布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

窓の換気とエアコン除湿を使って効果的に空気の入れ替えを!

2016.12.5

エアコンを使う夏や冬は、窓の換気しにくいですね。

せっかく冷房で冷やした空気や、暖房で暖めた部屋の温度が戻ってしまいます。

しかし、部屋の中の空気は、私たちが思っている以上に汚れてます。

また、梅雨時期の換気は皆さんしていますか?
エアコンの除湿は湿度を取るのに効果的ですが、梅雨時期の換気も大切なんです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

快眠のために!!マットレスの上に敷くおすすめな物は?

おそらくほとんどの方がベッドにマットレスを敷いて寝るか、敷布団をフローリングや畳に直置きして寝ること...

クリスマスに子供をよく寝かしつけるのに適した飲み物は?

クリスマスと言えば、クリスマスパーティー、クリスマスケーキ、そして・・・サンタさんからのプレゼントで...

お布団の中で見る夢、なぜ人は夢を見る?夢占いは当たるの?

お布団の中で、すやすやと眠っている時に見る夢。 人はなぜ夢を見るのでしょうか? 脳の動きに理...

瞑想が質の良い睡眠に効果的って本当?その理由と方法とは?

皆さん、瞑想と聞いて、どんなことを連想しますか? 「宗教的なイメージがあって怪しそう!」、...

心地良い睡眠のために導入したいストレッチとは?方法って?

長時間のデスクワークなど、同じ姿勢で仕事をすると、とても疲れますよね。 そんなとき、首や肩まわ...

睡眠中に夢を見ると疲れるのはなぜ?夢の内容によって違う?

睡眠はしっかりとったのに、朝起きたら身体がしんどかったり、疲労感を感じるということはありませんか...

睡眠中の夢の内容は日常生活の記憶からのメッセージ?

あなたはよく夢を見る方でしょうか? 睡眠中の夢の内容を、はっきりと覚えているという人も多いです...

クラシックの名曲を聴いて良質な睡眠を手に入れる!

近年、スマートフォンの使用や精神的なストレスなどが原因で「寝付けない」、「眠りが浅い」といった悩...

仕事の集中や安眠には音楽が良いって本当?音楽の力とは

音楽には、集中を高める効果や安眠効果など、さまざまな効果があります。 ここでは、仕事などで集中...

今日観たテレビが怖いせいで眠れない!そんなときの対処法

心霊番組や怖い話のスペシャル番組・・・怖いテレビを観てしまったせいで眠れないという経験はありますか?...

寝つきが悪い人必見!睡眠を促すツボで眠りの質を上げる!

仕事で忙しくストレスが溜まっていたり、育児で疲れていたりと何かと心身ともに休まる時間が足りない現...

短時間のお昼寝で効率アップ!机でも使える睡眠グッズとは

今、食事の後の短時間睡眠が見直されており、会社の机でも使えるお昼寝グッズが人気です。 とはいえ...

睡眠を短時間で効率よくとるには?すっきりする短時間睡眠法

いろいろな用事が集中して、忙しくなってしまうことってありますよね? 普段から規則正しい生活...

睡眠を分割しても効果はある?分割の影響や睡眠への効果とは

「睡眠の質が日中の活動量を決める」といっても過言ではないくらい、睡眠は人にとって大事なことです。 ...

仕事中にもう眠くならない!睡眠の質の改善方法をチェック!

皆さんは、睡眠をしっかりととれていますか? それも、ただの寝てるだけではなく、しっかりと疲れが...

スポンサーリンク

窓の換気の効果って??

湿気を感じたとき、窓は閉めたほうがいいのか、開けたほうがいいのか、どちらのほうが効果があるのでしょうか。

梅雨のような、じめじめとした気候のときには、どうしたら良いのでしょうか。

まず、湿気を感じたとき、窓は閉めたほうがいいのか、開けたほうがいいのか、どちらが良いのかというと、窓は開けるほうが効果があります。

ただ、長い時間窓をあけていると、反対に湿度が高くなってしまうことがあります。
そのため、ずっと開けっぱなしは良くありません。

正しい換気の方法とは、空気の流れを作り、部屋の中の空気が動くようにしてあげることです。

空気が動くようにする方法は、対角の窓を開け、部屋の真ん中に風が通るようすることで空気が動いていきます。

ちょうど良い窓がなければ、換気扇を代わりに使うのも良いです。
5分程度を1時間毎に行うのが良いでしょう。

また、エアコンや扇風機を使って空気を動かすのも、部屋の隅々まで換気されてすっきりしますよ。

エアコンを使って除湿する!外の湿度が高くても換気を!

除湿があると換気は大事ですが、梅雨の時期などの換気はどうしたら良いかと悩んでしまいます。
雨の日にこそ、しっかり換気をすると良いですね。

気持ち的には、雨の日に窓を開けて良いのか悩みます。
窓を開けると更に湿度が上がってしまう気がしますよね。

しかし、雨が降っている日にも部屋の換気をしてあげましょう。
雨の日だからこそ、換気の効果があります。

湿気というよりも、空気が停滞していることによって、カビの菌が増えます。
そのため、湿気の時期にはカビ臭くなってしまいます。

梅雨の時期も、窓を少し開け、風を通し、空気が溜まらないようにしましょう。
風が通ると、湿気やカビの臭いを防ぐことができます。

雨の日の換気は、一日に2回程度です。
窓を開けて、換気扇や扇風機、エアコンを使用するのも効果があります。

空気の流れを作ってあげ、部屋の中の空気が動くようにしてあげることです。
除湿機を使う場合には、換気中に除湿をすると、その空気が外に出てしまいます。
そのため、換気後に除湿をすると、効果的です。

