布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。

布団の良さを伝え、快眠生活を応援する。それが”いい寝”研究所。│いい寝研究所

窓の換気とエアコン除湿を使って効果的に空気の入れ替えを!

2016.12.5

エアコンを使う夏や冬は、窓の換気しにくいですね。

せっかく冷房で冷やした空気や、暖房で暖めた部屋の温度が戻ってしまいます。

しかし、部屋の中の空気は、私たちが思っている以上に汚れてます。

また、梅雨時期の換気は皆さんしていますか?
エアコンの除湿は湿度を取るのに効果的ですが、梅雨時期の換気も大切なんです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

トリプトファンは睡眠に効果大!含まれる食品と摂取方法は?

近年、スマートフォンの利用や日常的なストレスなどが原因で、しっかりと睡眠を取れていない人が増えて...

腹巻は身体に良い効果ばかり!?睡眠改善にも効果あり?

皆さんは「腹巻=お年寄りや子供」がするものと思っていませんか? 実は腹巻には、身体に良い効果が...

赤ちゃんにとって快適な睡眠がとれる室温を詳しく知ろう!

生まれたばかりの赤ちゃんは、熱い・寒いといったことをはじめ、様々なことをまだ言葉に出して伝えることが...

エブリィワゴンなら車中泊もラクラク!そのカーテンの選び方

車で遠出しようと思ったら、宿泊費を浮かして多くの観光地を回れる車中泊を考えることもあるでしょう。...

リビングの電気は何色を選ぶ!?電気によって変わる空間

新しく住む新築やマンションなどに付ける電気照明。どの色にしようか悩みますよね? 電気は主に3種...

悪夢や元彼・元カノの夢を見る原因とは?対処法は?

「好きな人の写真を枕の下に敷いて寝ると彼が夢に」なんてことを聞いたり試したりしたことはありますか? ...

窓から入る隙間風を防いで安眠しよう!隙間テープの使い方

冬場、窓の隙間から入り込んでくる冷気で、夜寝るのが辛いと思えば、夏場、網戸から入ってくる虫が邪魔で寝...

仕事中にもう眠くならない!睡眠の質の改善方法をチェック!

皆さんは、睡眠をしっかりととれていますか? それも、ただの寝てるだけではなく、しっかりと疲れが...

窓に隙間テープを貼って冷気を遮断しよう!正しい貼り方は?

冬になると暖房をつけているのに部屋が寒かったり、寝室が寒くて寝るのが辛い・・という経験をする方、多い...

小さい子供は悪夢を見やすい!?怖い夢を見る悪夢障害とは?

小さい子供は大人に比べ、悪夢を見やすいとされています。 子供が悪夢を見やすい原因のひとつと...

通勤電車で睡眠をとることで本当に睡眠不足の解消になる!?

忙しい毎日を送っている人にとって、睡眠の確保はなかなか難しいところです。 できれば7時間以上の...

犬が安らかに寝る?寝るときに音楽を聴かせると落ち着くの?

犬は種類や性格によっても異なりますが、寝ることが大好きな犬が多いですね。 犬は人と同じ睡眠をし...

2ヶ月で寝返りしようとする赤ちゃんのリスクと対策

初めての育児の中、生活のリズムがわかり始めたと思っても、次から次へどんどん心配事が生じます。 ...

赤ちゃんに快適な睡眠環境を!上手に暖房するための方法

赤ちゃんはまだ自分で温度調節することが出来ませんが、寒い冬は室内を温めてあげなければ体が冷えてしまい...

大学の勉強が集中できないときの対処法はあるの!?

大学の勉強に集中できない!! なんて人も多いのではないでしょうか。 集中できる人とできない人...

スポンサーリンク

窓の換気の効果って??

湿気を感じたとき、窓は閉めたほうがいいのか、開けたほうがいいのか、どちらのほうが効果があるのでしょうか。

梅雨のような、じめじめとした気候のときには、どうしたら良いのでしょうか。

まず、湿気を感じたとき、窓は閉めたほうがいいのか、開けたほうがいいのか、どちらが良いのかというと、窓は開けるほうが効果があります。

ただ、長い時間窓をあけていると、反対に湿度が高くなってしまうことがあります。
そのため、ずっと開けっぱなしは良くありません。

正しい換気の方法とは、空気の流れを作り、部屋の中の空気が動くようにしてあげることです。

空気が動くようにする方法は、対角の窓を開け、部屋の真ん中に風が通るようすることで空気が動いていきます。

ちょうど良い窓がなければ、換気扇を代わりに使うのも良いです。
5分程度を1時間毎に行うのが良いでしょう。

また、エアコンや扇風機を使って空気を動かすのも、部屋の隅々まで換気されてすっきりしますよ。

エアコンを使って除湿する!外の湿度が高くても換気を!

