにします。

また、部屋の床や建具の色も確認して、バランスのとれたインテリアのカラーコーディネートをしてみましょう。

お手本にするなら、シンプル&ナチュラルが特徴の北欧インテリアがおすすめです。

北欧インテリアは、できるだけシンプルにつくられていて、バリエーションにも富んでおり、すっきりと飽きのこないテイストで、素材の色そのものを活かしています。

このように色の選択のポイントは、壁・床・インテリアそれぞれの色の数を多く使わないことです。
そして、強い個性をもつ色は、選ばないように注意しましょう。

賃貸のインテリアコーディネートの助っ人たち

制約があり、自由にコーディネートができそうにない賃貸でも、心配なく使えるアイテムが売られています。

壁紙の色をシンプルなモノに変えたい時など、いまの壁紙の上から貼ることができ、糊付け不要なシール式の壁紙を利用するのもいいかもしれません。

剥がす時も、付属の液を使えば、跡も残らず楽に剥がすことができると言われています。

また、ワンポイントインテリアとして、壁に写真やお気に入りの絵を飾りたい時に使える、壁に空いた穴が目立たないピンもあります。

見た目は普通の画びょうと変わらないのですが、少し針が太めにできています。
このピンの特徴は、ピンの断面形状がv字になっていて、ピンの跡がほとんど目立たない優れものです。

何かを壁に飾ることを躊躇していた人には、嬉しいアイテムです。

そして、メディアでも取り上げられている傷あとが残らないフックは、時計などの少し重量のあるものを飾ることができます。

壁につくり付けの収納棚を取り付けたい時には、取り外し跡が残りにくい、収納棚を取り付けられる金具もあります。

大きなものを収納するためのものではなく、インテリアにもなる収納機能をもつ、小物入れでもいいでしょう。

このような便利なアイテムを活用して、諦めていた賃貸の部屋をコーディネートしてみましょう。

和室の賃貸のインテリアは「和モダン」

コーディネートは洋室だけではなく、和室でも現代風に仕上げることができます。

今でも古いタイプの和室の賃貸もあるでしょう。

2間続きの和室などの畳のふちや建具の枠は、木の家具と同様に、きれいな直線を主張しているので、シンプルさの中のアクセントとして部屋全体にシャープさを出してくれます。

逆に畳のへりがない琉球たたみは、シャープさとは違うやわらかみが出るでしょう。

フローリングの床に、琉球たたみを小上がりのように部分的に置くと、ひと味違ったシンプルな部屋に変わります。

また、琉球たたみのような半畳たたみの目の向きを逆にすると、光の加減によって市松模様に見え、さりげないおしゃれな和室に見えます。

そして、和のインテリアとしてちゃぶ台と座布団をおくと、リビングダイニングとして活用することができます。

さらに和モダンを追求するならば、照明もシンプルなものを選ぶといいでしょう。

もしも、ソファーを置くのならば、ソファーの高さが低く木目のあるものがおすすめです。
和のシンプルテイストは、年齢を問わずリラックスできる空間になります。

シンプルで生活感のなさが快適賃貸生活の秘訣

シンプルな部屋にするためには、物を増やさないことや生活感がない部屋にすることです。

「生活感のある部屋」とは、いかにも人が住んでいる痕跡のある部屋のことです。

つまり、散らかってものがそのままの状態になっているので、住んでいる人の生活を垣間見ることができてしまう部屋のことです。

テーブルの上にものを置かないことや、インテリアの色を多く使わないことなど、余計なものがないようにしましょう。

部屋全体に統一感をもたせ、世間で安いとされているものが部屋の中にあると、生活感が前面に出てしまうので置かないほうがよいでしょう。

たとえ賃貸の部屋に住んでいても、長い間暮らしていると物は増えがちです。
物を増やさないことを心がけると、退去する時にも荷物も少なく済みます。

シンプルな生活感のない部屋のイメージがつきにくい場合には、知り合いのセンスによい人の部屋を見学に行くのもいいです。

また、ショールームのようなシンプルで、ハイセンスのコーディネートを見て真似してみるのもいいでしょう。

シンプルイズベスト!飾らない生活を

このようなシンプルなインテリアコーディネートは、掃除をするのにも楽・気持ちも楽・賃貸の引越しの時にも楽になります。

頭の中でイメージを沸かせて、コーディネートしてみましょう。

きっと自分の部屋が、本当に好きになることでしょう。

 - 生活