部屋の空気は汚れている!窓換気の効果と時間

一般的に多くの人が行っている空気の入れ替えに使う時間については、だいたい30分から40分、中には1時間程度と言われています。

しかし、とても大きな家でない限り、6から8畳の部屋であれば、5分ほど窓を開けていれば、部屋の空気の入れ替えができます。
また、空気の入れ替えは、1日1回で良いです。

部屋の空気は以外と汚れているので、特に、エアコンで部屋を暖めているときには、部屋の空気はとても乾燥しています。

のども乾燥し、ホコリやダニも一緒に吸って、風邪になる可能性もあります。
また、咳が止まらなくなってしまうこともあります。

頭痛、めまい、吐き気、皮膚障害、鼻炎、呼吸器障害などのシックハウスを引き起こす家になってしまいます。

シックハウスの原因は、揮発性有機化合物、カビ、ダストがあげられます。
十分な換気、通風が確保されないと、それが部屋に充満し、健康を害する可能性があります。

十分な換気、風が通ることによって効果があります。

エアコンのドライ機能で寝室を快適に

快適に寝るためには、室温が26度以下で、湿度50から60%が理想だと言われています。

夏の熱帯夜で寝苦しいときには、窓を閉め、エアコンの冷房やドライを使い、室温を26度以下で、湿度50から60%にすると良いでしょう。

26度以下が寒く感じるのであれば、26度以下でなくても大丈夫です。
睡眠には個人差があるので、26度以下でないと熟睡できないわけではありません。
設定温度を26度から28度を目安にすると良いでしょう。

眠りやすい環境にするため、エアコンと扇風機を合わせて部屋の空気を循環させると効果あります。
睡眠中にエアコンや扇風機の風が直接当たらないように気をつけましょう。

睡眠のときに大きな影響を与えているのは、室温ではなく、湿度です。
身体の深部体温が下がることによって、ぐっすり眠ることができ、汗をかいて調節しています。

しかし、部屋の湿度が高いと、汗が蒸発せず、深部体温を効果的に下げることができず、寝つきが悪くなってしまいます。
エアコンの冷房よりもドライのほうが寝やすいこともあります。

寝室にも窓の換気を!!換気をすることでの睡眠効果

洋風の寝室で和風の雰囲気を味わいたい時は、木製の家具や和をイメージさせる柄の寝具を使うと部屋の雰囲気を壊さずに楽しむことが出来ます。

カーテンレールとカーテンは和風との相性が悪そうに見えますが、色とデザインによっては浮き上がらずにしっくりと部屋に馴染めます。

基本的に落ち着いた色や、シンプルな柄を選ぶことが大事です。
例えば生成りとグリーンを組み合わせて、家具はもちろんクッションなども同じ色でまとめ、ついでに壁紙もグリーンにしてしまいましょう。

ルームライトは違う色にすれば、何処か神秘的な雰囲気を醸し出します。
ベッドは低めの方が和室と合います。
深めの茶色で統一するとモダンな印象を受けるでしょう。

寝室にはあまり物を置かないことをおすすめします。
寝ることが目的の部屋なのですから、必要最低限のものがあれば十分でしょう。
他に飾るとしたら、壁に薄いパネルのインテリアくらいでしょうか。

逆に古びた和室を洋風に改造する場合は、押し入れの戸を外して、華やかなデザインのカーテンを仕切りとして、収納スペースと生活空間を分けてしまいましょう。
照明は和室に良くあるライトではなく、別の照明を購入した方が部屋とマッチしますよ。

寝室を換気する時とエアコンの注意点

掃除を気をつけていても、ハウスダストをなくすことは難しいです。

ホコリが舞う中での睡眠は、安眠の妨げになります。

掃除機をかけ、拭き掃除をすると良いですが、寝る前に押入れからお布団を出して、敷くだけでホコリが舞います。

窓を開けてお布団の出し入れが理想ですが、冬は難しいです。
お布団を敷いて30分ほど待って、ハウスダストが収まってからお布団に入るのが良いでしょう。

部屋の掃除機をかけるときには、必ず窓を開けましょう。
畳にお布団を敷いて寝る場合は朝晩掃除機をかけましょう。

掃除機でゴミを吸い取りますが、排気からホコリが舞い上がっているのです。
そのため、部屋の掃除機をかけるときには、必ず窓を開ける必要があります。

ただし、花粉の時期は反対に効果がなくなってしまうので、注意が必要です。
カーペットの上でお布団を敷いたり、ベッドでも同じです。

エアコンは石油ストーブのように空気を汚す心配もなく暖め、夏は涼しく、梅雨の時期は換気してくれます。
大活躍のエアコンですが、お手入れを忘れがちなので、フィルターの定期的なお手入れ等行いましょう。

窓の換気は定期的に行おう

梅雨の時期にも換気が必要な理由がお分かりでしたでしょうか?

どうしても梅雨時期や雨の日は換気をすると返って逆効果なんじゃないかと考えている人も少なくはないと思います。

しかし部屋の中の空気は意外にも汚れています。
換気といっても長時間の換気ではなく、少しの換気をすることで空気が入れ替わり、部屋の中がすっきりしますので、ぜひ雨の日も換気をしてみてください。

 - 睡眠