除湿があると換気は大事ですが、梅雨の時期などの換気はどうしたら良いかと悩んでしまいます。
雨の日にこそ、しっかり換気をすると良いですね。

気持ち的には、雨の日に窓を開けて良いのか悩みます。
窓を開けると更に湿度が上がってしまう気がしますよね。

しかし、雨が降っている日にも部屋の換気をしてあげましょう。
雨の日だからこそ、換気の効果があります。

湿気というよりも、空気が停滞していることによって、カビの菌が増えます。
そのため、湿気の時期にはカビ臭くなってしまいます。

梅雨の時期も、窓を少し開け、風を通し、空気が溜まらないようにしましょう。
風が通ると、湿気やカビの臭いを防ぐことができます。

雨の日の換気は、一日に2回程度です。
窓を開けて、換気扇や扇風機、エアコンを使用するのも効果があります。

空気の流れを作ってあげ、部屋の中の空気が動くようにしてあげることです。
除湿機を使う場合には、換気中に除湿をすると、その空気が外に出てしまいます。
そのため、換気後に除湿をすると、効果的です。

部屋の空気は汚れている!窓換気の効果と時間

一般的に多くの人が行っている空気の入れ替えに使う時間については、だいたい30分から40分、中には1時間程度と言われています。

しかし、とても大きな家でない限り、6から8畳の部屋であれば、5分ほど窓を開けていれば、部屋の空気の入れ替えができます。
また、空気の入れ替えは、1日1回で良いです。

部屋の空気は以外と汚れているので、特に、エアコンで部屋を暖めているときには、部屋の空気はとても乾燥しています。

のども乾燥し、ホコリやダニも一緒に吸って、風邪になる可能性もあります。
また、咳が止まらなくなってしまうこともあります。

頭痛、めまい、吐き気、皮膚障害、鼻炎、呼吸器障害などのシックハウスを引き起こす家になってしまいます。

シックハウスの原因は、揮発性有機化合物、カビ、ダストがあげられます。
十分な換気、通風が確保されないと、それが部屋に充満し、健康を害する可能性があります。

十分な換気、風が通ることによって効果があります。

エアコンのドライ機能で寝室を快適に

快適に寝るためには、室温が26度以下で、湿度50から60%が理想だと言われています。

夏の熱帯夜で寝苦しいときには、窓を閉め、エアコンの冷房やドライを使い、室温を26度以下で、湿度50から60%にすると良いでしょう。

26度以下が寒く感じるのであれば、26度以下でなくても大丈夫です。
睡眠には個人差があるので、26度以下でないと熟睡できないわけではありません。
設定温度を26度から28度を目安にすると良いでしょう。

眠りやすい環境にするため、エアコンと扇風機を合わせて部屋の空気を循環させると効果あります。
睡眠中にエアコンや扇風機の風が直接当たらないように気をつけましょう。

睡眠のときに大きな影響を与えているのは、室温ではなく、湿度です。
身体の深部体温が下がることによって、ぐっすり眠ることができ、汗をかいて調節しています。

しかし、部屋の湿度が高いと、汗が蒸発せず、深部体温を効果的に下げることができず、寝つきが悪くなってしまいます。
エアコンの冷房よりもドライのほうが寝やすいこともあります。

寝室にも窓の換気を!!換気をすることでの睡眠効果

普通の居間で、ストーブ等使っていない状況で、大人一人が必要とする換気量は、一時間に50立方メートルです。

窓を閉め切った居間では、酸素を吸って二酸化炭素を出すという呼吸だけで、最低一時間に一回、できれば二回換気してください。

睡眠中は呼吸の回数が少ないので、日中ほど酸素が必要ではありませんが、睡眠時間8時間と考えると、部屋の空気の汚れは相当です。

ドアやふすま、窓を閉めきらず、少し開けておくのがよいでしょう。
寝室の空気がキレイで陰イオンが多ければ、深くゆっくりおだやかな睡眠になります。

喫煙や石油ストーブの燃焼などで空気が汚れていると、睡眠が深くおだやかではなりにくくなってしまいます。

日中はエアコンを止め、窓を開け、キレイな空気に入れ替えましょう。
ベットを使っている場合は、ベットパットも干してホコリを落としましょう。

空気をいい状態にするためには、陰イオンを発し、有害微粒子を取り除く空気清浄機を使うと更に効果があります。

寝室を換気する時とエアコンの注意点

掃除を気をつけていても、ハウスダストをなくすことは難しいです。

ホコリが舞う中での睡眠は、安眠の妨げになります。

掃除機をかけ、拭き掃除をすると良いですが、寝る前に押入れからお布団を出して、敷くだけでホコリが舞います。

窓を開けてお布団の出し入れが理想ですが、冬は難しいです。
お布団を敷いて30分ほど待って、ハウスダストが収まってからお布団に入るのが良いでしょう。

部屋の掃除機をかけるときには、必ず窓を開けましょう。
畳にお布団を敷いて寝る場合は朝晩掃除機をかけましょう。

掃除機でゴミを吸い取りますが、排気からホコリが舞い上がっているのです。
そのため、部屋の掃除機をかけるときには、必ず窓を開ける必要があります。

ただし、花粉の時期は反対に効果がなくなってしまうので、注意が必要です。
カーペットの上でお布団を敷いたり、ベッドでも同じです。

エアコンは石油ストーブのように空気を汚す心配もなく暖め、夏は涼しく、梅雨の時期は換気してくれます。
大活躍のエアコンですが、お手入れを忘れがちなので、フィルターの定期的なお手入れ等行いましょう。

窓の換気は定期的に行おう

梅雨の時期にも換気が必要な理由がお分かりでしたでしょうか?

どうしても梅雨時期や雨の日は換気をすると返って逆効果なんじゃないかと考えている人も少なくはないと思います。

しかし部屋の中の空気は意外にも汚れています。
換気といっても長時間の換気ではなく、少しの換気をすることで空気が入れ替わり、部屋の中がすっきりしますので、ぜひ雨の日も換気をしてみてください。

 - 睡眠